初心者の株サークル

資産管理を考える

300-5-4-3-8-2.jpg
1/19 227500円で買い。
買い値から-5%(216000円)で損切り設定。

1/30に損切り基準にひっかって投資資金(216000円)を回収。
日付保有株評価額現金残資産計利益率
01/19227,500円272,500円500,000円0.0%
01/300円488,500円488,500円-2.3%
02/090円488,500円488,500円-2.3%
資金回収(損切り)した場合の資金管理の状況はのようになる。

日付保有株評価額現金残資産計利益率
01/19227,500円272,500円500,000円0.0%
01/31213,600円272,500円486,100円-2.8%
02/09182,200円272,500円454,700円-9.1%
資金回収(損切り)しないで放置した場合の資金管理の状況はのようになる。



ボックスの下限に接近した2/13に買いを入れる。
日付保有株評価額現金残資産計利益率
01/19227,500円272,500円500,000円0.0%
01/250円488,500円488,500円-2.3%
02/13179,300円309,200円488,500円-2.3%

含み損で放置していたものにもナンピンの買いを入れる。
日付保有株評価額現金残資産計利益率
01/19227,500円272,500円500,000円0.0%
01/31213,600円272,500円486,100円-2.8%
02/09182,200円272,500円454,700円-9.1%
02/13358,600円93,200円451,800円-9.6%

その結果、2/16現在の資金管理状況は??
資金回収(損切り)して買い直した場合
日付保有株評価額現金残資産計利益率
01/19227,500円272,500円500,000円0.0%
01/250円488,500円488,500円-2.3%
02/13179,300円309,200円488,500円-2.3%
02/16187,200円309,200円496,400円-0.7%

含み損のままナンピン買い増しした場合
日付保有株評価額現金残資産計利益率
01/19227,500円272,500円500,000円0.0%
01/31213,600円272,500円486,100円-2.8%
02/09182,200円272,500円454,700円-9.1%
02/13358,600円93,200円451,800円-9.6%
02/16374,400円93,200円467,600円-6.4%


投資の目的とは、投資資金(元金)を、いかに増やしていくか、、、と言うことに尽きる。

ベテランと言われる投資家たちは、常に「株価が、上げても良し、下げても良し」の態勢で資金管理をしている。投資で儲けられない素人との違いは、たとえ暴落があっても「すぐに取り返す体制を取っている」ということにある。

今までの上昇相場では、素人であろうが、ベテランであろうが儲けられた。
しかし、最近の相場の変調で素人とベテランの差は大きく開くのであろう。

投資とは、資金を市場に投入(買い)し、そして回収(売る)するという行為を言うのである。
ベテラン投資家は、常に買うか、売るかの判断をしている。
ところが素人投資家は、利益確定か、損切りか、に100%の神経を集中する。

ここにベテランと素人の差が表れるのである。

素人投資家は、損切りを恐れて、さらに大きな損失(含み損)を出し、投資元金を大きく減らしてしまうことになるのである。
ベテラン投資家は、下がれば投資した資金を引き揚げて、再投資するチャンスを待つ。
再投資する資金を回収することで、勝つための武器(資金)を手に入れておくということである。これが上げても良し、下げても良しの態勢ということ。

素人投資家は、損切りに固執するばかりに含み損を抱え、攻撃するための武器(資金)は乏しくなる。もう一段の下げに襲われたら反撃する余力も失い、気力も失ってしまう。

豊富な資金は、心の余裕を生み、心の余裕は気力を生む。
資金と気力さえあれば、暴落相場は、儲けるためのチャンスである。

利益確定か、損切りかに、固執する考えから脱却することが、まずはベテランへの第一歩であろう。


PageTop

株価の規則性を知る

株価の将来の動きは予測できるか?
将来のことなどできるわけがない。

しかし、、、どこで買えばよいのか、どこで売れば良いのかの判断はできる。
株価は人間の心理で動いている。

株価を動かしている機関投資家たちの心理を推測すれば判断基準は分かる。
機関投資家たちが売るときは売り、買うときは買いとすれば、自然と投資資金は増えていく。

「1570 日経レバ」
300-5-4-3-8-2.jpg
こうしてチャートを見れば、一目瞭然。

どこで買い。
どこで売るかは見ただけでわかる。

PageTop

2/16 もうそろそろ

来週に備えて(三の法則)、ポジションを落としてヘッジ(保険)をかけてみました。

<諏訪ファンド>
日付保有株評価額現金残資産計利益率
01/010円2,500,000円2,500,000円0.0%
01/312,775,200円-164,7002,610,500円4.4%
02/022,371,700円400,772円2,772,472円10.9%
02/092,711,000円-21,2462,689,754円7.6%
02/130円2,751,218円2,751,218円10.0%
02/14890,100円1,868,322円2,758,422円10.3%
02/151,245,400円1,539,897円2,785,297円11.4%
02/16748,900円2,064,836円2,813,736円12.5%
<保有株>
1568 TPレバ1017700円18730円
1570 日経レバ1017500円18720円
1570 日経レバ1017600円18720円
1570 日経レバ1017780円18720円
<カラ売りヘッジ>
1570 日経レバ2018740円18720円
7751 キャノン1003985円3971円

PageTop

2/15 順調に最高益更新


<諏訪ファンド>
日付保有株評価額現金残資産計利益率
01/010円2,500,000円2,500,000円0.0%
01/312,775,200円-164,7002,610,500円4.4%
02/022,371,700円400,772円2,772,472円10.9%
02/092,711,000円-21,2462,689,754円7.6%
02/130円2,751,218円2,751,218円10.0%
02/14890,100円1,868,322円2,758,422円10.3%
02/151,245,400円1,539,897円2,785,297円11.4%
<保有株>
1568 TPレバ1017700円18240円
1570 日経レバ1017500円18310円
1570 日経レバ1017600円18310円
1570 日経レバ1017780円18310円
1570 日経レバ1017820円18310円
1570 日経レバ101825円18310円
6882 三社電機1001455円1475円

PageTop

2/14 粛々と買い下がり

昨日からのカラ売りヘッジを利かせながら、、、
粛々と買い下がり。

日経が200日線から切り返してきたのを見てカラ売りを外す。
さて底は見えたのか?

<諏訪ファンド>
日付保有株評価額現金残資産計利益率
01/010円2,500,000円2,500,000円0.0%
01/312,775,200円-164,7002,610,500円4.4%
02/022,371,700円400,772円2,772,472円10.9%
02/092,711,000円-21,2462,689,754円7.6%
02/130円2,751,218円2,751,218円10.0%
02/14890,100円1,868,322円2,758,422円10.3%
<保有株>
1568 TPレバ1017700円17930円
1570 日経レバ1017500円17770円
1570 日経レバ1017600円17770円
1570 日経レバ1017780円17770円
1570 日経レバ1017820円17770円

PageTop