FC2ブログ

「三の法則」を活用して

きょうの「グリー」「DeNA」「サイバー」の動きは、日足チャートに表れたまんまの素直な動きで、かつ分足の動きにしても「三の法則」のセオリーどおり素直に動きました。言いかえれば、こんな簡単に取れるところでなぜ迷うのか?ということですね。掲示板を見ていて思うのは、こうした簡単に取れるところで取らないで、非常に難しい動きで取ろうとしているのではないかと思うのですがどうでしょう。

いつも言ってるようにINのタイミングは「三の法則」です。日足チャートで買いか、売りかの方針を決めて、あとは5分足チャートで「三の法則」にしたがってINをする。迷うところも悩むところもどこにもないと思うのですが・・・・


「4751 サイバーエージェント(日足チャート)」
1191-4-1.gif
移動線はすべて下向きでトレンドは下降です。そして前日は陰線です。「トレンドは下降&前日陰線」という条件を見たとき、投資判断は<戻り売り>が勝てる確率80%の判断となります。

「4751 サイバーエージェント(3分足チャート前場)」
1191-4-6-1.gif
この銘柄は<戻り売り>がトレード方針ですから売り突撃のタイミングを待ちます。「三の法則」にしたがって3本目、4本目の変化を待ちます。陽線3本で陰線に変化しました。この陰線は迷わず成り売り突撃です。高値ラインにロスカットの逆指値を入れておけば、あとは「見てるだけぇ~~」となります。

いったん下げて戻ってきました。この銘柄は日足チャートで<カラ売り方針>ですから買いの目は有りません。「三の法則」にしたがって3本目、4本目の変化を待ちます。陽線2本で陰線に変化しました。迷わず成行売り突撃です。その次も同じですね。

「4751 サイバーエージェント(3分足チャート後場)」
1191-4-6.gif
後場は上昇してきていったん大陰線で下げた後、陽線2本で3本目が陰線に変化しました。「三の法則」によるこの変化は、迷わず成り売り突撃です。

こうして日足チャートでマクロ的視点で、売りか、買いかの方針を決めたら「常に方針どおり」にタイミングを待つ。チャンスは一瞬ですから迷わず成り行きで突撃します。このチャンスのタイミングで迷うと入れなくなってしまうわけです。トレードのタイミングなんて大縄跳びに飛び込むのと同じですから迷ったら入れません。

迷いながら入ろうとするとタイミングが狂って縄にひっかるだけです。迷わず飛び込み、あとは保険としてロスカットの逆指値を入れておけば、あとは利益は、あなたの取り放題、お好きなだけ取ってください・・・というのがトレードです。


「2432 DeNA(日足チャート)」
1191-4-2.gif
急落して75日線にぶつかりました。この位置は前の安値と同じ位置になります。移動線はヨコヨコで「サポートライン(75日線&前の安値)到達」という条件を見たとき、投資判断は<反発狙いの買い>が勝てる確率80%の判断となります。

「2432 DeNA(3分足チャート前場)」
1191-4-4-3.gif
この銘柄は日足チャートの判断で<買い方針>ですから押し目を狙います。マド空け上昇後、利益確定売りが出ます。「三の法則」にしたがってトレンドラインを引いてトレンド転換の1本目の陽線を待ちます。待ちに待ったトレンドブレイクの陽線が立ちました。ここは迷わず成り買いイッケェ~です。次も同じですね。

「2432 DeNA(3分足チャート後場)」
1191-4-4-2.gif
後場も同じようにトレンドラインブレイクの1本目の陽線待って買い突入です。

以下「グリー」も同じですから省略しますが、きょうは「三の法則」どおりの動きですから「三の法則」さえ信じてトレードすれば、非常に簡単に取れたということです。こうして簡単に取れる日は、そんなにあるものではありません。利益を残せる人は、こうした簡単に取れる日で取って行く。難しい日は、見送るという姿勢ではないでしょうか。


「3632 グリー (日足チャート)」
1191-4-3.gif
「移動線は右肩上がり&前日十字線」という条件を見たときの判断は、当日の寄り付きで判断が決まります。すなわち前日が「はらみ線」ですから「産まれた方へ向かえ」が80%の確率で勝てる判断となります。

「3632 グリー (3分足チャート前場)」
1191-4-5-1.gif

「3632 グリー (3分足チャート後場)」
1191-4-5.gif

人気ブログランキングへ
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク