FC2ブログ

私の大好きなタイプです

チコリン さん
>5288 Jパイル  このチャートすごくいいと見えるのですが
>いつ買えばいいのでしょうか。

すご~~くいいチャートです。
さっそく明日私も買いたいと思います。

「5288 Jパイル(6ヶ月)」
300-2-5-9-2-6.jpg
下値のフシ910円ラインで陽線連続で底値を固め上に向けて動き始めた形。
910円の底は固いと想像できます。

「5288 Jパイル(6ヶ月)」
300-2-5-9-2-7.jpg
ちょうど6日前に窓を開けての陽線で、下降トレンドから上昇トレンドへのトレンド転換。
その後は下げても陽線、下げても陽線と920円より下に強力な買いの勢力がいることが予測できます。よって買い安心感があります。

いつ買うか??

いまでしょ!!!

といった感じでいいんではないでしょうか?
100株単位なので、1000株を一度に買うのではなく分散して買うのがいいのではないでしょうか。

現物株ポートフォリオ

キャッシュポジ45%⇒80%

ヤバそうな予感を感じて寄りですべてキャッシュに引き上げました。
「三菱商事」「SMS」以外はなんとか利益確定で逃げ切り

また3月の配当取りに向けて少しづつ仕込んでいきたいと。

9/269/30
300-2-5-8-5.jpg300-2-5-9-2-4.jpg



小遣い稼ぎの信用の方は。。。
売りと買いの両建てで。。

300-2-5-9-2-5.jpg

売れば上がる、買えば下がる

いままで何回もオフ会をやってきましたが、今回は特別に有意義なオフ会だったと思います。意見交換する時間がたっぷりあったこともそうですが、ケンタさん、平蔵さんのおかげだと思っています。

誰かがトレードの話の口火を切り、誰かに問いかける。。。ということがないと、なかなかトレードの話で盛り上がることはないのでしょうけど、今回はお二人さんがリードしてトレードの話題で盛り上がりました。

そこで思ったことは。。。みなさん、それぞれ投資に対する考えや手法をしっかり確立していて、、、ここで私が幼稚なことを書くことがいかがなものか??と、、、ちょっとへこみ気味。

それでも何か書かないとブログが続かないので。。。
気を取り直していままでどおりに幼稚な記事を書いていきたいと思います。

どなたが言ったのか記憶にないのですが、今回のオフ会で誰かが「株は、売れば上がる、買えば下がる」ということを悟れば投資手法は簡単に見つかる」と言われました。まさに名言だと思って聞きました。

「売れば上がる、買えば下がる」は、株ブログを読めば必ず出てくるフレーズ。そして誰もがそう感じたことはあるでしょう。そして「買いだと思ったら空売りする、売りだと思ったら買う」というように自分の判断と逆の投資行動を取れば良いというような開き直りのような言葉を吐く。

自分の判断が裏目裏目と出ることに悔しがってるだけでは、何十年トレードをやっていても初心者のままなんでしょうね。なぜそうなるかを考えた人が投資上手になっていくのでしょう。

3ヶ月の日足チャートです。

300-2-5-9-2-1.jpg
こういうチャートを見ると空売りをしたくなる。

300-2-5-9-2-2.jpg
こういうチャートを見ると買いたくなる。

こうした投資行動を起こす人は、、、
「空売りを仕掛けたら踏みあげられた」とか「底値だと買ったらさらに下がった」と言う。
いわゆる「売れば上がる、買えば下がる」と泣き言をいう人でしょう。

トレードとは、買った値段より高く、誰かに売らなければ利益は出ません。
誰かに高く買ってもらうためには、みんなが欲しがる物しか高くは買ってはくれません。
なら。。。答えは簡単です。
値段(株価)が上がっていく物(株価)を買わなければ高く売れない。

こんな簡単なことなのに、、、多くの初心者は何年かかっても気が付かない。

300-2-5-9-2-3.jpg
そしてこんなひと相場終わった銘柄を買おうと狙っている。
こういう誰も買ってくれない物を買おうと狙っているうちは、いつまでたっても初心者の域から脱皮することはできないのではないでしょうか。

祭りが終わったら参加しない

リンゴさん
>諏訪さん、会員の皆さんこんにちは。昨日の私のトレードですが一緒に検証して頂けますか?
>ご指摘をお願いします。やり方が悪いのか、そもそも買いに行くタイミングではないのか・・最後の引けこそ買いに行く場面だったように思います。


デイトレはタイミング次第ですからなんとも言えませんが。。
私なら。。。という意味で書かせていただければ、、、

「4588 オンコリス」
300-2-5-8-6.jpg

寄り付きで大相場を形成しています。
しかもこの銘柄は個人の大口デイトレーダーが手掛ける銘柄でもあります。

つまり大量に売買する個人のデイトレーダーは利益が出たら確定売りに動きます。
前場の急落は利益を取ったデイトレーダーたちの確定売りと推測できます。

としたとき。。。
後場は。。。急落の途中で買いを入れたデイトレーダーたちの強気派(ナンピン買い)と弱気派(損切り)のせめぎ合いの場面と推測します。

売りと買いが激しくせめぎ合う場面、いわゆるもみ合い場面での参戦は、上に振られ、下に振られと、非常に分の悪い勝負になります。

よって。。。私ならこうしたひと相場終わったチャートには手を出しません。
これはスイングでの日足判断でも同じです。

現物株ポートフォリオ

キャッシュポジ30%⇒45%

配当落ち後は配当目的を減らして少し銘柄数を増やしました。
「ツガミ」が配当落ちにも関わらず大きく成長。

新規に3銘柄を組み入れてみました。

「1861 熊谷組」
300-2-5-8-5-1.jpg

「2175 SMS」
300-2-5-8-5-2.jpg

「6375 コンベア」
300-2-5-8-5-3.jpg

9/259/26
300-2-5-8-3.jpg300-2-5-8-5.jpg

現物株ポートフォリオ

キャッシュポジ50%⇒30%

さ~て強気で買い増ししましたが。。
明日の配当落ちでどのくらい下がるのか?

9/199/25
300-2-5-6-1-5.jpg300-2-5-8-3.jpg

買い持ち越しの根拠

「1861 熊谷組」
300-2-5-7-1-6-1.jpg
7日間下値を固めての陽線コマ2本。
底値は固まったと考えての買い持ち越し。

きょうは同根撤退するところでは無かった。
チャートを信じられないと・・・
日経大幅安に惑わされて逃げる。

「6445 蛇の目」
300-2-5-7-1-7-1.jpg
大陽線2本目だから一か八かの勝負持ち越し。
前日比マイナス始まりだから寄りで逃げたのは大正解。

「3857 ラック」
300-2-5-7-1-8-1.jpg
こちらも陽線3本目に賭ける一か八かの勝負持ち越し。
こちらは大きくGUで始まり持ち越し大正解。


トレードを追求していけば。。。
とどのつまりは。。。ツイテたか、ツイテなかったか。。というだけのこと。
トレーダーにできるのは安心感を持って買えたかどうかだけ。

負けたらどうする。。。
負けることも想定して、逃げ道さえ確保しておけばメンタルダメージは負わない。

儲かるか、損するかは。。人間の能力の及ぶところではない。
人間にできるのは、いかにメンタルをコントロールできるかに尽きる


確実に取ることを優先

「逃げ逃げ必勝法」のブログからいただいたメール。

>チャートが読めるのならなんでスイングで儲けないの?

会員さんか、会員以外の人かわかりませんが当然の疑問でしょう。
そこで私の考え方を書いてみます。

私は何十年も株式投資をやってきましたが。。。
むかしは好業績の株を買って持ち続けていれば右肩上がりに上がり続けた。
いわゆる資産株といわれる好業績、高配当の株は値幅変動が少なく、保有し続ければ配当収入だけでも利益になった。

しかし、相場環境はネットトレードが始まって大きく違ってきました。しかもあのリーマンショックの大暴落以降、機関投資家の投資行動も大きく変化してきていると感じています。

それは社会の変化が相場の変動にも大きく影響しているのでしょう。
いわゆる「情報の氾濫」です。

まったく株を知らない人でも情報を読むだけで株の話はできる。
そんな時代になったということでしょう。

そこで何が起きるか?
買い煽りの情報を流すと。。無知な個人は買いに殺到する。
そして買いが溜まったところで大量の株を売り逃げして利益を得る。
プロの個人投資家や機関投資家の手口です。

リーマンショックで大損失を計上し、倒産の危機にまで陥った機関投資家も、あれ以降、短期で利益を上げることを求められるようです。いわゆる「リスク管理」「リスク回避」を重要事項として認知するようになったということでしょう。

むかしは「利益は保有期間の長さに比例する」というのがセオリーだったものが、現代では「利益は保有期間の長さに比例しない」という相場環境に変化してきていると私は思うのです。

大口さんのように自分で相場を動かせない(操作できない)弱小個人は「大きな利益を求めるのではなく、大きな損失を出さない」ことが求められるのではないかと考えるのです。

300-2-5-6-9.jpg
たとえばこのチャート。買い煽りネタで乱高下している銘柄です。
1本目の陽線で買う、翌日高値付近で買う。
しかし大きく窓を開けて寄り付いた後は大幅下落での大陰線。
結果としては「損切り」
しかし翌日は上昇。そしてその翌日はまた下落。

今の相場はこんな値動きが多くなってきています。
情報ネタによって買い集められた個人の資金はすべて大口さんに吸い上げられてひと相場終了するのです。ですが保有する時間軸を短くして、一定の利益を抜くというスタイルなら2回転、3回転である程度の利益を抜くことはできます。

よって私は。。。「目標利益になったら確定」「目標損失になったら損切り」と決めてしまった方が利益は残るのではないかと考えるわけです。

なぜ損をするのか?
答えは簡単です。たった一つです。
利益以上の損をするから。。。

コツコツ貯めれば利益は残る。
だがドボンを食らうからコツコツ貯めた利益が吹っ飛ぶ。
負ける原因は誰でもわかっているのだから、負ける原因を作らなければ良い。
ただそれだけのことではないでしょうか。

ならチャート分析など関係がないではないか?
と考える人もいるでしょう。

子供のころ、明日の天気を予想するのに下駄を投げて裏か表かで予想したことがありました。トレードは「上がるか、下がるか」に賭けるゲームですから、これと同じで下駄を投げて表なら上がる、裏なら下がると、、これを根拠に売買しても50%の確率で当たるでしょう。

それで納得できるのか、、、ということです。
天気の予想をする場合、天気図が分かる人と分からない人でどちらが当たる確率が高いか、、ということですね。

ただそれだけのことです。

広い視野でも見てみましょう

くまさん
>三の法則の銘柄として「5542 新報国製鉄」を監視しています。陽線待ちでしたが金曜日に三本目の陰線が発生しました。10線上で止まっていますが「深押し(3本以上の陰線)は要注意」との言葉もあり、トレンドチェックを判断しましたが、以下の理由により上昇トレンドは崩れたと判断しているのですが、考え方は合っているでしょうか?


三の法則については、あなたの考え方で良いのではないでしょうか?
ここでは投資理論に基づいて判断してみましょう。

まずは日足チャートで判断してみましょう。

「5542 新報国製鉄(日足)」
300-2-5-6-8.jpg

「出来高と株価の上昇は比例する」というテクニカルの大原則(理論)があります。
「出来高が減少するなかでの株価上昇は天井圏にある」
ということになります。

このチャートはこの理論のお手本みたいに「株価と出来高が反比例の関係」にあります。つまりスイングで買うにはリスクが大き過ぎるチャートとなります。

次に中期的な視点で週足チャートを見てみましょう。

「5542 新報国製鉄(週足)」
300-2-5-6-8-1.jpg

上昇第一波は、安値262円から高値800円(+538円)
高値から調整、高値800円から安値472円(-328円)
上昇第二波は、安値472円から高値1035円(+563円)

値幅理論に基づけば、完全に目標を達成したチャートとなります。

スイングでの判断は半値押しの600円~700円まで下がってからが注目のポイントだと判断できます。価格帯のフシもちょうどその辺りが厚い壁となっています。

決断できるかどうかだけ

トレードでのチャート判断など簡単なもの。
なぜ難しく考えるのか??

損をしたくないから!!!!
ただそれだけのこと。

損はしたくないけど大儲けしたい!!!
その気持ちを捨て去らない限りトレードで安定した利益を稼ぐことはできない。

10Kmの道を歩こうとするとき。。。
初心者は10Km先のゴール(成功)ばかりを見ている。
そして目の前の小石につまずいてずっこける。
ゴールどころか1Kmも歩けないで挫折してしまう。

10K先のゴールは目の前の第一歩の積み重ねだということを知るべきである。

株価が1週間先、1ヶ月先に上がっているかどうか?
そんなことばかり考えていたって分かるわけがない。
どんな専門家だって分からない。

そんな将来のことが分かれば、みんな大富豪ばかりになるはず。

明日上がるかどうか?
それは80%の確率で予想できる。
専門家でなくても小学生にでも予想できる。

トレードとは「基準で買って、基準で売る」
ただそれだけのこと。

損したか、儲かったかということは関係ない。
損得勘定をする、損したくない気持ちが強い、もっと欲しい餓鬼に憑りつかれる。
だから「基準でも買えず、基準でも売れない」

300-2-5-6-3-5.jpg

基準線とは「ボックスの底のラインと天井のライン」
基準線とは、買いの基準でもあり、売りの基準でもある。
トレードとは「基準線を上に超えたら買う、基準線を下に抜けたら売る」
何も考えず、損得計算もせず。。。
機械的に淡々とその作業をこなせば利益は後からついてくる。

それを信じて決断できるかどうかだけのことである。
小学生にやらせた方が利益を出せるだろう。

300-2-5-6-3.jpg

300-2-5-6-3-1.jpg

300-2-5-6-3-2.jpg

自分が納得できる方法で

K.Tさん
>今後、どう売買したら良いのか、目の付けどこをご教授ください。
・2201 森永 22日陽線になれば買い
・4004 昭和電工 22日 陽線2本目になれば買い
・あと、昭和電工と同じ目線で6801 東光、 7012 川重、 7013 IHI、 8095 イワキ、 8303 新生BK、8361 大共BK 
>あと、陽線になれば買いなんですが、その、いつ買うんでしょうか(寄り?引け?指値・成り? 初歩的理解力がなくすみません。


「4004 昭和電工」
300-2-5-6-2-1.jpg
最高値接近でのボックス形成。
いままでにも説明しているようにボックスを上にブレイクしたら買い。
下にブレイクしたら損切り。

「6801 東光」
300-2-5-6-2-2.jpg
最高値のフシをブレイクしたら買い。
陽線の底のラインを下に抜けたら損切り。

「8361 大垣BK」
300-2-5-6-2-3.jpg
金曜日にボックスをブレイクしたので買い。
ボックスの底を抜けたら損切り。

これらはほとんど動かない株ですから当然にスイングだと思いますが。。
スイングでの買いなら寄りの成り買いでも指値でも自分が好きな買い方でよろしいのではないでしょうか。

トレードで100%儲ける方法などありません。
どんな方法で買おうが、、儲かるか、損するか、いずれかです。
そこでトレードを繰り返しながら自分の成功体験で、どこで買ったら儲かったかを自分の投資手法として取り入れていくわけです。ですから私の手法が誰にでも通用するわけではないということです。

私がこのブログで説明している方法で儲かった人は「この手法は素晴らしい」と言い、損した人は「こんな手法はダメだ」と言う。それはすべてその人の経験ですから、手法に正しいも間違いもないということです。

トレードが面白いのは正解がないゲームだということです。
正解がないと分かっていながら正解を探し続ける。
だから永遠に続けられるのだと思います。

ですから「どこで買うのか」「どこで売るのか」は、、、
すべて「自分が納得できるところで・・・・」というのが正解だと思います。

メンタルコントロール

>利益確定をすべきかどうか?
という相談メールを2人の人からもらっている。
個人に対してはちょっと書くことをためらうので保留にしているが、ここで一般論として回答しておきます。


専門家の本などを読めば「5%下がったら確定」とか「5日線を割り込んだら確定」と書かれているでしょう。その根拠は。。。

根拠など何もありません。
「基準を決めて決断せよ!」というだけのことです。
これは損切りでも同じです。

それを踏まえて私の回答です。

現在株価から上がるか下がるか。。なんてことは誰にもわかりません。
他人に聞くこと自体が愚かというべきです。
他人に責任を転嫁しようとしてはいけません。自分が決断するのです。

まずチャートを見て。。。
その株を保有していなかった場合、新規に買えるかどうかが判断の基準となるのではないでしょうか?

もっとも重要なのはメンタルコントロールです。
せっかく10万円の含み益があったのに半分の5万円で確定できるか?
含み益をすべて溶かしてとんとんで確定できるか?
それでメンタルダメージを負わないか?
ということですね。

売ったら上がった。。すなわち儲けそこなったということにメンタルダメージを負うのか、含み益を溶かしてしまったことにメンタルダメージを負うのか。。。どちらのダメージが大きいのか。。ということでしょう。

たとえば「大失敗して悟るものです」で記事にしたような場合でもメンタルダメージを負わないか、ぶん投げるような心理状態に陥らないか、、ということですね。

覚悟さえあれば、いかなる状況に陥ってもメンタルはダメージを受けません。
「利を伸ばす」ということは、言い換えれば現在の含み益を賭けて勝負するということですから当然勝負に負ければ今の含み益は無くなるということですね。その覚悟が必要だと言うことでしょう。

メンタルさえポジティブならば資金を失っても新規につぎ込んでトレードは続けられるが、メンタルをやられると資金はあってもトレードを続けられない。

長いトレード人生を考えるとき、いま10万円の利益確定をすべきかどうかなど取るに足らない微々たる悩みだと思いませんか。

現物株ポートフォリオ

キャッシュポジ50%⇒50%

「不動テトラ」⇒損切り&ナンピンで回転
「第一三共」⇒配当狙いでナンピン
「ツガミ」⇒利益確定

9/129/19
300-2-5-4-3.jpg300-2-5-6-1-5.jpg

シミュレーションの結果

<逆張り>が有利か、<順張り>が有利かのシミレーション。
期間中、日経平均株価は、15911円⇒16321円(+2.58%)と暴騰。

上昇トレンドを買う順張り派は、日経平均並みのメリットを享受。
下落トレンドを買う逆張り派は、日経平均が上昇にもかかわらず損失計上。

「上がる株価はさらに上がり、下がる株価はさらに下がる」
テクニカルのセオリーどおりの結果となりました。



<順張り>
「6361 荏原製作所(3ヶ月チャート)」
300-2-5-4-4-2.jpg
                
300-2-5-6-1-2.jpg
9/16終値 642円⇒ 9/19終値 662円(+3.12%)

「4043 トクヤマ(3ヶ月チャート)」
300-2-5-4-4-3.jpg
                
300-2-5-6-1-1.jpg
9/16終値 363円⇒ 9/19終値 369円(+1.65%)


<逆張り>
「1802 大林組(3ヶ月チャート)」
300-2-5-4-4-1.jpg
                
300-2-5-6-1-3.jpg
9/16終値 749円⇒ 9/19終値 733円(-2.14%)

「1820 西松建設(3ヶ月チャート)」
300-2-5-4-4-4.jpg
                
300-2-5-6-1-4.jpg
9/16終値 505円⇒ 9/19終値 490円(-2.97%)

移動線の向きが株価の方向

サチさん
>入会1年目にしてようやく自分の型ができたような気がします。
>先生が繰り返しおっしゃってる「移動線の向きが株価の方向」「株価は右肩上がりの移動線の上」というのがわかっているようでわかっていなかったと今では思います。
>いままでは少しでも安く買おうとして右肩下がりの株ばかり買っていました。「1本目の陽線なのに」と三の法則に自信も持てなくなっていました。
>今までの記事を読み返して自分が間違って理解していたことに気づきました。
>ここのところ東芝機械、ソフトバンク、トヨタで連勝中です。「移動線の向きが株価の方向」「株価は右肩上がりの移動線の上」「三の法則」は最強です(笑)本当にありがとうございました。


長文のメールありがとうございます。喜びの気持ちがひしひしと伝わってきました。
あとはその自分のトレードスタイルを崩さないように利益を上げ続けて下さい。

300-2-5-5-9-2.jpg300-2-5-5-9-3.jpg
いままではこうしたチャートの1本目の陽線を三の法則として買って失敗していたわけですね。
「上がって欲しい」「上がるだろう」という気持ちでこのチャートを見ると上がるような気になる。そして上がると思い込む。しかし結果は下がる。当然ですね。
上がる条件を満たしていないチャートなのです。
上がる条件を満たしていなければ下がるのは当然ということなのです。

「移動線は右肩上がり」かつ「株価は5日線より上にある」
これが上がる条件です。
この条件を満たしたうえでの三の法則(1本目の陽線)です。

サチさんのトレード結果を図示するとこうですね。

「6104 東芝機械」
300-2-5-5-9-1.jpg

「9984 ソフトバンク」
300-2-5-5-9-4.jpg

「7203 トヨタ」
300-2-5-5-9-5.jpg

1本目の陽線で買って1本目の陰線で確定する。
トヨタは売った後でさらに上がっていますが、そのことについて「売らなければ良かった」という感情を抑え込むことが重要です。この感情を引きずるとせっかく確立したトレードパターンを崩してしまうことになります。

買う条件が整ったら買う。
確定の条件になったら確定する。
感情を交えず、淡々と執行していく。
これが安定したトレードにつながっていくと思います。
 

目的を見失わないこと

いわいさん
>こんな相場だからこそ師匠のように1000円抜きが大切だと思います。僕も今1000円抜きの修行の旅に出ております。しかしなかなかうまくいきませんね。1000円抜きのときに特に今までのチャート判断であったり何か師匠が気をつけていることがあればご教授ください。師匠のように絶対相場の世界で生き延びたです。


1000円抜きはあくまでもトレードの訓練です。
永遠に1000円抜きで続けようと考えるのは間違いです。
たとえば。。。こんなたとえが良いか悪いかわかりませんが。。。
自分に合った職が見つからないからバイトで食いつなぐという人はたくさんいるでしょう。しかし目的は正規の社員で働くことです。つまり本来の目的を見失ってバイトで一生を終えようというのは、ちょっと間違いではないのかなと思います。

1000円や2000円を抜くだけなら日足チャートのトレンド判断も何も関係ありません。陰線であろうが陽線であろうが、その日の値動きの中で1000円や2000円は抜いていけます。しかしそれだけでは、、それ以上はありません。

バイトの時給800円で満足していては永遠に時給800円の人生しか送れないということです。バイトで働いてはいても、その仕事を通じて店長を目指すとか、転職して正社員を目指すとか、それが自分を向上させていくことになるのでしょう。

ならば決められた時間を決められたことだけやって時給800円もらって「きょうも終わった」と満足するのではなく、店長を目指す目的をもっているのであれば、店長がどんな仕事をやっているのか、商品管理はどうすれば良いのか、レイアウトはどうしたら良いのか、、、などなど、、、店長としての視点で店の経営を観察することが重要になってくるのでしょう。

トレードもこれと同じです。
まず日足チャートで上に行くのか下に行くのかの判断をする。
そしてスイング目線で上と判断したら買い。1000円、2000円で確定。
スイングで買いと判断しているわけですから確定した後もタイミングを見計らって買い。
というように同じ銘柄の売買を繰り返すことがスイングの訓練になります。

つまりスイングはデイトレの延長ですから日足チャートの判断さえできれば同じ銘柄で何度もデイトレをすれば良いわけです。こうして訓練をすることでスイングもできるようになるわけです。

私のトレードを見てもらえばわかるようにいつも同じ銘柄です。
同じ銘柄を何日も何日もトレードしています。
つまりスイングで上がると判断したらデイトレで何日も何日も買いで利益を抜く。
スイングで下がると判断したらデイトレで何日も何日も売りで利益を抜く。

これが私のトレードです。

1000円や2000円を抜きながらも目的は大きな利益をも抜けることを目指す。言い換えれば、バイトをしながらでも経営者としてもやっていける視点で物事を見ている。。という姿勢が大切ではないかと思います。

そうした姿勢でバイトの仕事をしていれば、突然「明日から店長をやってくれ」と言われても、すぐに店長としてやっていけるということになりますね。現実にそんなことは有り得ませんけど、そういう理想をもった姿勢は重要だと思うのですがどうでしょう。

大失敗して悟るものです

匿名さん
>ついに死にました。ぶん投げです。
>損失額よりも完全に心が折れました。
>1回目のナンピン買いの成功に味を占めて2回目のナンピン勝負が悪かった。
>一時は投資額の2倍弱の含み益+160万まであったのに、あと40万、含み益が200万になったら利確しようと考えたのが地獄への道。

<みなさんの参考になるので了承を得て掲載しました>

「3782 DDS(日足)」
300-2-5-5-8.jpg

何が悪かったのか?
どうすれば良かったのか?

あえて私の考えは書きません。
こういうトレードをして。。。痛い思いをして。。。
トレードに対する考え方が固まってくるものでしょう。

ベテランの誰でもが通ってきた道です。

トレンドラインを引いてみれば

mama さん
>サイバダインですが、上値が切り下がって来てさらに今日3200円を割ったので、下降トレンドに入ったのですかね。 だとしたら、今日の陽線では買ってはいけない事になりますね。


「7779 サイバーダイン」
300-2-5-4-8-4.jpg
トレンドラインを引いてみると一目瞭然なのですが、きれいな下降トレンドですね。
ローソク足の実体部分の底のライン(3300円)で下げ止まっていた株価も昨日の陰線で下に抜けました。

ただギリギリのライン3200円で踏みとどまっての十字線ですから
明日処分するのであれば買いは有りだと思います。

中期スイングであれば、下降トレンドラインを上にブレイク&短期移動線上向き、株価は移動線の上という形になってからだと思います。

売りで持ち越し

もう下がるしかない。。
と見えるのですが。。。。どうでしょう??


「7242 カヤバ(1ヶ月チャート)」
300-2-5-4-8-1.jpg

「6501 日立(1ヶ月チャート)」
300-2-5-4-8-2.jpg

「5269 コンクリート(1ヶ月チャート)」
300-2-5-4-8-3.jpg

さてどうなる??

今日の終値で買って金曜日の引けで売った場合利益は出るのか?
シミレーションです。

<順張り>

「6361 荏原製作所(3ヶ月チャート)」
300-2-5-4-4-2.jpg
上値のフシで、売りに押されて連続陰線でボックスを形成していたが、ついにボックスブレイクしての陽線。ここは買いの判断だが・・・

9/16終値 642円⇒ 9/19終値 ???円

「4043 トクヤマ(3ヶ月チャート)」
300-2-5-4-4-3.jpg
ボックスブレイク後も連続陽線で高値のフシで足踏み中。高値のフシをブレイクできれば・・・

9/16終値 363円⇒ 9/19終値 ???円


<逆張り>

「1802 大林組(3ヶ月チャート)」
300-2-5-4-4-1.jpg
下げ続けてきた株価もついに下値のフシに到達。
下値のフシで毛抜き底を形成。反発狙いで買ってみるところか・・・

9/16終値 749円⇒ 9/19終値 ???円

「1820 西松建設(3ヶ月チャート)」
300-2-5-4-4-4.jpg
下値のフシ&心理的な節目500円ラインをキープ。反発狙いで買ってみるところか・・・

9/16終値 505円⇒ 9/19終値 ???円

板読み

いわいさん
>気になることが一つ気配値についてです。
>それで質問なのですが板読みはどのようにすればよいですか?少しでも負けることのリスクが減らせればと板読みに興味がわきました。どうかご教授頂けませんでしょうか?

私にはちょっと板読みは分かりませんので、、、
このサイトを紹介します。

「株デイトレで稼ぐ!激レア板読み手法公開ブログ」

すべて読んだわけじゃあありませんが、板の読み方について解説しているようです。

心理学の応用トレード(4)

人は、目に見えるもの、耳に聞こえるものを、そのままの形で認知しているわけではなく、その人の心の欲求によって、見たものや聞こえたものが変容して認知されるという。

「人の知覚は、内部的な欲求にしたがって、変容、選択される」

人は無意識に、自分の都合の悪いことを認知しまいとする心理、都合の良いものだけを認知しようとする心理が働く傾向にあるそうである。

たとえば、パチンコで継続的に儲け続けている人はほとんどいない。
だが損しても損してもパチンコを続けている人は多い。
なぜ損し続けても続けられるのか?

それはこの心理が働くためと言えよう。
すなわち無意識のうちに、損したという嫌な記憶を封印してしまい、パチンコで儲けたという記憶のみが意識の中に残っているため。すなわち損したと言う記憶はごくごく小さなもので、儲けたと言う記憶の心理が大きく作用しているから「損しても次は儲けられる」と考えるからと言えよう。

アメリカでこんな実験をしたそうである。
貧困家庭の子供と富裕層の家庭の子供に、いろいろな額の貨幣を見せて隠し、その見た貨幣の大きさを絵に描かせた。すると貧困家庭の子供ほど、実際の貨幣の大きさより大きく感じ、また高額貨幣ほど大きく認識する傾向が見られたと言う。つまり貨幣に対する欲求心理が反映されたということになろう。

この心理の働きをトレードに当てはめれば。。。
持ち株が、あきらかに下がっていくチャートの株価であっても「もうそろそろ上がっていく」と考えて損切りできないという人は多いのであろう。

つまりこれは「上がって欲しい」という欲求が、あきらかに右肩下がりのチャートを見ても「上がるように見える」という人の心理の働きと言えよう。株を保有していてチャートを見るのと、保有していないでチャートを見るのでは、同じチャートを見ていても、まったく別のものに見えるということであろう。

トレードでは、この心理を排除して客観的、第三者的視覚でチャートを判断することが重要なのは言うまでもない。よって客観的、第三者的視覚でチャートを判断するために、チャートにトレンドラインを引き、サポートラインを引いて、判断をする基準を明確にすることが重要となってくるのであろう。

気が付いたときは手遅れ

「8136 サンリオ(1ヶ月チャート)」
300-2-5-4-3-4.jpg

木曜日のボックスブレイクの陽線。
絶好の買いタイミングでした。

株でなぜ儲けられないのか?
こうした80%以上の確率で儲けられるところで買わないから。。

とは分かっているが、木曜日の時点でこのチャートを探すことはできない。
監視銘柄として監視していない限り、ここで買うことはできない。

そして上昇率ランキングに顔を出して初めて注目する。
リスクの高いとこでしか見つけられない。

だから大きく儲けられない。
この株を監視していて木曜日に乗れるかどうか?
すべては運としかいいようがないのではないか。

底値を踏み固めてブレイクしたポイント
このチャート形は買いのパターンとして記憶に残しておきたいものです。


「7779 サイバーダイン(3ヶ月チャート)」
300-2-5-4-3-4-1.jpg
いま注目しているのがサイバーダイン。
3200円のラインでの攻防戦。
出来高は極端に少なくなってきている三角持ち合い。

下に抜ければいっきに下へ。
上に抜ければいっきに上へ。

さてどっちに動く。

トレンドに沿って動く

昨日爆上げしたゲーム関連。
2本目の陽線も達成できずに下落。
昨日の上げは、いわゆるダマシ上げに終わった感がします。

「株価はトレンドラインに沿って流れていく」
こういうダマシ上げにひっかからないように気を付けたいものです。


「3656 KLab(1ヶ月チャート)」
300-2-5-4-3-1.jpg

「3668 コロプラ(1ヶ月チャート)」
300-2-5-4-3-2.jpg

「2138 クルーズ(1ヶ月チャート)」
300-2-5-4-3-3.jpg

現物株ポートフォリオ

キャッシュポジ40%⇒50%

「日経レバ」を利食ってキャッシュポジを高めにとりました。
日経平均は上がっていくのに値下がり銘柄数が多いという不自然さ。

不気味です。

動きの鈍い「日鍛造」を損切して「三菱商事」と入れ替え。

9/109/12
300-2-5-3-3.jpg300-2-5-4-3.jpg

チャートトレンド重視です

ruriさん
>配当ねらいでお持ちになっていらっしゃるとのこと 私の場合配当をもらっても配当落ちで配当以上に下げてしまいなかなか回復せずマイナスで売ってしまうという体験が多いのですが 配当ねらいはお得なのでしょうか?


理論的には、配当落ちは配当分だけ株価が下がるわけですから±ゼロということで株価には中立です。ですから損か得かとう話にはなりません。

ただ、新興株や出来高の少ない小型株は、個人がメインで高配当や優待目的で売買してますから、配当を取ると売ってしまう傾向があります。そして出来高も少ないですから少し売られるだけで大きく下がります。よって配当分以上の損失になる場合も多いと思います。

私の場合、配当狙いは東証一部の大型株がメインです。
東証一部の大型株は個人の売買で値が動くことはありませんし、機関投資家は配当をもらったから売ると言うような売買行動は起こしません。

あくまでチャートのトレンドにしたがって動きますので、配当落ちの有無にかかわらずチャートのトレンドにしたがって売買の判断をしていきます。

フシとローソク足で判断

>klabを2090で持ったまま本日処分しました。(泣)
>先生が言われていたことと反対のことをして、自業自得ですね。
>再起に向けてがんばります。

今後の参考にということで取り上げさせていただきました。

「3656 KLab(3ヶ月チャート)」
300-2-5-3-9.jpg

結果論でいえば「あんたが投げたそこが底」ということになりました。

3ヶ月チャートで判断したとき、前の高値を抜けなかったことで下がることは予想できます。そしてどこまで下がるかの目安は下値サポートライン(フシ)の1500円ラインです。

「3656 KLab(1ヶ月チャート)」
300-2-5-3-9-1.jpg

1ヶ月チャートで保有するか、損切りするかの判断をします。
いったん2000円のラインを割り込んで翌日に大陽線で反発しました。

2000円というキリの良い価格帯はフシとなります。
つまりこの場面での注目は「2000円というフシをキープできるかできないか」という点にあります。

大陽線で2000円ラインを突破したものの翌日は再び2000円割れ。
このフシをキープできなかったことで株価は下に向かう確率が非常に高くなります。

ここから下がると予想した場合、どこまで下がるかが注目ポイントですが、3ヶ月チャートで示したように底は1500円と予測できます。

であれば。。。
作戦は二通りですね。
リスクを取るのであれば1500円まで下がるのを待ってナンピン買い増しするか、、
リスクを取りたくないのであれば2000円を割り込んだとき、いったん損切して1500円前後まで下がってくるのを待つという作戦です。

株価は冷静に、かつ客観的にチャートを見れば「どこで買い、どこで売るか」は分かるものです。
「買うべき時に買う、売るべき時は売る」
という考え方は重要だと思います。

心理学の応用トレード(3)

パチンコにハマった経験のある人は多いであろう。

パチンコ台はときどきしか球が入らないように調整されている。
要するに、お客はトータルで損をするようにできている。

それなのにパチンコファンが減ることは無い。
人は、負ければ負けるほど熱くなり夢中になる。

ある心理学研究者がパチンコ店で実験をしたそうである。
10回中8回、お客に儲けさせる台
10回中5回、お客に儲けさせる台
10回中2回、お客に儲けさせる台
当然、お客に儲けさせる金額は当たり回数が少ないほど多くなる。

結果は、お客が損をしない10回中8回当たる台より、お客が損をする10回中2回しか当たらない台の方が人気だったという。

「ある行為に対して報酬が与えられるとき、その与えられる回数が少ないほど、その行為は長続きする」

テレビコマーシャルで「無料、無料」と宣伝して有料サイトへ誘導するゲームソフト会社があった。
つまりゲームもこの心理が働くゆえに人気が衰えないと言えるのだろう。

無料ゲームでは簡単にクリアしてしまう。
つまり簡単にクリアできるゲームでは、人はそのゲームをすると言う行為を継続できないということであり、簡単にクリアできない有料ゲームに誘い込まれていくということになるのであろう。

人の心理は負ければ負けるほど、夢中になり止められなくなるということ。
トレードも同じことが言えるのではないだろうか。

私の株の師匠は3年~5年のスパンで判断して大底で買う。
たとえば最近ではリーマンショックの大暴落、東北大震災の大暴落、この2回しか株は買っていない。当然、人生66年の人生で、株で損をしたことがないと言う。アベノミクスの大暴投ですべて売り抜けて、いまは株なんか興味もなく気にもしていないという。

つまり私の株の師匠のように株は儲かって当たり前と言う人には、どうしたら儲かるのかという方法を知っているので、トレードなんか面白くもなく興味もないということでしょうか。

トレードに夢中になっている人ほど株で損をしている。
損をするから夢中になる。
人の心理の働きにしたがって行動しているということでしょう。

相場は修羅の世界。
いったん修羅の道に踏み込んだ人たちは逃げだすことはできない。
退場しても、退場しても、また舞い戻ってくる。

それが人の心理の働きだからいったん修羅の道に足を踏み入れた人の意志ではどうにもならない。

このことを踏まえて、、、、
大儲けする事より、生き残ることを考えるべきだと思う。

現物株ポートフォリオ

キャッシュポジ60%⇒40%

9月の配当狙いが目的。

8/299/10
300-2-3-9-8.png300-2-5-3-3.jpg

心理学の応用トレード(2)

部下にやる気を起こさせる心理学の応用。

月10台しか売れない車のセールス社員に「目標は月30台、必ず達成せよ」とはっぱをかけても、言われたセールス社員は「そんなもの達成できるはずない」とやる気をなくす。

だが。。。
「1日の販売目標1台、きょうもがんばって来い」と言わると達成できそうな気がする。
がんばろうと張り切って出かけられる。

「目標に至る心理的距離が近ければ近いほど、目標は達成されやすい」

「月30台売れ」と大きな目標を言われても。。。
一日1台売っても。。「まだ目標までまだ29台もある」とネガティブな気分になる。
せっかく1台売れたのに翌日もネガティブな気分でセールスに回ることになる。

だが、1日1台という達成可能な目標を言われれば。。。
1台売ったことで「やったぁ~、きょうは目標達成」「明日もがんばろう」ということになる。
1日1台売れば月25台。
こうして心理的に達成可能な目標を掲げることで社員にやる気を起こさせ売り上げも伸びるということになる。

未来工業という会社は、こうした人間の心理を利用して業績を伸ばしているとテレビで紹介されていました。

トレードでも「元金を10倍にする」とか「1億を目指す」とかの目標をよく見かけますが、そんな夢のような目標を掲げても達成できないからネガティブになるだけでしょう。

まず目標達成までの期間を設定する。
それは短ければ短い方が良い。目標達成の実感がすぐに味わえるから。
そして達成可能な目標額を設定する。

私の場合は。。。5分で3000円。1日で5000円。。
というのが目標額。

毎日目標を達成できるから、いつもポジティブな気分でトレードに臨める。
トレードが毎日楽しい。
利益も積みあがっていく。

ということですね。

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾
会員交流掲示板

現在の閲覧者数:
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア

株式初心者ランキング
リンク