FC2ブログ

潮目が変わったか

昨年の暮れから効果を発揮していた。。。
ギャップを買う作戦。

寄り付き上がった株価は上がる続ける、、、の法則は成功確率が高かったが、、
最近、失敗続き。

要するに買いが続かない。

資金の逃げ足が速くなった。

ここからは株を持つことがリスクになるのか?
監視銘柄の値動きを見ていてそう感じる。

そこで作戦変更。

利益は伸ばさない。。1日5000円稼ぐ。
5000円×20日=10万円。

さて、うまくいくのか?

<デイトレ候補>
4431 スマレジ
4475 HENNGE
6045 NITTOKU、、これは出来高少なすぎで除外

樹海行バスの乗客

きょうは退屈なので、いろいろ思い付くまま書いてみる。

昔、昔、、、ホリエモンなどがネットトレーダーとして大活躍していた時代。
当時は私もまだ若く、億トレーダーを目指していた。
200万円の元金で3000万円余まで増やしたこともあった。

その当時のカブ友に、、、一人の若き女性トレーダーがいた。
自己資金なしで、トレード資金はすべてカードローン。

借り入れた30万円の元金で信用をフルに使ってトレードしていた。
一時は億の一歩手前まで行った。

しかし、世の中そんなに甘くはない。
ネットバブルの崩壊で、、、、株価暴落、、、

当時、カブ友は10人近くいた。
みんな億トレーダー一歩手前までいった人たちである。
このネットバブルの崩壊で、、、

みんな大打撃を受け、、
【樹海行き】という言葉が流行った。
樹海行きとは、、、自殺、、、という意味である。

誰々が樹海行きのバスに乗った、、、とか、、
自己破産した、、、とか、、、
私たちカブ友の間でも話題にのぼった。

私も2000万円近くが泡と消えた。
が、、、そこでギャンブルトレードから身を引いた。

カブ友たちも一人減り、二人減りと、、、やがてすべてが消えていった。
かの若き女性トレーダーも、、、自己破産します、、の書き込みを最後に消えた。

ネットバブルの崩壊とは言っても一瞬で暴落するわけではない。
上がったり下がったりを繰り返しながら下がっていくのである。

だから、、、、引き際を見誤る。

あの女性トレーダーにしても、、、途中で見切りをつけて損切り清算すれば、、、
1000万円程度は残ったはずである。

元々、借金で作った億の資産なんだから、、、
それが1/10の1000万円になったとしても大儲けなのである。

だが、、、本人は億円の夢が捨てきれない。
もうすぐ上がる、もうすぐ上がる、、、と、、、
結果は、蟻地獄に堕ちた蟻と同じ結末。

人間とは、、、哀れなものである。
はまり込むと何も見えなくなってしまうものである。

男に狂った女、女に狂った男、、、
トレードやギャンブルに限ったことではない。

私は、、、この教訓を忘れないように、、、
ギャンブルトレードは止めた。

トレードで利益確定(儲ける)のことのみを考えていると、、、相場は見えなくなる。
だから、、、私は、、、損切りのことだけを考える。

トレードで重要なのは、株価が上がることではなく、下がることである。
初心者と言われる人たちは、上がることしか考えていない。
株価が上がったら「いくら儲けられる」とソワソワドキドキ。

下がったら、、、「また上がってくるだろう」と何も考えずに放置。
自分の大切なお金が減っていくのに何も心配しないのである。

要するに、、、一言で言えば、、
ベテランと初心者の違いは、、、考えていることがまったく逆なのである。

いまのトレーダーに、億トレーダーを夢見てギャンブルトレードをしている人はいないだろう。
相場環境が当時とはまったく違うし、、、、

なにせカードローンやサラ金の借金でトレードを始めるという豪傑も、、、
そんな度胸のあるヤツもいないだろう。

そんな度胸のない人間に、株で莫大な資産が作れるはずはない。

むかしと比較して、、、そんなことを思う。

株で利益を増やすこととは

いまから6ヶ月前、、、、
株を買って持ち続けていたらどうなっていたのか?
検証してみた。

<日経平均株価の推移>
日経平均株価20601円23303円+13%
日経平均株価は、半年間で13%上昇。

半年前に株を買って持ち続けていれば、+13%の含み益になっていることになる。

で、、、あれば、いま現在、株で損をしているスイングトレーダーはいないことになる。
しかし、いろんな株ブログを見ていると、みんなが儲かってウハウハとはなっていないようである。

そこで私が半年前に手掛けていた株たちが半年後にどうなったのか検証してみた。
300-6-7-1-8.png
5月に手掛けていたのは、この11銘柄。
これを半年間、保有し続けていたとしたら、その結果は、4勝6負1分(トータルで-4%の含み損

日経平均株価は13%も上昇しているのに、含み損になっている

超短期で売買を繰り返して利を抜いていく、私の成果は+30%の利益を確保。
 
日経平均株価が上昇しているのだから、これは私の実力というより、、当然の結果でしょう。

【株は持ち続けていれば、価値を失っていく】
これは私の経験則に基づく投資信念ですが、こうして検証してみて改めて確信を得た。

相場で勝ち残るために

いままでの質問の中で気になってることが。。。
みんな売り買いのタイミングに関心を持っているようなので、、ちょっと書いてみます。

「日経レバ」
300-5-9-1-5.jpg

日経平均株価と連動する日経レバのチャートです。
12/6の急落で、、「1568」と「1570」、「5301」を新規に買い増ししました。
643,600円の資金投入です。

12/6
1568 TPレバ10株16630円16220円
1568 TPレバ10株16130円16220円買い乗せ
1570 日経レバ10株18150円18400円新規
5301 東海カーボン100株1520円1525円
5301 東海カーボン100株1518円1525円買い乗せ
5301 東海カーボン100株1490円1525円買い乗せ

そして翌日は、狙い通りの反発。
当然、資金回収(売り)のタイミング待ちです。
ここで506,500円の資金を回収しました。

12/7
1568 TPレバ10株16630円16220円売り 16450円
1568 TPレバ10株16130円16220円
1570 日経レバ10株18150円18400円売り 18700円
5301 東海カーボン100株1520円1525円売り 1550円
5301 東海カーボン100株1518円1525円
5301 東海カーボン100株1490円1525円

そして今日の急落で、、816,200円の資金投入で買いに出ました。
しかし、金曜日に506,500円の資金を回収してますので、新規資金は、、309,700円です。

*******************************************

私のトレードは、資金投入、資金回収の繰り返しですから、利益確定とか損切りの観念はありません。
ここから下がると考えれば資金を引き揚げて回収する。
言い換えれば、もっと安く買うために資金を回収するのです。

こうして資金を回転しながら安く、安く買っていくわけです。

現在のような下落トレンドに入った相場では、株式は持てば持つほど損は膨らみます。
いったん大きな含み損(下落)した株価は、もう元には戻りません。
そこでナンピン買い増しとなるわけですが、やがて資金を使い果たして、、、
グリコ300-5-9-1-6.jpgお手上げ

1000万円以上の豊富な資金でやってる人は、問題ないのでしょうが。。
私のような数百万程度の小銭でやってる人は、、、

利益確定とか、損切りとか、、、
そんなみみっちい小銭の計算に夢中になるより、資金をいかに回すか、いかに資金を回収するかに全力を上げるべきだと思います。

損する相場を、いかに凌いで生き残るか。
相場で勝ち残る方法は、それしかないと私は思います。

大損をする理由

いつもの喫茶店。
きょうは珍しく団体さんの客がいた。
50~70代の男女、合わせて10人ぐらい。

隣の席しか空いてなかったので仕方なく。。。
雑誌を読みながらも、、、話が耳に入ってくる。

その内容から、、、どうやら株式投資のサークルではないかな??と、、、

夏までは調子よかったんだけどねぇ~
トランプのせいでいまはガタガタ
俺も今回の暴落でスッテンテン

そうした嘆き節を聞いていたリーダー格らしい老人が。。。
みんな暴落、暴落って言うけど、こんなの暴落じゃあなくて、正常な相場の波だということ。
相場と言うものは、、上がって、下がって、上がって、下がるもの。

みんな損をしたと言うけど、、、原因はただ一つ。

”実るほど、頭を下げる稲穂かな”
利益が出れば出るほどポジションを縮小していく。

素人は、この原則の逆をやる。。。

儲かって、儲かって、利益(資金)が増えると、それをすべてつぎ込んでポジションを増やしていく。
その結果として株価下落で大損をして、いままでの利益をすべて吹っ飛ばしてしまう。

株価は、上がれば上がるほど、暴落する確率は高くなる
立派な大人が、、こんな当たり前の理屈が分からないんだから面白い。

暴落する確率が高まっているときに、株式に資金をつぎ込んでいるんだから、、、
大損をするのは当然、、、なんでわからないんだろう???
それが俺には分からん。

それまで泣き言の大合唱だった、、みんながうつむいて無言。
まるで先生に叱られている小学生のようだった。


私も隣の席だったので、居づらくなり早々に退散した。

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク