FC2ブログ

病気になったら死ぬ、、、当たり前の世の中に

あのおばあさんが死んだとの回覧が回ってきた。

娘さんによると、、、、
「急に胸が苦しいと言い出したので救急車を呼んだ」
のだが、、、

救急隊員があちこち連絡して受け入れ病院を探したが、、、
なかなか見つからず、、、
そうこうしているうちに息を引き取ったのだとか。。。

搬送された病院で息を引き取ったのなら、、まだ納得できるのだろうが、、
これでは、、、

岐阜県は、、あちこち病院もクラスター発生で閉鎖されているし、、
こうなるのは分かっていたが、、現実に身近で起こると、、、





最近、、痰に血が混じり始めた。
目に見えて死期が近づいてくるのを感じる。

決断できない人間の姿

岐阜県では5日、98人に新型コロナウイルスの感染が確認された。1日の新規感染者数として過去最多。コロナ感染による死者は41人


早朝、同じ町内のおばあさんから電話が入った。

おばあさん>
昨夜、神経痛が痛くて眠れなかったんだけど、、
接骨院に行ってマッサージしてもらおうと思うんだけど、、
どう思う。

私>
行ってくりゃあいいんじゃあないの?

おばあさん>
でも、山内さんに聞いたらコロナに感染するから行かない方が良いって、、

私>
じゃあ止めたら、、、

おばあさん>
もうちょっと親身になって相談に乗ってよ!!

私>
そんなことは、あちこち電話してないで娘さんに相談したら、、、

おばあさん>
娘に相談しても馬鹿にされるだけだから、、、

私>
じゃあ他人に聞いてないで自分で決めるしかないでしょ

おばあさん>
ガチャン

私>
もう90年近くも生きていて、、まだ死ぬのが怖いんかい



人は、、、
見えないものを見ようとするから不安になる。
誰にも分からないものを知りたいと考えるから混乱する。
自分で決断せずに、曖昧に時間を過ごすから、、騙されたと他人を恨み、やらなければ良かったと後悔をする。

すべては自分が決断しなかったせい。
その生きることの本質を知らないままに死ぬまで生きる。

愚かなものである。

見えるものだけを見る。
突きつけられた現実を見つめて決断を下す。

結果が良くも悪くも、、すべては定められていた運命。
後悔する必要はないし、嘆く必要もない。
人間なんて、、、定められた運命のままに流れていくだけのこと。

ブログを閉鎖します

検査入院してました。

検査漬けの毎日からようやく解放。


結果は、、、、

末期の肺がん、しかも全身に転移。

余命、、、1年から2年程度


まぁ~数年前から自覚症状があったので、、、聞いたときはやっぱりというような安ど感が、、

いずれにしても、、、これから先は死出の旅路の準備に、、、


ということで、このブログも閉鎖することにしました。

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク