FC2ブログ

ファンダも決算も関係ない

ころたんさん
>私はファンダメンタルは大変重要だと考えて決算を重視したトレードをしていました。でも業績が好調なのに株価は下がり続けたり、悪い決算なのに株価は上昇と、さっぱりわけがわからなくなって入会させていただきました。諏訪さんはファンダメンタルについてどう考えられますか?また、トレードは殴り合いの喧嘩みたいなもの、理屈なんか通用しないという考え方の意味はなんでしょう。


せいぜい1週間程度のスイングトレードにファンダメンタルなんか関係ないというのが私の考えです。わずか1週間程度で企業業績に変動があるわけでもなく、株価が動くのは需給関係、すなわちテクニカルがすべてということです。テクニカル(需給)とは、売りと買いの力関係がすべてですから「スイングトレードは、殴り合いの喧嘩みたいなもの」と言っているわけです。

殴り合いの喧嘩には、理屈なんか通用しないし、そこにあるのは勢いのあるものが勝ち、勢いの無いものは負ける。ただそれだけのことです。それを踏まえてトレーダーは、売りと買いどちらの勢力が強いのか、勢いがあるのかを見極めて、勢いのある方に賭ける、すなわち勝てる確率の高い方の賭けることで勝利を手にすることができるわけです。

売りと買いのどちらが勢いがあるのかを判断するのが、チャートの形とローソク足です。ローソク足の形を見て勢いを感じ取り、勢いを感じたチャートに賭ける。トレードで勝つとは、ただそれだけのことだと考えています。

たとえば「買い」であれば、このような勢いのあるチャートを買わなければ勝つ確率が低くなってしまいます。また、買いのポイントも非常に重要になってきますので、このチャートに赤丸を付したような形になったら迷わず買ってみるという思いっきりも重要なポイントとなるでしょう。
1156-5-1.gif
1156-5-3.gif

次に、カラ売りであれば、このような勢いを失ったチャートを売らなければ勝つ確率が低くなってしまいます。
1156-5-4.gif
1156-5-2.gif

ちょっと付け加えれば、このようなチャート判断を見て「できあがった形を見れば、なんとでも説明できる」と思っている人もいるでしょう。そうじゃあありません。このチャートの株価なんかどうでもよいのです。このチャートに付した赤丸部分の形を覚えることが重要なのです。

トレード銘柄を探すとき、いろんなチャートを見て、この形を探すことがトレードで勝つための近道になるということです。この形を見つけたら買ってみる。これこそがトレードで唯一勝ち残れる方法だと私は考えています。これが喧嘩に勝つ唯一の方法であり、こんな簡単なことだから小学生でもできると言っているわけです。

子供は見たまんま、感じたまんまで判断しますが、大人は、見たまんま、感じたまんまでは判断しません。そこに理屈をくっつけて納得できなければ、見たもの、感じたものを否定しようとします。これを裏読みと言うわけですが、理屈を考えた結果が、上がると感じたものを下がるだろうと判断することになるわけです。

「私が売ると必ず上がる」「私が買うと必ず下がる」と感じているあなた!頭で考えずに素直に「見たまんま、感じたまんま」にトレードしてみてはいかがでしょう。素直に受け止めずに裏読みする人は、頭の良い人ですが、その頭の良いことがトレードではネックになっているのではと私は思います。
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク