FC2ブログ

結果に惑わされず、信じることを貫き通す

マルコさん
>真似していますが、うまくいったりいかなかったりで、なかなか成績が安定しません。
>昨日は4銘柄を購入し持ち越しましたが、本日全敗となりました。


いまは相場が不安定なので、あまり注ぎ込まない方が無難だと思います。

>私も、諏訪さんが買われた4475HENNGEを100株、昨日の終値3115円で買いました。買う理由は陰線3本の後に陽線がでたから。それと、3000円のフシ値でもみ合っていたからです。

私はこの銘柄はずっと監視していましたので、、、毎日の値動きを見ていて上値が重いのが気になっていました。それでGUは高値掴みになる予感がして3000円のフシに指値を入れての待ち伏せ買いでした。ギャップアップを買うという私の買い方にしては常識外れの買いです。それが大量売りを浴びた瞬間に下ヒゲで引っかかったという幸運なものでした。

>寄付きが見られないので、逆指値をいくらにしようか迷いました。NYダウが下がった場合、安く始まるので、昨日の始値3040円か安値2990円のどちらにするか迷ったあげく2990円にしました。逆指値をしてなければ約4万円のマイナスになっていたので、設定しておいて良かったのですが、ここで自分の考え方が正しかったのか間違っていたのか疑問がわきました。
①買うのが終値では遅すぎたのではないか。 そもそも17日の終値より安く始まったので、動きが弱いと考えて手をだすべきではなかったのではないだろうか。
②損切ポイントは、昨日の安値ではなく、板が厚くなる始値にすべきだったのでないか。
③注文の仕方を工夫して、昨日の終値より安く始まったら「売り」というふうに入力すべきだったのではないか。


私なら、、という前提で言えば、①についてはギャップダウンは買わないという制約を課しているので手を出さないと思います。
②については買値より1000円~2000円下がったところで成り行き売りの逆指値を入れると思います。これは損失は可能な限り小さくするという制約を課しているので。

>わかりにくい説明で申し訳ありませんが、諏訪さんの見解をお時間があるときで結構ですから教えてください。

余計な話になるのでしょうが、私の考え方を少し、、、、
そんなに深く考える必要があるのか?というのが読ませていただいた感想です。
損切りしなければ40000円損するところを、5000円の損失で抑え込んだ。言い換えれば35000円も儲けたのと同じことではないでしょうか。私なら大成功だったと喜ぶところです。

儲かったら成功、損したら失敗、、、という考え方から私は脱却しました。
以前、ヤフーファイナンスに投資のプロたちが株価予想をしていました。その結果を見ると、ぜいぜい当たる確率は50%台でした。つまり投資のプロでも儲かる確率は50%程度ということです。

専門家でもそんな程度ですから素人がそんなに勝率にこだわることはないと考えるのです。しかし、例えば、馬券なら1か0かですから勝率イコール損益になりますが、トレードは、1勝5敗でも利益を残すことができます。つまり勝率と損益は比例しないと考えるわけです。

なら、勝った負けたにこだわることは無意味なことで、いかに損を小さく切って、いかに利益を伸ばすことができるかを考えるべきだと考えるのです。しかし、利益を伸ばすことは人間の能力ではどうしようもない、、人間にできることは、ただ一つ、いかに損失を小さく抑えることができるかしかないのです。当然、含み損も損失です。

こうなったら買う、こうなったら売る、、、という自分のトレードに制約をかけるのです。
私の場合は、、、GUは買う、GDは売る、、と決めてしまいます。また、含み損は持ち越さない、含み益は持ち越す、、と決めてしまいます。

それで儲かるのか???

たとえば、たくさんの銘柄で検証すれば、GDで売らない方が数倍の利益を出せたという事例もあるでしょう。いわゆる売らなければ良かったというヤツです。しかし、それを言い始めれば、、、、何の基準もなくなってしまいます。

近所の奥さんが新興宗教にはまっていて、お札を身に着けていると災難に遭わないと勧められていました。そんなある日、娘さんが自動車にはねられて大けがをしてしまいます。それを聞いた近所のおばさんたちが「お札を持ってても災難に遭ったじゃあない」と信仰を馬鹿にしたように言い合った。

しかし、その奥さんは「娘は、お札を持っていたから死ななかった」「神様が助けてくれたんだ」と、新興宗教の神様をありがたがったのである。

最近、こんなことを思います。
自分の考えたやり方が正しいかどうかではなく、どんなことがあろうと自分の考えが正しいと信じる、信じて貫き通す。これこそが正しいことじゃあないのかと。

本屋さんに行くと、種々雑多な投資本が多数発行されています。
しかし、その本に書かれたやり方で儲けることができるのか、、、と言えば、そんなことはない。
10人いれば10通りのやり方があり、考え方がある。

もし、絶対正しい方法があり、絶対もうかる方法があるとすれば、誰もが同じ方法に行き当たるはず。何通りもの投資法があるはずはないということでしょう。

自分が正しいと考える手法を、絶対正しいと信じ、自分が考えた条件を守り抜く。これが大切なことなんじゃあないかと思うのです。

将来の株価の動きなんて誰にも分らない。
分からないものを当てる方法なんてものがあるはずはない。
結局、考えるだけ無駄なこと、、、何も考えないで自分が正しいと信じたことをやり通す。

行き着くところは、、、そこじゃあないかと私は思います。

損をしないことが儲けるための絶対条件

桐野さん
>諏訪さんはチャート至上主義の考えのようですが、株投資で莫大な利益を稼いでいる「塩漬けマンの株奮闘記」の塩漬けマンさんは、チャートテクニカルはオカルトだと全否定されています。
>どのように考えられるのか、教えていただければと思います。


私も塩漬けマンの株奮闘記は、愛読させていただいています。

彼は、莫大な量の情報を収集し、それを分析する能力を有しています。一日の時間の大半を情報分析に費やしているいるのでしょう。単に、プータローが専業投資家を自称してデイトレをしているのとはまったく違います。トレードを仕事として時間の大半をそれにつぎ込んでいる、、本物の専業投資家と言えるでしょう。

私はといえば、膨大な情報を収集したとしても分析する能力はないし、株価の分析に時間を費やす根気や集中力もありません。よって、比較の対象とはなりません。小学生の能力と大学生を能力を比較するようなものでしょう。

>諏訪さんはチャート至上主義の考えのようですが
これはあなたの大きな勘違いです。
私はチャート至上主義ではなく利益至上主義です。

株を買う根拠として、、、、
業績好調とか、商品に将来性があるとか、、そんな自分の目で確かめられない真偽不明の噂話(情報)を根拠に大切な資金を投入できるのか???
自分の目で確かめられるチャート形を根拠として資金を投入するのか???

私は、自分の目で確かめられるチャート形を信じて資金を投入しているというだけのことです。要するに情報分析能力もない、勉強する気もない、学力もない、、、幼稚な私が確信を持てるのはチャート形しかないということです

株を買って利益を上げるとは、、、
居酒屋の店主が市場に行って魚を仕入れるのと同じという考えです。並べられている魚を品定めして、鮮度の良いもの、形の良いもの、色の良いもの、、、そうした自分の目で確かめたものを仕入れて売る。それが売れなかったときは、自分の見極める目がなかったということです。
株投資もこれとおなじことです。

重要なのは、、、損をしないこと、、、ただそれだけのことです。

チャートに線を引くのは意味のないことか??

チャートに線を引くのは儲けるためではありません。損を可能な限り小さく抑えるために引くのです。つまり、線に意味は何もありません。線は、売買判断の基準だということです。

私はよくきれいなボディーラインのチャートを買えと言います。
きれいなボディーラインのチャートなら儲かるのか??

300-7-1-9-8.png300-7-1-9-9.png

この二人のキャバ嬢とデートできるとした場合、、、
どちらにお金をつぎ込めるか???

私なら、、、迷わず、、右のきれいなボディーラインの方を選びます。
しかし、体がきれいなら、、中身もきれいとは限らない。

いわゆる株投資で言えば、どんなにきれいなボディーラインのチャート形を買っても儲かるとは限らないということです。よって、買うならきれいな方を、、、ダメだったら、、、すぐに切り捨てる、、、
この「ダメだったら、すぐに切り捨てる」これが重要なのです。
いつまでもズルズルとくっついていると損をするばかりということになるのです。

と、、、、、こんなところが私の考えです。 

チャートで必勝パターンを見つける

カナ さん
>デイトレ、素晴らしい成績ですね。
>私は始めたばかりの初心者なんですが、コツコツドカンの連続で損ばかりです。
>何かコツがあったら教えてもらえませんか。


私が自信をもって成功できると確信を持っている手法を紹介します。
下のチャートは過去にデイトレしたものです。

300-6-9-9-7.png300-6-9-9-8.png

寄り付きから3分足もしくは5分足のチャートの動きを注視します。
すると、、強い買いの勢力の存在が見えてきます。

強い買いの勢力の存在が分れば、どこで買えばよいのか、損切りはどこですれば良いのか?
一目瞭然ですね。

デイトレでの成功のポイントは、ドカンを避けることに尽きます。
よって、どこで利確するかを考えるのではなく、いかに小さく損切りするかに集中してください。
ドカンと損をしないで、コツコツと稼いでいけば、利益を積み上げられるということになりますね。

機械的に買っていくだけです

マルコさん
>NYダウが大きく下げたので、これは突っ込み買いのチャンスだと思い、場が始まる前から監視。寄り付きから上がるのを確認してから飛びつきましたが、そこが天井でした。
>諏訪さんは、板とかを見て下げるのを予測していたのですか?


私との違いを言えば、あなたの場合、個別株の順張りの買い方で買っているということですね。
私も個別株を買う場合は、そういうタイミングになると思います。

しかし、私の指数(日経レバ)売買は、逆張りですから高いところでは買いません。
買いの基準は、前の安値-500円としています。
ですから前日ダウが下がっている場合は、前の安値-500円に指値買いの注文を入れておきます。
ただ、それだけのことです。

3/6 の場合で言えば、持ち株20を寄りで売ったものの、焦って17200円×20株で買ってしまい、すぐ損切りしました。
17000円の本命に届く前に、またまた焦って17100円で買い、続いて本命の17000円がヒット、その後も下げ続け16900円で追加買いしたものです。

私は、こうして機械的に買い下がっていくだけです。
あとは資金管理ですね。

資金が尽きたら負けですので、資金を回転させることのみを考えています。

>すぐに損切したので痛手は少なかったのですが、そのあとは下げ続けるばかりで、あまりの弱さに手を出して持ち越す勇気が持てませんでした。

すぐに損切りできた。
それが素晴らしいことだと思います。

私は、儲けたことより、損失を食い止めたことを評価します。

つまり、、、儲かるか損するかは、人間の能力の及ぶ範囲ではありません。
いわゆる儲かったというのは、単なる運が良かったというだけのこと
それほど感心することでもないし、自慢することでもないと思います。

しかし、損失の制御は人間の判断次第です。
人間の判断次第で大損もすれば、小さな損で食い止めることもできるわけです。
 
私は、損切りの判断こそがトレーダーの実力だと思います。

最悪に備えれば最悪に遭遇しない

菜食さん
>諏訪さんは、どんな訓練をして出来るようになったのでしょうか?
>最初から出来たのか?生まれながらに持っている度胸が違いすぎるのか?


私は平均的な人間より、慎重で臆病な人間だと自覚しています。

何かをしようと考えた時、必ず、最悪を想定して、最悪の場合、どう対処できるかを考えることが身についています。その結果、最悪に遭遇した時、対処法が考えられなかったら何もしない、、、慎重で臆病な人間なのです。

たとえば、恋愛です。20歳の頃から3年付き合っていた3つ年上の彼女がいました。
居酒屋、スナックと飲み歩き、帰りに、彼女はホテル街を通りぬける道に誘導した。「これは誘ってるんじゃあないか」と思った。しかし、自分の勘違いだったらどうする?と最悪の場合を考えるが、、、
何も考えは浮かばない。最悪に対処できない場合は何もしない、、、ということでまっすぐタクシーまで送り届けた。「これは誘ってるんじゃあないか」と感じたのは3回ぐらいあったが、何も動けなかった。

その結果、「あんたは友達としては最高だけど、男としては最低」と言われて去って行った。
ただ、そのとき、それほど悲観することも、落ち込むこともなかった。それは、あれが誘いだったとしたら、そういうことになる可能性はあると想定していたから。。。

「これは誘っている」と感じてホテルへ連れ込んだとしたら、、、それが自分の勘違いだったとしたら、、最善の対処法など考え付かない。しかし、本当に誘いだったとしたら失望して逃げられることもあるだろう。

ホテルに連れ込んで勘違いだった場合と逃げられた場合、、、
どちらが深手を負わずに済むか?
という判断ですね。

つまり、、、私の場合、すべてがそういう思考で判断されるのです。
トレードにおいても、考えることはすべて「最悪を想定する」ことです。ですから、上がった(利益が出た)時のことは考えません。考えることは、ただ一つ「損が出た時どうするか」これだけです。

損が出た時どうするか?
その対処法は、資金を回収する。
損が出たら資金を回収すると答えが決まっているのですから、どこで買おうと、いつ買おうと、何も迷うことはないし、考えることもないですね。買いたいと思えば買う。ダメだったら売る。また次の欲しいと思った株を買う。ダメだったら売る。

私のトレードは、ただこれの繰り返しということで何の技術も理論もありません。
子供がゲーム機で遊んでいるようなものです。

「あっ!ダメだ!!、やり直し」
ゲーム機で遊んでいる甥っ子の発する言葉です。
「ゲームオーバーになる前に止めれば負けじゃあない」

私の場合で言えば、売って資金を回収して、また回収した資金をつぎ込む。
「資金が回転している限り負けじゃあない」ということですね。
 
儲けたとか、損したとかには、それほどこだわりをもっていません。
自分が気に入ったチャート(株価)が思うように動いたかどうか、自分の作戦が的中したかどうか、切り捨てた判断が良かったのかどうか、そういうゲーム性に楽しみを感じてるのが、今の私のトレードですね。

>株の取引が楽しいと感じて、出来たら株で生活費が稼げれば最高だなと思っています。
>教えてください。よろしくお願いします。


いまの波乱相場で個別株を買うのはリスクが高すぎると思います。
のんびりと気長に積立貯金のつもりで、ETF 「1306 TOPIX連動型上場投資信託」を買っていくのは有りだと思います。
10口単位で、いまなら1万5千円(現在)ちょっとで買えますので、この辺りからなら少額でコツコツ買い増ししていっても良いのかなと思います。利回りも2%程度ありますので貯金よりは有利かなと思います。
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク