FC2ブログ

買い安心感のある株価位置

なべさん
>現在購入する際に日足で価格帯別出来高チャートを見るんですが、1ヶ月チャートと2ヶ月チャートでは出来高が違うことがあるんですが、どちらを見たほうがいいのでしょうか?例えば9104商船三井は2ヶ月チャートでは175円付近、1ヶ月チャートでは165円付近に大きく出来高ができています。

6ヶ月チャートの出来高価格帯が最大のフシになり、次が3ヶ月チャート、次が1ヶ月チャートの価格帯がフシになります。そこでこの価格帯(フシ)を売買にどう判断するかが問題となるのでしょう。
この商船三井のそれぞれの期間別の出来高価格帯を見れば、6ヶ月チャートでは現在株価の下方に出来高価格帯があります。すなわちここが強力なサポート帯になると判断します。逆に言えば、この価格帯までは下げる可能性があるとも言えます。
次に3ヶ月チャートを見れば、現在株価の位置より上方に出来高価格帯があります。すなわち株価が上昇しても、この価格帯が限度と予想できるわけです。そして1ヶ月チャートでは、昨日の急落で、ちょうど出来高価格帯の上で踏みとどまった形となっています。

このそれぞれのチャートを見たとき「どう判断するか」ですが、長期投資方針であれば「6ヶ月チャートの価格帯まで下げるのを待って買う」という判断になるのでしょうし、短期スイングであれば「1ヶ月チャートの価格帯を売買の基準としてトレードする」ということになるのでしょう。

移動線による売買判断に置き換えてみれば、より理解しやすいと思いますが、短期なら5日線、中長期なら25日線、75日線を基準とするのと同じように「短期なら1ヶ月チャートの価格帯」「中長期なら3ヶ月、6ヶ月チャートの価格帯」を売買基準としてはいかがでしょう。

「9104 商船三井(6ヶ月チャート)」
1200-4-8-1.png
「9104 商船三井(3ヶ月チャート)」
1200-4-8-2.png
「9104 商船三井(1ヶ月チャート)」
1200-4-8-3.png

これは参考ですが「コマツ」のチャートの出来高価格帯を見てみると、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月チャートとも同じ価格帯が最大の出来高となっています。つまりこの価格帯が強力に株価のサポートをしていますので、下げたら強気で買い増しという作戦も取れると考えられます。

トレードはメンタルコントロールが重要ですから、できうる限り買い安心感のある株価位置で買うことがベストの選択だと思います。としたとき、こうした分厚い出来高価格帯にサポートされた銘柄の株価に注目すれば、仮に含み損になったとしても強気で買い増しと言う作戦も建てられるわけですから買い安心感があると言えるのではないでしょうか。

「6301 コマツ(6ヶ月チャート)」
1200-4-8-4.png
「6301 コマツ(3ヶ月チャート)」
1200-4-8-5.png
「6301 コマツ(1ヶ月チャート)」
1200-4-8-6.png

買うタイミングはいつ?

ミミィさん
>入会は3年ぐらい前なんですが、初めて質問させていただきます。おかげさまで少しは利益が出るようになりましたが、三の法則で1本目の陽線の引けに買うという方法をしているのですが、1本目の大陽線に乗れず翌日は損切りとか薄利になってしまうことが多いのです。初動に乗れと呼んだ覚えがあるのですが、何を根拠に、いつ買ったら良いのかタイミングがわかりません。日中は仕事ですので場を見ることはできません。よろしくお願いします。


まず、買いの第一条件は「上昇トレンドのチャート」です。
次は、「フシと株価の位置」を見ます。

株価はフシを抜けたときが大きく動きます。そして「フシとは出来高価格帯」が有効に機能すると思います。これさえわかれば、いつ買うかは言うまでもありませんね。

場を見られなければ、上昇トレンドのチャートを探して、次に出来高価格帯のフシを抜けそうなチャートのフシを抜けた株価位置に逆指値の買いを入れておくか、もしくは、出来高価格帯を抜けたチャートの寄り付きで買い注文を入れるという方法が初動に乗る買い方になるのではないでしょうか。

さらにスイングであるならば、たとえ含み損になったとしても出来高価格帯のフシを終値で下に抜けるまでは保有し続けてみる(リスクを取る)ということも必要だと思います。

「リスクを取る」と考えたとき、どこで買ったらいいかとなるわけですが、「出来高価格帯のフシに近い方がリスクは小さい」となります。ですから、出来高価格帯のフシを大きく抜けた大陽線の終わりで買えば、調整入りしたとき含み損は大きくなることになります。

以下のチャートは、きょう動いた株価のチャートです。
参考にしてみてください。


「6358 酒井重工(日足3ヶ月チャート)」
1200-4-6-8.png

「7242 カヤバ(日足3ヶ月チャート)」
1200-4-6-7.png

「2432 DeNA(日足3ヶ月チャート)」
1200-4-6-6.png

「6501 日立(日足3ヶ月チャート)」
1200-4-6-5.png

トレンドに乗る(その2)

「6753 シャープ(15分足、3日分)

4/13の売買タイミング
1200-4-4-5-1.png

<前場寄り>
前日は三角持合いの値動き。
当日は三角持合いを上放れるか、下放れるかに注目。
寄り付き後、売りで始まり陰線3本。サポートラインで下げ止まるかに注目。
サポートラインで下げ止まり、下がってくるトレンドラインを上にブレイク。

<売買判断>
トレンドラインブレイクの大陽線(トレンド↑)⇒買い(ロスカット→サポートラインより下)

<後場寄り>
前日のボックス底のラインをサポートに下げ止まり(もみあい)
後場寄りで前日ボックスの天井ラインを大陽線でブレイク。

<売買判断>
サポートラインでの大陽線(トレンド↑)⇒買い(ロスカット→ボックスの底より下)
後場引けの大陰線は確定。カラ売り持ち越しも有り。

4/14の売買タイミング
1200-4-4-5.png

<前場寄り>
窓開け上昇だが過去2日間の上値抵抗線に押し返されての大陰線。
寄り付き語急落したものの折り返してきてボックスを形成。

<売買判断>
寄り付きで持ち越し分はいったん損きり。
陰線を確認して再度のカラ売り。

<後場寄り>
上昇トレンドラインをブレイクダウン。ボックスの底のラインを下抜け。

<売買判断>
トレンドラインを下に抜けた陰線でカラ売り。

トレンドに乗る(その1)

「7201 日産自動車(15分足、3日分)

4/13の売買タイミング
1200-4-4-6.png
<前場寄り>
前日比プラスで寄り付いたものの大陰線を引いて急落。
前日からの右肩上がりの上値抵抗線が機能(買い方の目標達成による確定売り)

<売買判断>
抵抗ラインでの大陰線(トレンド↓)⇒空売り(ロスカット→始値より上)

<後場寄り>
前日のボックス底のラインをサポートに下げ止まり(もみあい)
後場寄りで前日ボックスの天井ラインを大陽線でブレイク。

<売買判断>
サポートラインでの大陽線(トレンド↑)⇒買い(ロスカット→ボックスの底より下)

4/14の売買タイミング
1200-4-4-6-1.png

<前場寄り>
窓開け上昇だが過去2日間の上値抵抗線に押し返されての長ヒゲ。
その後はマド埋めの下ヒゲ陽線。
上ひげに続く下ヒゲで方向感不明でボックスを形成。

<売買判断>
ボックスもみあいは様子見。

<後場寄り>
上昇トレンドラインをブレイクダウン。ボックスの底のラインを下抜け。

<売買判断>
前場引けの大陰線(トレンド↓)⇒空売り(ロスカット→→ボックスの天井より上)
後場寄りの陰線で追撃の空売り。

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾
会員交流掲示板

現在の閲覧者数:
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア

株式初心者ランキング
リンク