FC2ブログ

デイトレ成功法

私はスイング派で、デイトレ目的のトレードはしなかったのですが、掲示板に書き込んでくれる女性たちのほとんどはデイトレしているようなので、ここ数日、デイトレの検証トレードをしてみました。

結論を言えば、スイングもデイトレも同じですね。日足でトレンドを読んで、そのトレンドの流れに逆らわないトレードをすれば成功できると昨日と今日のデイトレで確信しました。つまり今のようなトレンドが発生した状態では、デイトレであろうがスイングであろうが簡単に勝てるということでしょう。

最近デイトレで成果を上げられない人は考えてみてください。

第一、日足チャートで株価の方向性が読みやすい銘柄をトレードしてますか?
第二、日足が下降トレンドにもかかわらず「買い」のデイトレをしていませんか?下げ過ぎの反発狙いは成功の確率が低くなります。あくまでも「トレンドに逆らわないトレードが基本」です。
第三、値動きに惑わされていませんか?売買の基準を明確にしてトレードすることが成功の秘訣です。

私の成功事例を書いてみます。

「6674 GSユアサ(日足チャート)」
1190-8-3.gif
まず日足チャートでトレンドを把握します。このチャートは「見たまんま」下に向いて流れてますね。ならばトレードの基本に従ってデイトレードでも買いはありません。「「戻り売り」狙いです。

「6674 GSユアサ(8/10の5分足チャート)」
1190-8-4.gif
8/10のデイトレードです。戻り売り方針でデイトレードに臨みます。

下にマドを空けての始まりです。当然、寄り付いてから下げ過ぎの反発で上がってきます。例えデイトレードであっても、この反発を狙っての「買い」はありません。それは「下げ過ぎを買う」という悪癖意識が身に付くからです。トレードでの成功は、あくまでも「上昇を買って下降を売るという基本」を守ることが大原則」です。

こうした下げ過ぎの反発狙いで成功するとそれに味をしめて「基本をおろそかにし始め、結果的にトータルで損をする」ということになるわけです。いかなる場合であっても「基本は崩さない」のがトータルで利益を残すことになるわけです。

この場合、大陽線で反発のあと陰線で下げました。当然ここは戻り売りですね。折り返して上がってきたらいったん損切りして、再度売りのチャンスを待つわけです。この場合は、予定通り下がり、さらにボックスの底のラインも割りこみました。ここも売りのタイミングです。

私は、昨日の結果にも書いたとおり、ここで↓これだけ取りりました。
「6674 GSユアサ」 1000株 +1.9% 売りデイトレ

「6674 GSユアサ(5分足チャート)」
1190-8-5.gif
そして今日(8/11)です
日足チャートのトレンドは下向き。さらに昨日は陰線引けですから当然に買いはありません。基本に従って戻り売り狙いです。

下にマド空けて寄り付いたあと戻ってきました。戻りのめどは「マド埋め」です。マドを埋めたところで陰線の発生です。ここは戻り売りのチャンスです。当然、きょうの戻り高値を越えてくるようなら損切りです。結果は、基本どおりに下げていきました。下げ途中の陽線の次の陰線も「三の法則」でカラ売りのタイミングとなります。

私は、ここで↓これだけいただきました。
「6674 GSユアサ」 1000株 +2.3% 売りデイトレ

トレードは目先の値動きに振り回されると損をします。たとえデイトレであっても日足チャートのトレンドの流れの中で株価は動いているのです。トレードの基本とは何かを考え、基本から外れた邪道のトレードをすると、目先のトレードで勝つことはあってもトータルで必ず損をすることになると考えるべきでしょう。


人気ブログランキングへ
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク