FC2ブログ

成功できる人とは

ちょうど今から10年ほど前、小泉内閣の貯蓄から投資への政策で株価が上昇過程に合った頃、私もそのバブルに乗って、「ネクストジェン」「アクロディア」「フリービット」などのIPO銘柄を、現物信用2階建てで買いまくっていた。わずか300万円の資金は1年で1800万円、2年で2700万円と雪だるま式に増え続けていった。億トレーダーの仲間入りもすぐ目の前というときにバブルははじけた。

そんな良き時代、たくさんのカブトモがいた。みんな元気だった。だが、ほとんどのカブトモたちはバブル崩壊(ライブドアショック)後も損切りをしなかったせいで、買っていた新興株は、買値から1/10、1/50と急落を続け、やがてカブトモたちはすべてを失って市場から退場していってしまった。

そんなカブトモの一人に「黄金の子宮を持つ女」を自称するOLさんがいた。「黄金の子宮を持つ女」とは「金の卵を産む女」という意味だと言っていた。彼女の考えは変わっていて「株なんか自分のお金でやるもんじゃあない」「他人のお金を回して利益を得るところにメリットがある」と言っていた。カードローンで作った50万が元金だと言っていた。

一見するとアブナイ感じの女性に見えたが、彼女の手法は、あのイケイケの時代にしては非常に堅実な手法を取っていた。これは参考になると思うのでちょっと説明したい。

考え方はシンプルである。
「買値から5000円下がったら損切り、10000円上がったら利益確定」
ただそれだけ。

4勝(10000円×4回=40000円)6敗(5000円×6回=30000円)でも1万円の利益が得られるという考え方である。そしてあの頃は、どんな株でも買えば上がるという時代だったから、コンスタントに7勝3敗、8勝2敗という成績で、彼女の利益はみるみるうちに膨らんでいった。

そしてバブルがはじけたわけですが、彼女の場合は、毎回損切りをしているので株価急落の影響をほとんど受けなかった。ただ、勝率は悪くなり利益をあげていくということはできなかった。そうこうしているうちに「もう十分儲けさせてもらったし、株で儲けを出せるような状態ではなくなったから・・ヤメェ~~~た・・と言い残して消えていった。

あの誰もが損切りなどしない時代、買って持っていれば含み益に変わる時代に彼女は損切りを実行していた。それゆえに彼女は利益を残し、損切りという考えのなかった人は、元金のほとんどを失って消えていった。

彼女を見ていて「何か一つの考え(信念)を持ち、それを迷いなく実行できる人こそが成功者になれる」と思ったものである。



人気ブログランキングへ
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク