FC2ブログ

時間の使い方と生き方

くろすけさん
>~略~ まず、時間的に可能なのかが不思議です。どうしたら、そんなに効率的・能率良くできるのでしょうか?私は勉強しなきゃとPCに向かうのですが、ちょっとやったら、株に関係ないサイト見たり、ゲームしたり(問題外!)して、全然はかどりません。


時間の使い方について。。。なんて考えたこともなかったです
私の場合、還暦過ぎた無職のおっさんですから「時間は死ぬまでの暇つぶし」みたいなもんです。老人の時間に制約はありませんので「何時に寝なければならない」とか「いつまでにこれをやらなければならない」とか、そういう時間に縛られることのない時間を過ごしています。

<平日の過ごし方>
8:30 起床。メールチェック。株式市況チェック。
8:50 トレードツールを立ち上げで株価チェック。
9:00 分足チャートを開いて値動きチェック。
9:15 朝イチトレード。
10:00 朝イチトレードが終了したら記録をブログにアップ。
10:30 喫茶店にモーニングコーヒー。週刊誌&日経新聞を読む。
13:00 トレードツールを立ち上げで株価チェック。
    値動きを眺めながらニュース読んだり、テレビドラマを見たり。。
15:00 昼寝
18:00 夕食の買い物&夕食の準備。
20:00~21:00 テレビを見ながら夕食。
22:00 カミさん帰宅で夕食。私は株価チェック&ブログ更新。
02:00 就寝

こんな感じでしょうか。基本的に「銘柄探し」とか「情報探し」ということはやりませんので、サイト閲覧ということはほとんどないですね。

<生き方の考え方>
人には「攻撃型の人間」と「防御型の人間」の2種類がいるのだと思いますが、私は「防御型の人間」で「計画を立てて目標を達成する」という考えはまったくありません。

要するに、できるかできないか分からないことを追いかけるのではなく、目の前で起こることに対応していくという考えです。ですから何も起こらなければ何もしない。。ということになります。よって何もしない時間の方が圧倒的に多いですね。

また、目標も計画もないのですから、目標未達成の自己嫌悪もなければ焦りも生じないということになります。「人生成るようになっていく」というお気楽人生ということでしょう。

「人生70年、嘆き苦しんで生きても70年、気楽にのほほんと生きても70年」
「人間やるべきことは、目の前の火の粉を払いのけることだけ、それ以外にやらなければならないことなどない」 
これは祖父の言葉です。

また、高校の時の剣道の師範は、「体力の劣るヤツが勝つための必勝法は、自分から打ち込むのではなく、相手の動きを利用して打ち返す返し技しかない」と教えた。

学力は劣る、体力は劣る、特殊能力もない。。
そういうことを子供のころから自覚していたので、こうした言葉は心に響き、私の生き方の心得として身についていったのだと思います。

この生き方の考えが、私のトレードの考え方の根底にあると思っています。
経済学や財務分析の知識もない、株価を動かせるだけの資金力もない、そんな無力の人間が投資で勝ち残るには、相手(チャート)の動きを利用して小さく稼ぐしか方法はない。。と考えたわけです。

若いときは「これでいいのか???」と悩む。
そんなときは「これでいいのだ!!」と自分に言い聞かせる。
悩んで苦しもうが、自分の生き方に自信を持とうが、そんな心の動きなんて人の一生に何の関係もない。

これは私の上司だった人の言葉です。

売り圧力を考慮すれば

なおきさん
>売りで考えた9681東京ドーム2/7 1本目の陰線引け売り331 2/8 ギャップダウン寄り売り323 連休前で4.5%の利益も乗っていたので引けで手仕舞い 316(+15と+7で+22)どうにかトータル1万円プラスで終わりました。ご指導の賜物と存じます
>今週の相場の下げを見ていると、今後は下げ相場に入りそうなのでしょうか? 
>8136サンリオや諏訪様銘柄4064カーバイドの戻り売りを考えて行きたいと思っています。


相場観については分かりませんが、今までのようにどんな株でも上がっていくという状況は終わったと考えています。よってこれからは業績相場に移行していくと考えています。つまり上がる株は上がるし、下がる株は下がるという動きが顕著になってくるのではないでしょうか?

そこでこれからのトレードは「売りと買い両面」で対応していくのがベストではないかと考えています。そこでなおきさんの個別株に対する私の判断を述べてみます。

「9681 東京ドーム(日足3ヶ月)」
1204-7-3-8-1.png

「4064 カーバイト(日足3ヶ月)」
1204-7-3-8-2.png

「東京ドーム」と「カーバイト」のチャートは、現在株価の上に大きな価格帯を形成しています。つまりこれが強力な売り圧力になりますので「売り有利」として売り目線で見ていくのがいいと思います。

別の視点で考えてみましょう。
「カーバイト」は元々100円前後のボロ株で仕手筋に買い上げられて5倍以上になった仕手株です。まだ仕手が入っているのか、それとも仕手はすでに売り抜けて個人の提灯が期待で買っているのかは分かりませんが、仕手が抜けたのであれば「ルック」と同様の動きになるのは予想できるところです。

いわゆる中長期方針で買える会社ではないということです。

「8136 サンリオ(日足3ヶ月)」
1204-7-3-8-3.png

これは個人的に言えば、売りづらい株ではないかと思います。
EUでの売上比率が高く、サンリオの株価はユーロ(為替)に連動します。また減益決算であったものの増配をする予定とか??。。。また個人投資家(特に女性)の人気が高い銘柄でもあります。

よって株価が下がれば、中長期保有目的の配当&優待目的の買いが入ることは考えられます。と考えたとき、短期で急落していくとは想定できないと私は考えます。

これは私の個人的な考えですが、高配当銘柄、優待銘柄は、カラ売りには適していないのではないかと考えています。

タラレバと検証は別物

なおきさんのトレード

「4661 OLC」
1204-7-3-7.png
1204-7-3-7-1.png

<検証>
2本目(B)での買い増し⇒翌日が3本目と考えればリスクの方が高いので控えるべきだったのか?
1本目陰線(C)での確定売り⇒2口抱えているので1口は寄りの高いところで確定すべきだったのだろう。陰線確定ですべて確定したのはGood!!
2本目陰線でのカラ売り⇒3本目は陽線の確率が高いので引けでカラ売りを賭けるのは無理スジ。
(E)でのドテン買い⇒「ダマシはドテン」の素晴らしい判断でした。
(F)の確定⇒陰線は確定の基本どおり。
(G)の買い⇒陰線の次は陰線にならなかったダマシ。「ダマシは買い」の基本どおり。
(H)の確定⇒前日の終値に逆指値を入れて利益を伸ばすのがGood!!

こんなことを私が書かなくても、なおきさんが一番わかっていると思います。
あえて他のみなさんのために記事にしました。

こうした検証の解説をすると「タラレバ」とか「後付け講釈」とか。。バカにする人もいますが、こうしたトレードの検証をすることこそがトレード技術を向上させていくものと私は思います。

「あ~すれば良かった」「こ~すれば良かった」と感情的に悔やむのがタラレバであって、検証においてトレードの失敗点を見つけて、次のトレードで同じ失敗を繰り返さない努力をする。この検証こそが製造業の現場で言われるところの「カイゼン」=「品質向上」=「技術力向上」だと思います。

自分のトレードを冷静に検証してみて「模範的なトレードならどうするか?」と考えてみる。そのポイントを把握して、次のトレードで、より模範的なトレードに近づけていく。

こうした努力を積み重ねることがトレード技術を磨くことになるのではないでしょうか?

株価の周期性を考えて

なおきさん
>最近話題はあまりないように思われますが、日経225ETF投資についてはいかがお考えでしょうか。
>今後の日経平均の動向と踏まえてご指導いただければと存じます


ETFの弱点は、個別株に比べて「値動きが小さい」ことであり、メリットは、日経平均株価がどんなに下がっても個別株のように、買値の1/10、1/20になるというようなリスクはない。。。ということだと思います。

これを踏まえて、私の考えは、日経平均が下降トレンド入りした場面においての買い下がり、いわゆる逆張りのナンピン買い増し作戦が功を奏すると考えています。よって、現在の上昇相場では、値動きの小さい(利益の少ない)ETF投資よりも個別株への買いの方が有効だと考えています。

過去10年間の日経平均株価の動きを見たとき、相場格言に「節分(春)天井、彼岸(秋)底」というのがあるように、上昇トレンドは3~5月でピークアウトして下降トレンド入りし、9~11月で底を打って上昇トレンド入りするという周期性があると思いませんか?

こうした過去の株価の周期性の動きを見たとき、現在の上昇相場があと数か月も続くとは考えていません。よってETF投資については、相場が下降トレンド入りしてから考えるのがベストなのではと考えています。

個人的には、日経平均株価10000円当たりから買いを入れたいと考えています。

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾
会員交流掲示板

現在の閲覧者数:
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア

株式初心者ランキング
リンク