FC2ブログ

初心者が損をする理由

私が株投資を始めた頃、投資に対する考え方は単純明快だった。「上がって行く株を買え」「下がり始めたら売れ」、これしかなかった。すなわちこれが投資の基本なのである。ネットトレードが始まる前は、たしか手数料が3000円+消費税だった。今のように10万や20万で買える株などなく、最低でも100万円は必要だった。100万円で買って107万(+7%)になって始めて収支とんとんなのだから+10%、+20%上げないと利益にはならない。

そういうことだから短期スイングなどという考え方はなく1年~5年をスパンとした長期投資しかない。そんな長期投資であっても投資の基本は「上がる株を買え」である。

そして現在、なぜか初心者と思われる人のほとんどは「下がっていく株」を買う。そして含み損になる「と長期方針に変更」などと言う。まったく投資のイロハのところで間違っているのである。長期方針なら上昇トレンドの株を買うのが基本中の基本なのである。

たくさん株の本を読んだという初心者が多いのだが、そんな投資の基本から外れたことを最近の投資本は書いているのだろうか。そんな疑問を持っていたのだが、ここ数日デイトレードをしてみて、初心者たちの勘違いがなぜ起こっているのかに気付いた気がした。

デイトレードは、上昇中を買えば利幅が薄い。だから下がり切ったところで買って上がり切ったところで売る。これが一番利幅を取りやすい手法であろう。つまり、初心者は「この下がる株価を買いで待ち受ける」という買い方がトレードの基本だと勘違いしているのではないかと思ったわけです。

ここの会員さんには、この肝心なところを知っていてもらいたいと思うのですが「デイトレードの手法は邪道」です。もっと言えばデイトレードそのものが邪道なのです。つまりデイトレードの延長がスイングではないということです。ですから、初心者が儲けられない原因は、デイトレードとスイングを同じだと考えているところにあるわけです。

スイング投資で利益を出したいと考えるならば、底値で買おうと考えると必ず損をします。株価トレンドに沿ったトレードという投資の基本を守らないと必ず損をします。基本に忠実にトレードすれば、結果はあとからついてくるのです。まずは基本に従ったトレードを心がけるようにしてください。



人気ブログランキングへ
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク