FC2ブログ

両建てはあくまでもヘッジで

atsukoさん
>諏訪先生が以前、売買判断の考え方の中で説明されてました売り買い両建て手法を参考に4183三井化学を300~275円レンジを想定して285円で両建て中です。BOXの下限に近付くにつれハラハラドキドキではまだまだメンタルコントロールが出来ていません。諏訪先生なら三井化学をどのように分析されますか。何卒、ご指導下さいますようお願い申し上げます。

「4183 三井化学」
1155-6-8.gif

昨日、売りと買いの両建てにしたんですね。
私の両建ての考え方とはちょっと違います。

私の両建ての考え方の基本は「上に行くか下に行くか分からない微妙な株価位置で両建てとします。そして上に行ったら買い増し、下に行ったら売り乗せ、もしくは両建てのうちのどちらかを切り捨てるというのが私の両建ての考え方です。

ですから、私がこのチャートを両建てするとしたら株価が75日移動平均線上にあるときに両建てとして、あなたが建てた昨日は、下へのトレンドが発生したわけですから、寄り付きで買い建てを切り捨てるというのが私の考え方となります。

現在株価はちょうどボックスの下限ですからあなたの両建ての処分の判断は非常に難しいと思います。明日、ボックスを下に抜けるようなら買いを切り捨てるか売り乗せるかと考えた方が良いのではないでしょうか。

中途半端な株価位置での両建ては、判断が難しくなりますので、判断のしやすい位置で両建てをするのが良いでしょう。また、最初から両建てするのではなく、たとえばボックスの上辺付近で買いを入れていて陰線になった場合に、ヘッジ(保険)を掛ける意味で売りを入れて両建てにする。

またはボックスの下辺付近で売りを入れていて陽線になったら買いを入れて両建てにするとか。あくまでも両建てはヘッジ(保険)ですから、最初から両建てありきで、売りも買いも両方とも利益確定しようと考えると判断は非常に難しいものになると思います。
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク