FC2ブログ

この暴落への対処法

チキチキさん
>リーマンショックを知らない初心者です。こんなすごい下げを見たこともなく驚いています。幸いというか怖くて株は買っていませんので問題はないのですが、これだけ下げたら買いたい気持ちになっています。いつ買ったらいいか教えてください。まずは日経平均連動のETFで始めたいと思っています。


いつが買い時か?と言った予想は専門家でも分からないでしょう。もし、そんなことが分かったら専門家と呼ばれる人は、みな大富豪になっているはず。。。将来のことは分からないから本を書いて細々と暮らしているという現実。。。と私は考えます。

そこで一般的な考え方を書いてみます。

まず、今回の暴落は一時的なものか、それとも上昇トレンドから下降トレンドへのトレンド転換の兆候かということですが、私は「下降トレンドへのトレンド転換」だと考えます。

第一の理由は。。。
過去10年、20年といった長期の株価トレンドを見ると、5月~6月が高値、10月~11月が安値というトレンドが多いことに気づきます。相場格言にも「春に売って秋に買え」と言うのがあるそうです。これに従えば、ちょうど今が高値圏と言うことになり、上下しながらも秋までは下降トレンド入りするということになります。

第二の理由は。。。
現在の上昇トレンドは11月からおよそ6ヶ月かけて上がってきました。三の法則ではちょうど転換点となり、ここから3ヶ月かけて下降トレンドを形成(調整)すると考えます。3ヶ月調整するとちょうど9月、10月頃に底打ちということになるのでしょうか。

次は、いくらまで下がるのか?という値幅の問題になります。

テクニカルの基本で言えば、安値8000円から高値16000円の上げ幅の1/3押し(13000円)、次が1/2押し(12000円)、2/3押し(10000円)というところが目安となるのでしょう。

投資を始める場合、やはり個別株よりは日経平均(ETF)から始めるのが無難だと思います。あとは資金管理に留意しながらの分散投資で、移動線(25日線、75日線)や1/3押し(13000円)、次が1/2押し(12000円)、2/3押し(10000円)といったフシ目で買いを入れていくという手法が堅実な投資手法になると思います。

チャート判断はスイングと同じ

にこにこさん
>こんにちは。関東地方は、今日は真夏の様な暑さです。
デイトレは自分には合わないと思い、しばらく封印(笑)していました。その後、日足も5分足チャートも同じという諏訪様の言葉を思い出し、今一度じっくりと5分足チャートを見てみました。いつものスイングの移動平均線や三の法則、価格帯別出来高などを頭に入れながら見ていたら、少し分ってきました。そこで、今日、おっかなびっくりに挑戦。7211三菱自動車ですが、200円を割り込んだ長めの陰線を見てイン。その後、手数料を抜いて5千円取れれば良いという気楽な気持ちで、手仕舞い。こんなので良いでしょうか?


絶好のタイミングでINできたのではないでしょうか?
デイの場合は「大きく狙わない」のがコツだと思います。
参考に買いの形のポイントも載せておきます。

「7211 三菱自動車(5分足)」
1204-7-5-2-5.png

「6753 シャープ(5分足)」
1204-7-5-2-6.png

寄り付きはギャンブルです

kazufa2010さん
>さっそくお返事頂きありがとうございます。本日はこの1トレードの負けの意味がわからなかったのでスッとしました。急騰・急落の後の5日線10日線の横向きはトレンドの転換サインなので様子見(気をつけなければいけない)いうことですよね!?そして5日線10日線がいかに角度をつけて上がっていくか下がっていくかのトレンド波に乗ることですよね!?
>後よろしければこちらも指導していただけないでしょうか!?お忙しい中あつかましくすいません。東電の窓開けこれは迷わず寄り付き買いですよね?昨日の様に陰線でワンクッションおいてもらえると買いやすいのですが?寄り付きは少しビビります(笑)そして一本目の陽線を越えた2本目の陽線で買いました。即利益確定しました。


「9501 東京電力(5分足)」
1204-7-5-2-3_20130516193201.png

スイングの日足判断なら「マドは空いた方へ向かえ」ですから、このようにマドを空けての寄り付きは成り行きでも、あなたのように上に向かうのを確認してからでもOKだと思います。

しかし、いずれにしても50%、50%の確率のところでしょう。
心理面を考えれば、寄り付きは「買いづらい(不安)」ところがあります。あなたの言うように寄り付きで下げて(1本、2本の陰線、もしくは長い下ヒゲ)のあとの切り返し(陽線)の方が買い安心感があるでしょうね。

このチャートの後場、移動線右肩上がり、価格帯のフシを上抜けした株価位置。
こうしたポイントでのINが買い安心感もあり、勝てる確率80%ということになるのでしょう。

トレンドに乗るを心がける

kazufa2010さん
>本日もトレードお疲れ様です。昨日は師匠にお褒めの言葉を頂き今日も勢いよくトレードしました。前場は5勝2敗でプラス4000円で終わりました。薄利を積み重ね今日の日当分は頂きとテンションあげあげでした。いつもは後場は時間の都合もありあまりトレードできないのですが本日は運よく!?運悪く!?トレードしました。後場寄り付きをみていて東京建物12時35分1本目陰線で始まり2本目一本目の陰線を越えここで取引しました。結果即押し上げられ損切りしました。損切りに関しては良かったと思うのですが5日線10日線は軽く下向き・日足は下げ調子・下支えの価格帯はあまりなしと判断し入ったので入るタイミングはどうなんでしょうか?よくこのパターンで負けてます。昨日に続き質問してすいません。


「8804 東京建物(5分足)」
1204-7-5-2-1.png

これは私も良く失敗するパターンです。終わってから冷静にチャートを見れば分かることなんですが、値動きを眺めているときは結構ハマるパターンですね。

<着目点>
1.悪材料が出たわけでもないのに高値932円から835円まで-10%も下げている株価位置であるということ。(異常な動きは修正される)
2.移動線が下向きから横向きに変わってきているということ。(売り物は出尽くした)

ということを判断の材料に入れておけば、ここは様子見(トレンドの出ていないところで勝負はしない)と言う判断になるのでしょう。

この銘柄は値幅が大きいので、どの位置からでも。。売りでも買いでも。。ある程度の利益を抜くことはできますが、こうしたもみ合い状態の中でINすると上に下にと振られますのでリスクは高くなります。

トレードでの成功は「いかにリスクの少ないところでINするか」にかかっていますので、トレンドが発生したところでチャートの波に乗っていくことを心がけるのがベストだと思います。

形を覚えてタイミングをつかむ

kazufa2010さん
>師匠のおかげで本日デイトレードで3勝1敗の結果がでました。やはり5日線10日線の向かう方向・以前資料に頂いたチャートの変化一覧、そして価格帯別出来高チャートでどのくらいの壁があるかを確かめれば入るタイミングがバッチりということなんですね。もしよろしければ本日僕がトレードした場所を見て頂くことはできますでしょうか?!


「9501 東電(5分足)」
1204-7-5-1-7.png

移動線右肩上がりで。。。
寄り付きでの売り(陰線)をこなしての買い(陽線)。。
陰線の高値抜けを買ったのは絶妙のタイミングだったと思います。

「8515 アイフル(5分足)」
1204-7-5-1-6.png

寄り付きでの利益確定後、もし監視していたのであれば、フシを下に抜けたところは売りのポイントとなります。株価の上に厚い価格帯が売り圧力として存在しているので売り安心感があります。

「3250 ADワークス(5分足)」
1204-7-5-1-8.png

寄り付き後、1本目の陽線の底を抜けた陰線の売りは正解。
踏み上げの陽線が発生したので損切り撤退も大正解でしょう。
その後も監視していたのであれば、寄り付き時の安値を下に抜けた位置も売り仕掛けのポイントとなるでしょう。
移動線が下を向いてる限り売り目線で監視がいいでしょう。

売りの場合、下を向いていた移動線が横に向いて株価が移動線の上に出たら買い転換の方針を切り替えていくということでいいのではないでしょうか。

きょうのトレードはすばらしいタイミングだったと思います。

買い目線でも見てみましょう

あんみつさん
>ケネディックス
>25日線割れで 売りとの判断でいいのでしょうか?


「4321 ケネディクス(日足・3ヶ月)」
1204-7-5-1-4.png

株価は、現在の価格帯でもみ合い大きなフシを形成しています。
チャート形は、上値を切り下げているものの、下値はガッチリキープされ、いわゆる三角持合いのチャート形となっています。

これはマッキーさんが「おにぎり」と言ってる買いのチャート形となります。
すなわち買い方針で、このチャートを見ている人は、現在の価格帯で下げたら仕込む(買う)という行動をとっているのでしょう。その買い支えが下値をキープしていると想定できます。

よって、この株価位置は「どちらに動くか判断できない」ニュートラルの株価位置だと思います。トレンドが発生していないチャートを売るのはリスクを伴うと思います。

価格帯は無視できない

陰線2本目、3本目で。。。昨日が陽線となったチャート。
このチャート三の法則では同じ条件に見えるが。。。

価格帯のフシを越えられるかどうかにポイントがあったのではないか?

「海洋掘削」は昨日の陽線1本目で価格帯のフシをクリアしている。
「地盤ネット」も価格帯の踏ん張り、きょうの寄り付きでマド開け。
明確に価格帯のフシをクリア。

きょう冴えなかった「全国保証」
昨日、陽線1本目だが。。。
価格帯に押し戻されていた。
そしてきょうの寄り付きでも越えられなかった。

これが明暗を分けた。
フシを抜けると株価は大きく動く。

価格帯は、スイングでの売り買いの判断での重要なアイティムとなる。
確認はぜひしておきたいもの。


「1606 海洋掘削(日足・1ヶ月)」
300-1-6-9-3-1.png

「6072 地盤ネット(日足・1ヶ月)」
300-1-6-9-3-2.png

「7164 全国保証(日足・1ヶ月)」
300-1-6-9-3-3.png

買い手の立場で見れば

にこにこさん
>諏訪さんが具体例を豊富に出して下さっているのですが、自分の監視銘柄で確認したく、メールさせていただきました。5401新日鉄住金ですが、6か月の日足チャートで見ると260円あたりの価格帯が機能している様に見えます。260円で押し戻され、陰線が出たのを確認しての空売り仕掛け。あるいは、これからの仕掛けでしたら、陽線1~2本の戻りの後の1本目陰線での空売り仕掛け。その時、260円の壁の下である事を確認。ダメだったらロスカット。こんな感じで良いでしょうか?


「5401 新日鉄住金」 
1204-7-4-9-1.png

「美人もブス、ブスも美人、すべては見方次第」
むかしのカブ友が、こんな格言を言っていました。

売り目線で見るとすべてが売りのチャンスに見え、買い目線で見ているとすべてが買いのチャンスに見えるということだそうです。

売り方針で見れば、あなたの方針通りで良いと思います。
ただ、買いたいという目線で見れば、この250円下の価格帯がサポートとして機能するから「ここは買いのチャンス」と、ここでダブル底をつけて上がっていくと考えられないでしょうか?

私ならということで言えば、ここは陰線5本目ですから、ここは三の法則で「買い」、そしてあなたの注目している260円台は「売り」で注目でいいのではないでしょうか。当然に265円を超えたら「買い」と言うことでしょう。

私が売りで狙うなら。。。
260円台で売ったとしても下値は250円とほとんど利幅がありません。ここでリスクを取るより250円下の価格帯を割り込んでからの方が利幅は大きい魅力がありますので、もう一段下に抜けてから狙っていくと思います。

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾
会員交流掲示板

現在の閲覧者数:
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア

株式初心者ランキング
リンク