FC2ブログ

フシ抜け狙いで注目

明日注目している株さんたち。
仕手株の人気離散狙いといったところでしょうか?

1202-1-6.png

1202-1-5.png

1202-1-4.png

1202-1-3.png

一番美味しいところ

売りにしても、買いにしても「タイミングが命」
一番おいしいタイミングは<フシ抜け>
売りにしても買いにしてもフシを抜けたところで飛び込むのが一番美味しいポイント。
ここで迷って引けまで待つと、美味しい部分はほとんど残っていない。
大陰線⇒小動き、もしくは陽線⇒陰線
となるパターンから薄利撤退か、損切りの運命が待っているということになる。
<フシ抜けには目をつぶって飛び込む>
ことも大きな利益を手にするための手法となろう。

1202-1-1.png

1202-1-2.png

外国人の動向に注目

さえきさん
>ここは優良企業を買いだと思うのだが、なぜ下がると考えるのか?

まず優良企業という概念ですが、日本が高度成長期のころ石炭産業や鉄鋼、建設などは超一流の優良企業でした。そしてバブル期、電気、自動車産業は超一流の成長産業でした。やがて日本の高度成長はピークに達してバブル崩壊。石炭、鉄鋼、建設など往年の優良企業は経営難に陥り、そしていま、電器産業が没落していく状況に陥っています。

つまり優良企業という企業は存在しないということになります。バブル崩壊までは、株式は安全な優良資産として企業も金融機関も資産家も保有し続けてきましたが、バブルの崩壊によって、株式も土地も安全資産ではないことが認識され、企業間や銀行、企業間での持ち合い解消売りが発生し、株価の下落に拍車がかかったわけです。

これによって従来は資産として保有し続けるべき株式が、市場に放出され流動株比率が高まったということになります。つまり市場で売買される比率が高まったわけですから、投資家の心理によって株価が形成されるという状況が従来より顕著になってきたといえるでしょう。

次に、日本の株式を売買しているメインプレーヤー(大口投資家)は誰かについて考えてみましょう。中長期での大口投資家は「年金基金」と「投資信託」でしょう。この大口投資家の売買動向によって株式相場の方向性は決まってくると言っても過言ではないでしょう。

さらに、国内の「年金基金」と「投資信託」など大口投資家と外国の大口投資家の売買動向は、もっとも株式相場に影響を与えます。つまり「欧米の複数国の投資資金」対「日本一国の投資資金」と考えれば理解できると思いますが、当然に外国の資金量は膨大。すなわち外国人の投資動向によって日本の相場も動いているというわけです。

ひとこと掲示板の方で毎日、いしやんさんが「外国証券の寄前注文状況」として詳しく書いてくれていますが、一言でいえば「外国人が買い越しに転じれば、日経平均株価は上昇トレンドを形成し、外国人が売り越しに転じれば日経平均株価は下降トレンドを形成する」ということです。

このいしやんさんの資料を見れば一目瞭然ですが、「外国人売り⇒株価下落⇒日本人買い」となり、「外国人買い⇒株価上昇⇒日本人売り」という構図が明確に表れています。

つまりこれを一言でいえば「日本人買い=株価下落」という構図ですから、日本人であるアナリストや証券会社が「今が買い時」「日本株は割安」と買いあおっている時期は、株価は上がらないということになるのでしょう。

下がった株は上がらない

ペケポンさん
>5連続陰線の翌日の6日に三の法則の変化日と決めつけて6753シャープを買い、狙い通りの陽線引け、翌日は大きく上昇したものの失速して上ヒゲでしたが、ここで下げ止まりと期待して持ち越したばかりに大きな含み損を抱えてしまいました。12日の引けにナンピンしてきょうは期待したのですが・・・


トレードの一番基本的なことですが「下がった株は上がる、上がった株は下がる」という考え方を捨てない限り、なかなかトレードで利益を残すのは至難の業ではないでしょうか?
基本的な考え方を「下がった株は、さらに下がる」「上がった株は、さらに上がる」というように、まず意識改革から始めるのが一番のような気がします。この自分の意識を変えるというのが最大の難関なのでしょうが??

人間は「正しいと分かっていてもできないこと」があります。「下がる株は下がる」と分かっていても安値に接近した有名企業の株価を見ると上がるような気がして売れない。まさに「分かっているけどできない」の典型的な見本ではないでしょうか。これを克服するには成功体験しかないように思います。

「6753 シャープ(3ヶ月チャート)」
1201-9-6.png
あなたが買った(B)の位置は、前の安値(A)に並びかけた株価位置となります。前の安値(A)は、サポートラインとなりますので、サポートラインの価格帯では、買い勢力が買い支えの買いを入れてきますので、当然に下げ渋ります。それが6日、9日の陽線です。

しかし、このサポートラインでの買い勢力の抵抗(買い)は弱かった。下げ止まっただけで大陽線を引くような上昇力はなかった。この買いの弱さを見たとき、売りの勢力はどのように考えるでしょう。

株価の形成は、売りの勢力と買いの勢力の力のバランスで決まるわけですから、株価のフシであるサポートラインで買いの力が弱いとみれば、売りの勢力は簡単に売り崩せると判断して売りで攻めてきます。こうして買い勢力の防衛(サポート)ラインは簡単に突破されてしまったわけです。

買い勢力の防衛ラインを撃破したわけですから売り勢力は、全力を挙げてカラ売りを仕掛けてきます。買い勢力は、売り勢力に防衛ラインを突破されたわけですから逃げる(損切り撤退)しかありません。つまり売り勢力のカラ売り+買い勢力の損切り売りとなり売り一色となるわけです。

それが(A)のラインを下に抜けたあとの急落(大陰線)となるわけです。

下がった株価には、新規のカラ売りにプラスして買いの損切り売りが入るということになり、いわゆる売りが売りを呼ぶという状況に陥るわけです。上昇していく株価はこの逆となり、新規の買いにプラスしてカラ売りの損切り買戻しの買いが入る、買いが買いを呼ぶ状況となるわけです。

言い方を変えれば、みんなが売っている株価(下がっていく株価)を買えば損をするのは当然であり、みんなが買っている株価(上がっていく株価)にカラ売りを仕掛ければ損をするのは当然ということになるわけです。

よって「下がった株価は上がらない」「上がった株価は下がらない」ということになり、これがチャートを見るうえでの基本中の基本となるわけです。反発狙いという買い方もありますが、あくまでも邪道であり、コンスタントに利益を上げるということであれば基本に忠実にということが求められるのではないでしょうか?

貸借倍率が気になります

Miraさん
>8038東都水産、上昇トレンドと思い、7月4日に137円で入りました。150円くらいまで狙えると思ったのですが、あまり動いてくれません。先生はどのように診断されますか?助言いただければ幸いです。


「8038 東都水産(1ヶ月チャート)」
1201-9-4-1.png
テクニカル的には137円~138円で前の急騰したとき(ヒゲ)の高値に並びかけ、かつ、そのラインに大きな出来高のカベを作ってしまいました。チャート形としては「ダブルトップ」の形となり、いったん下げると読むのが妥当な判断でしょうか?

逆に、この137円~138円のカベを突破できれば150円付近を狙えるのではないでしょうか?

1201-9-4-2.png
ただ気になるのは、この買い長の信用倍率です。買い残が多いということは信用で買っている人が多い、すなわち上がると考えている人が多いわけですが、この人たちは、信用期日までにいずれ売りに回ってきます。これは将来的に下げる要因になります。

この株、非常に出来高が少なく値動きがほとんどありません。そして時々少しの買いが入るとど~んと値が飛びます。これは逆の場合も同じですから気を付けてください。まとまった売りが出ると急落します。

なぜ株価が動かないかですが、原因は、売り手がいないからです。株価は下がる(売りたい)と考える人と、上がる(買いたい)と考える人がいて、売りと買いがぶつかり合うことによって株価が動き、出来高も膨らんできます。

株価が上がる要因として「新規の買い(資金)が入る」、そして「カラ売りの買戻しによる買い」があります。この「東洋水産」の場合は、売り手(カラ売り)がいないわけですから新規の買いのみによって株価が上がっているということになります。

よって出来高は少ない、株価は動かない、という現状になっています。こうした株価は一方的に振れやすいですから気を付けて監視していてください。

あなたの好みのタイプを

チコさん
>トヨタかホンダのどちらを買おうか迷っています。チャート判断でどちらが良いと思いますか?


「7203 トヨタ(日足、1ヶ月チャート)」
1201-7-1.png

「7267 ホンダ(日足、1ヶ月チャート)」
1201-7-2.png

どちらもきれいな上昇トレンドラインに沿って上昇し、金曜日にボックスブレイクした形となっています。きれいなグラビアアイドルを二人並べてどちらが好みかと聞かれたのと同じ質問だと思います。よって答えは、どちらでもお好きな方を。。。。という感じでしょうか。

ただ、下げたときのサポートラインを考えれば、トヨタは3100円ライン、ホンダは2700円ラインとホンダのチャートの方が安心感を感じます。また、この両銘柄は同じように動きますので購入金額が安い方が良いとなり、私が買うとしたら「ホンダ」の方を買うでしょう。

逆指値は損切り貧乏の元

Reiさん
>少しヒントを戴だければと思い,メールをさせて戴きました。LCなのですが,髭の先にひっかかってLCがかかり,ここ3ケ月ばかり百発百中で終わってみれば↑ばかりでございます。ザラ場が本業中のため,買いなおすということができず,指をくわえて・・・ということになってしまっております。諏訪様,皆様は,どのようなことを考慮されてLC値を設定されていらっしゃるのでしょうか。お時間おありの時に御教示いただきましたら幸いでございます。


私は働いていた頃も、まず逆指値はほとんど使いません。逆指値を使うときは、新興株や仕手株、小型の材料株には逆指値を設定することがあります。なぜならストップ安などで売るに売れない状態(リスク)を回避するためが目的です。

私が仕事していた(場を見れなかった)時に心がけていたことは、値動きの少ない優良大型株にしか手を出さない。チャートが乱れずきれいな曲線を描いている銘柄のみとしていました。

すなわち新興株やランキングに登場する出来高の少ない材料株、仕手株などは、一日の値幅が大きいので、主に個人がデイトレとして参加してきています。よって、日足チャートはきれいな曲線ではなく、くずれた乱高下をしています。こうした乱れたチャートの株価は、上げたときの利益も大きいが、下げたときの損も大きい。

日中場を見ることのできない人は、こうした値動きの激しい銘柄を手掛けることは、非常に大きなリスクを伴うものと思います。きれいなチャート(ボディ)ラインを描いている銘柄は、上に向かい始めれば一定期間上昇を継続します。

ならば、チャートが崩れるまで損切りする必要はないし、逆指値を設定する必要もないと私は思います。新興株や仕手系株、小型材料株に逆指値を設定すれば、逆指値にひっかかって損切りばかりで損切り貧乏になってしまうのではと思います。

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾
会員交流掲示板

現在の閲覧者数:
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア

株式初心者ランキング
リンク