FC2ブログ

損切りしなくて良い株を買う

ヨーコさん
>損切りの仕方についてはいろんなことが、本とかに書いてあるのですが、霧子さんは5日線を切ったら損切りと決めていますよね。諏訪先生の損切りは、いただいた資料とかブログで見ているとまた違うなあと思うのですが、強気の買い売り、打診の買い売りなど、ケースバイケースと理解してよろしいのでしょうか。「損するための損切り」にならないようにしたいと思うので、ご指導よろしくお願いいたします m(_ _)m


私の言ってる最も重要なことが抜け落ちているように思います。
それは「上昇トレンドの株を買え」ということです。これが大原則です。
たとえばこの「2432 DeNA」のようなチャートです。
1188-6-1.gif
極端に言えば、トレードの基本に従って、こうした上昇トレンドの株を買っていれば、たとえ含み損になったとしても保有し続ければ含み益になるわけです。言いかえれば、損切りなどする必要はないということです。ですが、トレンド崩れと言う最悪の場合を想定して「いったん損切りして、買い直す」という手法を取るわけです。これが「儲けるための損切り」ということです。

私が言ってる手法の大前提は「上昇トレンドの株を買う」という大原則のもとに成り立っているということです。ですが、「損切りばかりの繰り返し」とか「コツコツドカンで資金が減る」という人がいます。それは当然です。この「6890 フェローテック」のような下降トレンドの株を買うから!!!!ただそれだけのことです
1188-6-2.gif
「下がっていく株を買えば損をするだけ」と何度も言っていますし、そんなことは子供でも分かることだと思うのですが、みなさんの銘柄を見ると、ほとんどは下降トレンドに転換した下がって行く銘柄が目につきます。

これはもう損切り基準とか、売り買いの判断とか、そんな問題ではなく「儲けるための基本中の基本から外れたトレードをしている」、すなわち「損するために株を買っている」としか考えられません。霧子さんの話題もよく出ますので、霧子さんの例をあげても、彼女の買い銘柄のチャートを見れば一目瞭然ですが、下降トレンドのチャートは絶対買いません。

損切りには「買い直すための損切り」と「絶対切らなければならない損切り」があります。トレードの基本に従って上昇トレンドの株を買っていれば「上昇トレンドが崩れない限り、絶対損切りしなければならない損切りはない」と言うことです。

ですから霧子さんの5日線で切るというのも「絶対切らなければならない損切り」ではなく「買い直すための損切り」ということになります。まずは、トレードの基本中の基本、大原則とは何かを考えてみることが必要なのではないでしょうか。

人気ブログランキングへ
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク