FC2ブログ

外国人について行け

オオキさん
>経済知識はまったくない世間知らずの20代♂です。すみません教えてください。掲示板に今週は買いはないとか戻り売りだとか書いてますが、そしてきょうもポジションを買い建てを外して売り建てだけにしています。いまのダウを見ると大幅下落で始まってます。まるでこのダウの急落を予想したようなポジションの建て方に驚いているわけですが、やはり経験でしょうか。それとも何か根拠はあるのでしょうか。世間知らずの私には、すべてをお見通しの神のように見えます。

まず最初に、私も何の経済知識もありませんし、何かを勉強したこともありません。それに情報など読むなと言ってるぐらいですから相場解説などは読みません。つまりそれは私のような馬鹿が一流大学を出た経済評論家のような人の書いてる物を読んでみても理解できないということです。

理解できないものを理解したような顔をして信じるよりも、自分の信じる物を信じるというのが私の考えです。専門家と呼ばれる人が解説することは、たとえば空手であれば「模範演技の型」だということです。つまり耳触りも良いし、なんとなく理解できたような気にはさせてくれるけど、実際のトレードでは何の役にも立たないということです。空手の模範演技の型をどんなに演じたとしても、実際の殴り合いの喧嘩では役に立たないのと同じということです。

それが私の考えです。

そこで私が「現在、そしてこれからの株価はもう買いはない」と考えるのは、この外国人の投資動向です。今まで大量に買い越してきた外国人が7月後半から売り越しに転じてきました。特に8月に入ってからは売り越し一辺倒となっています。日本の株価は外国人次第で動いていますから、日経平均は、外国人が買えば上がるし、外国人が売れば下がります。この傾向は私が株を始めた昭和40年代から変わってはいません。

1190-6-6.gif

私が株を始めたころ「外国人が買う株を買え」「外国人と同じことをすれば間違いはない」とよく言われたものです。それを踏まえて、この外国人の投資動向を見れば一目瞭然です。外国人が売りに回ったのですから日経平均株価は下がって当然となり、外国人好みの国際優良株は下がって行くと考えるのが自然な発想となります。

相場解説などでは、円高だから輸出関連株は下がるともっともらしい解説をしていますが、現実は、外国人が保有株を売るから下がるだけのことです。「外国人が売るから下がる」という説明では、一流大卒の専門家としては、簡単明瞭過ぎて権威が保てない。そこでいろいろ素人が感心するような理屈をつけるわけです。

だから政治家や官僚のエリートが書く文章や言葉は、きれいで納得してしまうが、本質のところは何を言いたいのか意味不明ということが多いということです。

話はそれましたが、証券会社や投資顧問の代弁者のような買いあおりや売りあおりの解説記事など読む必要はありません。すべてはチャートに表れるのです。この外国人の売り越しにしても、そんなこと知らなくても日経平均株価のチャートを見れば、これから先どうなるかは分かるのです。

「トレンドは継続する」さえ知っていれば、いまの日経平均のチャートを見れば「これからも下がり続ける」ということは感じ取れるのではないでしょうか。すべては自分の目で見たものが正しいのです。とすれば、8月も9月も買いはないと予想できるのではないでしょうか。


最近、ポチッの応援が減ってきています。
記事が少しでも参考になれば応援をよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク