FC2ブログ

利益を残す方法とは

利益を取ろうと考えると必ず損をする。
損をしたくないと考えていれば損はしない。

手出し無用(様子見)の位置でINするから損をする。
気を付けたいものです。

1204-4-7-3.png

1204-4-7-2.png

1204-4-7-1.png

1204-4-7-7.png

1204-4-7-6.png

1204-4-7-5.png

1204-4-7-4.png

株ブログに意味はあるのか

ピロリンさん
>おひさしぶりです。いままでいろいろな株ログを読むだけでしたが、私も始めてみようかなと思い始めました。そこでアドバイスいただきたいのですが、チェックポイント何かあるでしょうか。知識があるわけでもないし、情報をコピペするようなことはしたくないし。メリットは何があるのでしょう。


まず重要なことは「自分のトレード技術が進化することを目的」とするではないでしょうか。誰でもトレードで勝てばうれしい。どんどんブログに成果を書く。だが、負けたときは書く気が失せる。負け続けるとブログを更新する気もなくなって閉鎖してしまう。これが普通の人間の心理でしょう。

しかし、それでは自分にとって何の役にも立ちません。自分のトレード技術の進化のためには「なぜ勝てた」「なぜ負けた」という検証が重要なポイントで、この検証をしない限り、おなじことの繰り返しで、過去の失敗の教訓が生かされてきません。同じ失敗をしないことが進化することにつながるわけです。

トレード記録は別に公開する必要はないわけですが、ブログで公開することによって説明のできないトレードを我慢することができます。

株ブログを書くにあたってのポイントは・・
「なぜそこで買った(売った)かの理由を説明できること」
これが重要なポイントとなるでしょう。

基本どおりのトレードをしたとしても、勝つか負けるかは時の運です。ですが、同じ負けでも「切るべきときに切ることができた」か、「INするべきときにINできたか」・・・ここが結果を検証するうえでの重要なポイントとなります。

この重要なポイントを記録に残すことでトレード技術は進化していくのではないでしょうか。

具体例として言えば・・・
「フシを上に抜けたから〇〇円で買った」
「下のフシに突き当たって下げ止まり、陽線が出たので買い」
とか
「寄り付きGDなので成り行き損切り」
「移動線を下に抜けたので確定」
とか・・

自分の投資基準にしたがって記録していけばいいのではないでしょうか。
つまり誰かに説明できるトレードを実行する。
負けても、勝っても、その理由を説明できるトレードをすることが進化の第一歩だと思います。

説明できない思いつきのトレードで成功する。これこそが自分のトレードスタイルを見失う大きな原因となり、結果的に成果を上げられないトレードを繰り返すことになるのだと私は思います。


単純にシンプルに

私は「何も考えない馬鹿ほど株で儲けられる」と考えている。
トレードのことなど何も知らない中学生や高校生に・・
下にマドが空いたら「成り売り」、上にマドが空いたら「成り買い」
1本目の陽線を買い、陰線が出たら決済する。
1本目の陰線を買い、陽線が出たら決済する。
始値(寄り付き)でINして、終値(引け値)で決済。

と、ただこれだけを教えてトレードさせれば利益を出せると考えている。

「5714 DOWA」
1204-3-2-1-1.png
この「DOWA」で試算すれば・・
下マド開けの寄り付き541円で成り売りIN。
上マド開けの寄り付き520円で決済。 +21000円

上マド開けの寄り付き519円で成り買いIN。
下マド開けの寄り付き516円で決済。  -3000円

と同時に、下マドにつきドテン売り516円IN。
陽線引けの513円引け成り決済。    +3000円

と同時に1本目の陽線につき513円ドテン買い。
陰線引けにつき引けにて514円決済。  +1000円

1本目陽線引けにて525円買いIN。
現在545円・・・・・含み益 +20000円。

何も考えない。
いろいろ思いを巡らせない。
これこそが勝てる方法ではないかと思うのだが、いかが?

小さく損を切るために

「小さく損を切ることこそトータルで利益を残せる」
そんなこと誰もが分かっているが、現実には損を大きくしてしまう。
大きくしてしまうから切れない。

ということになるのであろう。

5000円~10000円程度の損なら、それほど心を痛めることもない。
なら10000円以内で損を切ってしまえばダメージを受けることはない。

それなら機械的に-5000円になったら切ればよいか?
そういうことにはならない。
機械的に-5000円で切っていたら、そこから上がっていったということが繰り返され損切りすることが損をすることになってしまうことになる。

なぜそうなるのか?
それは売買のポイントで売買しないから

株価はフシを基準として動いている。
それは株価がフシを気にしているわけではなく、トレードをしている大勢の人間が、フシを基準にして売り、もしくは買いに出ようと注目しているから、株価はフシを基準として動く。

そんなことも誰でもわかっている。
ならそのフシに注目して、そのフシでしか買わない、そのフシでしか売らない

フシを基準に売買すれば、逆に動けば-5000円で損切りできる。
買いで入ってフシを-5000円下回れば株価は通常の場合下へ行く。
それはフシを割れたらカラ売りしようと待ち構えている人がいるから売りが殺到する。

「6101 ツガミ(5分足チャート)」
1204-2-2.png

このツガミのチャート、必ずフシ(出来高価格帯)でもみ合う。
ここでしか売買しない。
ここでしか売買できない。
と決めてしまえば、たとえ逆に動かれたとしても-5000円の損切りで済む。

このフシ(売買のポイント)でないところで売買するから大きな損切りをすることになる。

トレード記録は引っ越し

記録として残すためトレード結果については

「信吾100番勝負」ブログを新たに立ち上げました。


すべてに理由がある

リエコさん
>仕事を持っているので場を見られません。場を見ることができないのは大きなハンデだと思いますがどうでしょう。チャートの見方もよくわかっていないかもですが、何か簡単な見方ってないでしょうか。そんなものありませんよね。


まず第一のポイントですが、スイングでは場を見ないことはデメリットではなく大きなメリットです。場を見ているから値動きに惑わされて売ったり買ったりしてしまう。そうして無駄なトレードでトータル損をするということになるのでしょう。

株価は流れ(トレンド)に沿って流れていきます。だったら、その流れに身を任せればよい。一日の中の値動きなんか問題視する必要はないのです。下に流れ始めれば少々の戻しはあっても下げていくのです。ならば一日の日足で判断すれば良いだけのことで、日中の値動きなんかまったく問題視する必要はないのです。

1204-2-1-6.png
こうしたチャートを何も考えずに眺めていても何も見えてきません。「なぜ上がったのか?」「なぜ下がったのか?」を理屈付けしながら考えてみるのです。

そこには必ず「上がる理由」「下がる理由」があります。
そしてそれはすべてチャートに現れています。

チャートの下方に出た「十字線」や「たくり線」、「前の高値のフシ」「ボックスブレイク」などなど、かならず売り買いのポイントはあります。そしてそのポイントは必ずどんな銘柄のチャートにも同じ形として現れます。

いろいろなチャートを見て「なぜ上がったのか?」「なぜ下がったのか?」を理屈付けをする。これを繰り返せば、いつ買ったら良いのか、いつ売ったら良いのか、その形が見えてきます。そしてその形は常に同じ形、同じパターンとなります。

なぜ、みんながトレードで損をするのか?
それは買う理由もないところで買うから・・・・・
売るべきところで売らないから・・・・・・・・・
ただそれだけのことです。


なぜそうなるのか?
それは日中の場を見て、値動きに翻弄されるから。。。


トレンドを見ていないから

cocoさん
>値動きに翻弄されて損きり毎日が続きます。たとえばツガミ、買えば下がり、売れば上がりと損切りが良いことか悪いことか分からなくなっています。三の法則では陽線を買って陰線を売るですが逆へ逆へいきます。


かすみそうさんが良いこと言っています。「株は下がれば上がる、上がれば下がるの繰り返しですから、株価が向かっている方向を間違わなければと考えています」 

つまり株価はトレンドラインに沿って流れていきます。だからトレンドラインが下に向かって流れているのに「買い」で入れば下がるのは当然のことでしょう。

「ツガミ(日足)」
1204-2-1-5.png
「三の法則」で損をしていると言われますが、それはあなたが「三の法則」を理解していないからです。

「三の法則」の大前提としてトレンドがあります。そのうえで・・・
「上昇中の陰線1本もしくは2本目の次の陽線1本目を買う」
上のチャートの<買い>と図示したポイントです。

「下降中の陽線1本目もしくは2本目の次の陰線1本目を売る」
上のチャートの<売り>と図示したポイントです。

「陰線、陽線が交互に出るなど不規則な動きは様子見とする」
「三の法則」はボックスの動きの中では効果を発揮しません。トレンドが発生してこそ、その効果を十分に発揮するわけです。ですから黄色い丸の部分、すなわち天井圏や底値圏でのもみ合いの状態では様子見とするのがベストの判断となるわけです。

もう一つ重要なポイントが「マド」です。
昨日の寄り付き、陽の十字線2本の翌日ですから寄り付きを監視します。そして下にマドを開けて寄り付いたら迷わず成り売りで突入です。こうした思いっきりの良い決め打ちも好結果につながるでしょう。

信じる者は救われるです

ピッコロさん
>先日はアドバイスありがとうございました。さっそくお礼の報告です。トレード歴はけっこう長いんですが「損得ばかりに目を奪われると基本を忘れる」というご指摘はグサッときました。小銭稼ぎに夢中になって本質を忘れ去っていました。反省です。そして昨日の記事「考えると逆へ行く」これも格言にしたいと思います。アドバイスを受けた4日に下降トレンド中の陽線が出たチャートを探しました。目についたのが6104東芝機械でした。いままでの私なら迷わず買いで飛び込むチャートの形です。これを売りで行くなんて今まで想像もできなかったんですが、先生の説明通りに翌日は売り目線で眺めて前場引けに陰線を確信して305円でカラ売り。動かなくて迷いも出たりしたのですが、先生を信じてやってみようと後場引けにも306円でカラ売りと強気で行ってみました。本心は損すると覚悟してました。そしたらきょうは先生の説明通りに急落です。びっくりです。本当にありがとうございました。うれしくてうれしくてまだ保有してます。


1204-2-1-1.png

株で儲けることなんて単純で簡単なことなんです。
単純なことを複雑に考えるから損をする。。。私はそう思います。

三の法則を信じなさい

ピッコロさん
>おひさしぶりです。ここんとこ逆に逆にと振らされわけわかんなくなってます。アドバイスください。


昨日も書きましたが「損得ばかりに目を奪われると基本を忘れる」ということが一つ。二つ目が「分足の値動きばかりを見ているとトレンドを見失う」です。

トレードの基本は「株価のトレンドにいかに乗るか」が重要なポイントで、それ以上もそれ以下もありません。損得勘定をして、自分の感情と願望で「上がるんじゃあないか」「下がるんじゃあないか」と考える。そして自分の願望の裏付けとするために都合の良い理屈を考えたり、情報を探してくる。

その結果として、株価のトレンドに逆らったトレードをする。トレンドに逆らえば、株価が自分の思いと逆に動くのは必然。つまり負けるべくして負けているという結果になるのでしょう。

1204-1-8-7.png
株価トレンドの基本的な動きは「上昇⇒持合い(ボックス)⇒上昇⇒持合い(ボックス)⇒下降」となります。この株価のトレンドに逆らわずに乗ればいいだけのことです。それが基本に忠実なトレードということです。

そこでどのタイミングでINするかが問題となるわけですが、基本で言えば、移動線が上昇している限りどこでINしても良いとなります。ですが、買ってすぐに含み損になっては不安になるでしょう。

いかにタイミングよくINするか?ということで私は「三の法則」を言ってるわけです。
1204-1-8-4.png
移動線上昇、陰線1本、2本目の次の陽線は買い。
上昇中の移動線を株価が下に抜けたらトレンド転換のリスク有りで様子見。

1204-1-8-5.png
移動線水平移動(ボックス入り)は様子見
移動線下降中の陽線1本目、2本目の次の陰線は売り。

1204-1-8-6.png
5万円儲かるか、2千円しか儲からないかは人の能力の及ぶところではありませんが、情報に惑わされることなく、ただ淡々と「三の法則」にしたがってトレードしていけば何も迷うことはないし、株価トレンドの流れに素直に乗れることになります。

素人には判断できない情報に惑わされることこそ損する原因。素人は、ただ自分の目に見える形を素直に追う。素人は、考えない、迷わない。自分の目に見えたものを素直に信じる。ただこれだけのことだと思います。

メンタルの問題です

のりこさん
>もう何年か前に霧子さんの紹介で入会したのですが読み逃げばかりでした。今回が初めての質問です。6月28日に8136を高値2900円でつかんでしまって7/26に2600円でナンピンして塩漬けになっていましたが、ようやく含み益になってきました。2900円で買った分は含み損。ここで1コ外したいと思うのですが、霧子さんは含み損の方から切れと言います。私は含み益の方を利益確定したいのですが諏訪さんはどう思われるでしょう。


「8136 サンリオ(日足)」
1204-1-8-3.png
現在の株価位置ですべて処分すれば薄利ということで悩んでいるのでしょう。そして株価はまだ上がると考えているが、下がったらまた塩漬けにしてしまうという不安も抱えているということでしょう。確定してしまった方が良いか、保有し続けた方が良いか?という質問に正解はありません。株価が上がるか下がるかは神のみぞ知る、すなわち結果論ですから、当たるも八卦、当たらぬも八卦ということになります。

トレードは「儲かるか、損するか」に固執して考えると基本を見失います。ですからもっとも重要なのは「基本とは何か?」ということでしょう。基本とは、トレードに限らず人生すべてに通ずることですが「いかにメンタルを安定させるか?」だと私は考えます。メンタルにダメージを負わなければ、どんな境遇におちいっても生きていける。トレードにおいても同じです。

2900円⇒ 2785円(終値)⇒ -11500円
2600円⇒ 2785円(終値)⇒ +18500円
今日現在、こうなっているのでしょう。それでどう処分したらよいか?と迷っているということですね。そして損切りはしたくない。利益確定したい。と言うことですね。

ずばり正解を言えば「どちらを確定しても同じ」と言うことですね。儲かるか、損するかは、ここから株価が上がるか下がるかにかかっているだけのことですから、どちらを確定した方が損か得かという問題ではないわけです。

霧子さんの方針は「含み損の方から処分する」とよく言っていますね。私も同じ考えです。これは損か得かと言う問題ではなくメンタルの問題なのです。

たとえば、2600円で買った株を利益確定して、含み損の2900円で買った株を保有し続けたとしましょう。それが2500円まで下がったとします。すると40000円の含み損になります。ここでナンピンしても2700円まで戻らなければとんとんになりません。

ですが、2600円で買った株を残しておけば2500円のフシに来たときナンピンして2550円になります。このチャートを見たとき2500円がフシになりますので、含み益になりやすい買い単価と言うことになります。

つまり損切りを嫌って2900円の株を残せばナンピンしても2700円以上に戻らなければ200株の塩漬け株を持つことになり、2600円の安く買った株を残せば2600円以上になれば含み益に変わるということになります。

また、最悪の場合、2500円のフシを割れた場合、2900円で買った株を持っていれば50000円以上の大損になり、2600円で買った株を持っていれば20000円程度の損で済むということになります。

すべては、メンタルがダメージを受けないことが最重要ですから、含み益の株を持ち続けるのと含み損の株を持ち続けるので、どちらがメンタルがポジティブに保てるかと言うことになり、また5万円以上の含み損を抱え込むのと20000円程度の含み損を抱え込むので、どちらがメンタルがネガティブになるかということでしょう。

ほとんど心を痛めないで損切りできる状態での保有、すぐに利益の出せる状態での保有。これこそがメンタルにダメージを受けない考え方であり、これこそが基本であると私は考えます。

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾
会員交流掲示板

現在の閲覧者数:
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア

株式初心者ランキング
リンク