FC2ブログ

トレードの入門編

アイさん、マッキーさんが掲示板に書いていたのを見て思い出しました。
たしかもう何年も前のことですね。
>怖くて買えない。
>損切りができない。

この心理状態が初心者が儲けられない最大の理由ですね。

上がって行くのを怖くて買えずに指をくわえて眺めていて、下がり始めると・・なぜか安心して買う・・そしてさらに下がっても損切りできない。ここのブログの初期の頃の会員さんたちもそうでした。そこで、こんなことを言った覚えがあります。

「負けても5000円しか損しない投資法があります」
「儲けはあなたが望むまま取り放題です」

と勧められたら、あなたはどうしますか?

トレードをする以上ワントレード5000円の損は覚悟することは当然でしょう。ということを前提として、失敗しても損は5000円、利益は取り放題というトレード方法です。

「2432 DeNA(日足チャート)」
0010-8-2.gif
まず誰でも日足チャートを見てトレード方針を判断すると思います。昨日の時点で陽線1本目、しかも5日線越えですから「三の法則」に従えば買いとなります。

「2432 DeNA(5分足チャート)」
0010-8-2-1.gif
そこで買いの方針どおり寄り付きは成り買いとします。約定と同時に買値から-5000円のところに逆指値でロスカットの売りを入れておきます。これであとはスイングの人は放置しておくか、お昼と後場にチェックすれば良いでしょう。デイトレの人は、お好きなところで利益確定をすれば良いだけのことです。

仮に、下がったとした場合でも逆指値が発動して5000円の損で済むわけです。何もドキドキする必要はないし、悔しがる必要もないということになります。

「3632 グリー(日足チャート)」
0010-8-1.gif
次は「グリー」を見てみましょう。陽線5本できょうが6本目となります。「三の法則」で言えば、3日目、6日目(3日目×2)は変化日となりますので、きょうの6本目はカラ売りのチャンスとなります。

「3632 グリー(5分足チャート)」
0010-8-1-1.gif
ここは昨日までの勢いで「寄り付き上げてから下げる」ことが予想できます。ですから成り行きでカラ売りをかけるより3本目まで待ってカラ売りをかけます。そして約定と同時に売り値から+5000円のところに逆指値のロスカット(買い戻し注文)を入れておきます。これで踏み上げられたら5000円の損、予想通り下げたら儲けとなるわけです。

これは考え方の問題ですが・・
ロスカットを-5000円と固定して、利益確定も+5000円とした場合、5勝5敗でも手数料等をのぞけば損にはなりません。ならば「三の法則」が確率80%であるならば利益は残ってきます。たとえ確率60%であっても利益は残るわけです。

初心者がなぜ利益を残せないのか?
その原因は利益よりロスカットの額が多いから

ただそれだけのことです。

まずはロスカットの金額を固定して強制損切りすることで利益は残ってくると思います。ただし、2000円マイナス、3000円マイナスという浅いロスカットの設定をすると非常に勝率が悪くなり損切りばかりということになってしまいます。トレードをやる以上、ワントレード5000円のロスカットは覚悟しないと利益を残すことは難しくなるのではないでしょうか。

※この5000円という設定は20万~30万の株価を基準としていますので、少額投資の人は-2%~-2.5%を目安にすればいいのではと思います。


人気ブログランキングへ
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク