FC2ブログ

音成さん
>ブログのチャートの単純移動平均線の設定値を教えてもらえないでしょうか?
>あと銘柄によって数値を変えていらっしゃいますか?

keikoさん
>複数の移動線の解説は目からうろこでした。が、自分で設定してみたのですが、先生の様な6本の移動線になりません。SBI証券のハイパーSBIで何日の移動線の設定にすればよいのか教えていただけますでしょうか?


移動線の設定は、5、10,15,20,25,30で設定しています。
すべての銘柄で同じ設定です。
また3分足、5分足など日中足でも同じ設定です。

この設定に意味はありません。
価格帯と同じで抵抗帯として分かりやすい判断材料(基準)になると考えています。

サインに対する確信を持つ

赤夏さん
>また質問ですがサインが発生したローソク足が大陰線大陽線になると入りにくいのですがお考えをお聞かせください


ローソク足の組み合わせサインや三の法則のサインについて、確信を持つことが重要なのではないでしょうか?
たくさんの過去チャートを見て、サインが出た次の日はどうなったかを検証してみることが重要なことだと思います。

サインが出たら100%勝てるという方法などはないというのが現実です。
それを前提にして、確率的に勝つ方が多いか、負ける方が多いかということですね。

たくさんの事例を検証して勝てる確率が高いという結果を得れば「こうすれば勝てる」という自信につながるでしょう。

>大陰線大陽線になると入りにくいのですが・・

コンピュータに自動売買させるシステムトレードさせるならばサインが出たら必ず買います。つまりコンピュータには感情がないからどんな状況でも買いのサイン(指示)が出れば買う、売りのサイン(指示)が出れば売るという作業を繰り返すだけです。

「入りにくい」という気持ちは、いわゆる損得勘定をして「損をするのではないか」という感情の揺らぎだけのことで、上がるか下がるかという結果とは何の関係もありません。

つまり損得勘定の面では、買いにくいとか売りにくいという感情は全く無関係。
ですがメンタル面で言えば、買いにくいと思うものを買って損をするとダメージを受けるのは間違いないでしょう。

ここからが重要だと思うのですが、トレードでお金を損してもすぐに取り返すことができますが、メンタルの損失(ダメージ)は、なかなか取り返すことはできません。よって、トレードで重要視しなければならないのは、損した、儲かった、ということより、いかにメンタルダメージを受けないかに配慮することだと考えています。

個人トレーダーの場合は、毎日いかなる場合もトレードしなければならない理由などないし、また買いにくい株を買わなくても、株はほかにも数多くあるわけですから自信を持って買える株を探せば良い。。。ということではないでしょうか。

継続して追いかける

赤夏さん
>本日のエーザイ空売りですがエントリーの根拠がよくわかりません私なりに考えたのですがツートップ。価格帯なのでしょうかもしそうであるならば真吾さんがつねずねおっしゃてる銘柄を絞る、癖をつかむにつながるのでしょうかお考えよろしくおねがいします。


私の場合、10年以上前から100銘柄ほど(90%以上は東証一部)を登録しています。
つまり登録の100銘柄は10年以上監視して追いかけているということになります。

今日の場合は、日経平均が急落していました。
日経レバがメインですので、日経急落は日経レバを監視していれば感じます。

日経平均が急落なら当然東証一部銘柄をカラ売りするのが勝てる確率は高くなります。
そこでどの銘柄を売ろうということになり、登録している銘柄の日足チャートをチェック。

そこで目についたのが「エーザイ」でした。

「4523 エーザイ(3分足)」
300-4-1-5-3-3.jpg

こうして3分足チャートを見ると移動線が束になって株価が下に抜けた前場の終わり付近が売りのポイントでしたが、私が見たのが売ったポイントになります。

>銘柄を絞る、癖をつかむにつながるのでしょうか。

まず銘柄によって相性というものがあります。
何度挑戦しても必ず負けるという相性の悪い銘柄というのが存在します。

銘柄によってクセの悪い動きをする銘柄と素直に動く銘柄というものもあります。

こういう銘柄のクセは、感覚的なものですから同じ銘柄を長期間にわたって監視しつづけないと分からないと思います。

簡単デイトレ法

<簡単に判断できるデイトレ法>

「6176 ブランジスタ(日足)」
300-4-1-5-2-2.jpg
まず日足チャートで明日のデイトレ銘柄を選択。
三連続陰線(三の法則=人の心理は三日で変化する)
四本目は陽線(上がる)になる確率が高いと予想する。

「6176 ブランジスタ(3分足)」
300-4-1-5-2-1.jpg
寄り付きは下げて、、、移動線の束を上に抜けてきた⇒買い
陰線の出てきたところで一回転。
移動線の束に沿って上がっていくのを確認して買い。 
上ひげ&陰線で二回転。


「3692 FFRI(日足)」
300-4-1-5-2-4.jpg
大陰線の翌日は陽線のコマ。
翌日プラス始まりなら買い方針で注目。

「3692 FFRI(3分足)」
300-4-1-5-2-3.jpg
上がりも下がりもせずに三角持ち合い。
上昇してくる移動線の束に沿って三角持ち合い放れ⇒買い。
陽線を打ち消す陰線発生で売り。


「4667 アイサン(日足)」
300-4-1-5-2-5.jpg
これも「FFRI」と同じチャートで同じ判断。

「4667 アイサン(3分足)」
300-4-1-5-2-6.jpg
高く始まっての急落⇒様子見。
やがて移動線が一本の束に収束。
買い、陰線で損切り。。。損切り額は小さく。
さらに移動線が一本に寄り合わさって前場終了。
後場の寄り付きは移動線の束を窓を開けて上昇。
成りで買い。
前の高値のラインを利益確定ラインとして売り。


デイトレーダーがイナゴ

kan さん
>イナゴトレードって何ですか?


株式掲示板や投資顧問の推奨銘柄、上昇ランキング上位の銘柄など、大金を手にしようと話題性のある注目銘柄にイナゴのように群がってデイトレードや超短期スイングをするデイトレーダーを言う。

メリットは、短期で大金を得られること。(ボラが大きい)
デメリットは、逃げ遅れたときの損失が大きいこと。

むらやんさんや、ヤーマンさんなどは、イナゴトレードで成功を収めている億トレーダーの代表格。
だが一方で数億円の資金をすべて失って消えていったトレーダーも数知れない。

イナゴトレードは、完全なるマネーゲーム(ギャンブル)であるということ。

初心者は、イナゴトレード(ギャンブル)が通常のトレードだと勘違いしている点が、トレードで結果を出せない最大の原因であると私は考えている。

初心者は、なぜイナゴトレード(ギャンブル)を通常のトレードだと勘違いしているのか?
それはギャンブルに魅せられてトレードを始めたから。。。
ビギナーズラックとよく聞くが、、、、
素人がギャンブルに手を出して最初に大負けを食らえばトレードなんかやらない。
ギャンブルで最初に大儲けしたから、、、負けても負けても、大儲けしたときの快感を忘れられずに続ける。ギャンブルの魔力に魅せられた結果ということになる。

初心者は。。まずそこのところを理解するべきです。

むらやんさんやヤーマンさんのトレード記録を見ればわかるように、彼らはチャートなんか無視で、億に近い大金を投じて自分で相場を作り上げる。株価が上がるのを見た初心者トレーダーは、まるでイナゴのように群がり始める。イナゴがたくさん群がってきたところで売りぬける。これがイナゴトレードです。

毎日のように14:00ぐらいから14:30ぐらいに決まったようにナイアガラが起きる。
なぜナイアガラが起きるのか??
という事象を不思議に思う初心者は多いと思うが、ナイアガラが起きるのは当然であるということ。
つまり大口のデイトレーダーが、その日の清算(売り決済)をするから。。

バイオ関連の新興銘柄を「夢があり、将来性がある」などと保有し続けること。
情報セキュリティー関連の新興銘柄を「欠かせない技術であり、将来性がある」などと保有し続けること。
含み損を抱えこんで、自分にこうした言い訳をしていると取り返しがつかなくなることだけは気を付けたいものである。

イナゴトレードは、すべてを食べつくして。。。
すなわち初心者のイナゴが集まらなくなったら次の獲物に移動してしまう。
大口のイナゴは将来性とか夢とかを買っているわけではないのだから。。。
無知な初心者の資金を吸い上げることだけがイナゴトレードの目的だから。。。


自分はギャンブルトレードをやっているのだ。
美味しそうなものに群がるイナゴなのだ。。
だと・・・

自覚してトレードしているのと、そうでないのとでは、トレードに対する考え方も変わるのではないだろうか。

逆張り投資は気長に

赤夏さん
>2010.3月に75日線の解説を目にしたまたま本日真吾さんの監視銘柄日コンクリを私も監視しておりましたところ本日GU様子見で200株買いましたチャートを見ると上に75日線の下になっていますまだ早いのかと思い価格帯の下で損切りを入れました真吾さんのお見立てお願いします。


「5269 日本コンクリート」
300-4-1-4-9.jpg

パイル業界はくい打ち偽装問題で売り込まれました。
この銘柄も同様です。

チャートでは1ヶ月程度、底でボックスを形成して下げ止まったような形となってきました。
きょうの大陽線は買いが入ったことを表しており、底を打ったのではないかと見えます。

ただ株価の上に75日線と雲が下りてきていますので、このまま急上昇とはいかないような気がします。
しかしファンダメンタル面でいえば、、、

300-4-1-4-9-4.jpg

PBRは0.6倍と割安で、しかも有配、PERも17倍と割安感が出てきています。
このあたりでくい打ち偽装問題を織り込んだとすれば、中長期的には投資妙味があると思います。

作戦としては、少額で買える銘柄ですからボックス中団~下限付近でナンピン買い増しでじっくり値上がりを待つという投資方針でいかがでしょう。(直近安値326円を下に抜けたら強制損切り)

逆張り投資は、どうしても戻り売りの売り圧力が強いので投資期間を長くとる必要があります。これが新興株や仕手株なら、あまりお勧めしませんが、優良企業でかつ有配銘柄ですから中長期的には投資妙味があると考えます。

景気対策(公共工事、オリンピックなど)の恩恵を受ける企業であり、業績も悪い方向へは向かないと思うのですがどうでしょう。

トレンドラインと5日線重視

赤夏さん
>質問ですが価格帯に移動平均を入れるとずれるのですがどちらを優先するのでしょうかあと一点真吾さんわ銘柄を選ぶとき最初になにを見ますかまた順序など御指導くださればありがたいです。


価格帯チャートに移動線や雲を表示すると大きくずれる銘柄があります。
価格帯はあくまでも目安として見ています。

>銘柄を選ぶとき最初になにを見ますか

まずは3ヶ月チャートで株価の流れを見ます。
300-4-1-4-5-8-1.jpg
安値を踏み固めて天井を上にブレイクしたチャート。
前の高値(B)が天井ですから、そこを上値余地と考え(A)で買えなければ深追いはしません。

300-4-1-4-5-8.jpg
下降トレンドラインをブレイクしたトレンド転換したチャート。
(B)のようなボックストレンドに入ったら手を出しません。

300-4-1-4-5-8-3.jpg
下の方に作ったボックスを上にブレイクしたチャート。

こうして現在の株価の位置がどこにあるのかを見て。。
次は買いのタイミングは1ヶ月チャートの日足で判断します。

300-4-1-4-5-8-5.jpg

300-4-1-4-5-8-6.jpg

5日移動線が右肩上がり、前日の陰線の高値のライン(フシ)を上にブレイクした陽線(ローソク足の買いサインや三の法則)。


長くやってきて思うことですが。。。
トレーダー一人一人にそれぞれ得意のパターンがあるように思います。

たとえれば女性の好みのようなもので「私はこの娘が好きだ」と思っみても、みんながそうは思わないということと同じ。つまりはそれぞれ感性が違うからだと私は思います。

あとは経験則で、いままで「こういうチャートパターンで勝った」という記憶が残れば、そのチャートパターンが得意のパターンになっていくのではないかと思います。

必勝パターンを身に付けることで勝率は上がっていくものと思います。


空売りの根拠

マッキーさん
>今日は、空売りするぞっ! の ご判断の根拠は、何だったのでしょうか?
宜しかったら、11日のN.K.のチャートから、まず最初にお教え頂けないでしょうか?
私、売りでは、失敗する事が、多いので~~~
> 空売りの判断で、まず、重要視なさるのは、何なのでしょうか?


今回の空売りは非常に簡単でした。

日経レバの日足チャートです。
300-4-1-4-3.jpg
5日線と10日線が急角度で下がっています。
つまり上から下へ強い加速度がついていますから、、、物理の問題ですね。
上から転がしたボールの速度は角度に比例する。。。でしょうか。

普通に考えれば下がるしかない。。ということです。
下がるしかない株価がいったん止まったのですから絶好の売り場面です。

作戦としては金曜日(陽線)の引けで売り建てて、月曜日も陽線なら追加で売り乗せとなります。
10日線を越えてくると5日線は上を向きますので、そうなったら損切りとなります。

日経平均が下がれば、当然東証1部の一流企業の株価も連動します。
ですから東証1部の下降トレンドの銘柄も売りの対象となります。

次のチャートはチャイナショックの暴落時の「日経レバ」のチャートです。
300-4-1-4-3-1.jpg
リバウンドしたところを売り、踏みあげられた翌日に売り乗せで空売り作戦大成功ですね。
このような急角度の10日線は少々の反発があっても上には向きません。

10日線が上を向くまではカラ売り目線の方が成功の確率は高いと思います。
よって、そういうチャートの銘柄は、みんなが空売りで狙っているわけですから買うという判断はないわけです。

個別は値幅稼ぎで

エグチさん
>少しづつですが成果がでている事に感謝しています。現在は陰線では持ち越さない事をこころがけています。
そこで1つ疑問なのですが、諏訪様は個別銘柄では早めに損切または陰線がでたら利確し、あまり持ち越しされていないのですが日経レバに関しては陰線でも持ち越し更にナンピンもされているわけですが、日経レバと個別銘柄ではチャートの法則の考えが違うのでしょうか?また個別でもチャート次第ではナンピン買い下がりをすることもあるのでしょうか?


>現在は陰線では持ち越さない事をこころがけています。
人間の心理として「損切り額は少しでも少なくしたい」と思うのが人情。
だから決断できずに「明日まで様子を見よう」と先送りする。
これが生身の人間の心理です。

つまり利益確定にしても、損切りにしても、何か決断すべき指標(サイン)がないと、ずるずると先延ばしににしてしまうものです。その結果は、当然良い場合もあり、悪い場合もあるわけですが、そういう決断しない神頼み的なトレードではトータル的にマイナスになってしまう。つまり大きな含み損を抱え込んでしまうことになってしまうわけです。

トレードに「陰線は確定する」という規制(縛り)をかけてしまうことで、迷いはなくなり、ストレスから解放されるというメリットがあるのではないでしょうか。

私の経験則では、陰線が出たらいったん切っておいた方が確率的に正解だったと思います。

>日経レバと個別銘柄ではチャートの法則の考えが違うのでしょうか?
日経レバは資金運用(中期スイング)の考え方、個別銘柄は短期の値幅取りの考え方でやっています。
ですから日経レバは下がったら買い下がりという逆張り手法を、個別株は短期で利益を出さなければならないので上がっていく株を追いかける手法を使っています。

順張りと逆張りのどちらが良いかという考え方ですが、資金力の問題だと思います。
逆張りの場合、ナンピン買い下がりですから資金が尽きたら終わってしまいます。さらにメンタル的に不安に襲われたら終わってしまいます。

順張りの場合は、人気化した株を狙うわけですから超短期で値幅が取れます。よって資金の回転が効きますので少ない資金で効率的に値幅を稼ぐことができます。よって、資金を短期で回転させることに意味があるわけですから、買ったら売るというサイクルを重視すべきだと思います。(売るの中には、利益確定も損切りも含めてです)

日経レバの投資手法については、前に日経レバの買い下がり作戦という記事を書いたことがあります。

>個別でもチャート次第ではナンピン買い下がりをすることもあるのでしょうか?
過去十年間の株価の推移を見てみましょう。
あの優良大企業だった「シャープ」の株価。
10年前の高値が2445円、それが現在は1/20の130円です。
これをナンピン買い下がりしていたらどうなったでしょう。

それならトヨタや武田薬品ならどうかということですが、こうした高額な株価を買い下がる資金力があるかどうかという問題があります。なら200円、300円の低位株ならどうかとなりますが、低位株が下がり始めたら倒産という危険性が非常に高いという問題がありますね。

つまり個別株をナンピン買い下がりする考え方は、すべてを失うというリスクを背負うことになるのではないでしょうか。

日経レバはどうか?
日経レバは日経平均株価と連動しますので過去10年間の日経平均株価の推移を見ましょう。
10年前の高値が18207円、そして現在が19000円です。
あのリーマンショックでも18000円が7000円と1/3にはならなかった。

これが私が日経レバを買い下がり手法とする根拠となっています。

カタオカさん
>質問ですが8日の資生堂他2銘柄指し値をされたとのことですが損切設定のお考えを教えてください愚問とわ思いますがよろしくお願いします。


前日のローソク足の高値と安値がフシになりますので、空売りの指値をする場合、弱気なら前日の高値ラインで売り指値を、強気なら安値ラインで売り指値を入れます。

私の場合、弱気ですから高値ラインで売り指値を入れることが多い。
そして12/8は、下のチャート図のように見事にその作戦が決まりました。

「4911 資生堂」
300-4-1-3-1.jpg

「4530 久光製薬」
300-4-1-3-2.jpg

そこで質問の損切り設定ですが。。。
私の場合は、約定したらその日のうちに確定してしまうので逆指値はしませんが、空売りスイングで保有するとしたら、このチャート図の高値ラインで逆指値の設定をする、すなわち高値のフシですから、このラインを上に抜けたら上へ行くという考えです。

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾
会員交流掲示板

現在の閲覧者数:
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア

株式初心者ランキング
リンク