FC2ブログ

トレンドは継続するが基本

目標は10億さん
>入会してからよく見かける「3の法則」・色々なパターンで、これは3の法則とおっしゃていられるのですが・・。正直、今までチャートで売買していた訳ではないので(つまりチャートを根拠としてではなく、おいらのカンピューターを根拠にしあとは都合のよいニュースを都合よく解釈し。)この3の法則などのチャート基礎が理解できず、覚えられずと言った方がいいいのでしょうか?自分でまとめたりすればいいのでしょうが、どのあたりの詳しく載っているのでしょうか?

私の考えの基本は「トレンドは継続する」です。すなわち「上がる株は上がる」ということです。現在、決算発表の真っ最中ですが、最高益更新とか上方修正の好決算を発表しても下がる株は下がって行くし、赤字決算を発表しても上がっていく株は上がって行くのが株価です。どんなに日経平均が暴落しても上がっていく株は上がって行くわけです。

情報収集能力もない、財務分析能力もない素人が「上がる株と下がる株を、いかに見分けるか」という方法は、チャートトレンドで判断するしかないわけです。つまり「いかなる情報も業績も、すべてはチャートに表れる」というのが私の考えです。

こうした基本的な考え方を書いてみても、初心者は「そんなもんなんだ」と言うだけで終わってしまうでしょう。ここの会員になった人が求めているのは、漠然とした考え方ではなく「どこで買えば良いのか」であり、「明日買いか、売りか」なのだと思います。つまり「どこで買えば儲かる」ただこの一点でしょう。

そこで「上がる株は上がる」の基本を踏まえて、「明日買いか売りか」の判断をするために「三の法則」という単純明快な売買判断の仕方を言っているわけです。つまり「陽線が出たら買い、陰線が出たら売り」というのが三の法則の考え方ですが、これならチャートが読めなくても買いか売りかの判断ができると考えるわけです。

以下の記事に書いていますので、参考にしてみてください。

「三の法則」

「三本目4本目に変化あり」

「1本目にチャンスあり」


>全然、別件ですが昨日NHKでグリコ・森永事件を扱った番組をしていました。諏訪さんは元警察関係という事でこの件に関して当時、今とどう捉えられているのでしょうか?結局、本当の所は何だったのでしょうかね?
警察関係者であっても自分の所属する組織に関係のない事件は「他人事」です。ですから、感想は一般の人たちと同じということですね。この事件を、推理小説風に考えれば、企業には表社会に見せている面と裏社会に見せている面の裏表両面を抱えています。ああした組織犯罪には必ず裏社会の組織が動いたと考えるのが常識的な考え方となると思います。


人気ブログランキングへ
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク