FC2ブログ

トレードの基本的な考え方

ピュレさん
>欧州の債務不安再燃でダウは300ドルちかくも大暴落しました。諏訪さんは、数日前から売り建てのみでこの暴落を予知していたようなトレード方針にただただ感心してます。月曜日は大幅GUで始まるのだと思いますが、諏訪さんのトレード方針はどのように考えていますか。


<日経平均と外国人の売買動向>
1192-6-2.gif
外国人投資家の日本株売りもピークを過ぎたような感じになってきました。これを裏付けるように下降トレンド銘柄にも信用売り残が増加してきている銘柄が目につくようになってきました。「信用売り残増加=株価上昇」が株価構成の公式となりますので、日経平均もそろそろ底値形成の段階に入って来たのではないかと思います。

今後1ヶ月程度の日経平均の値動き予想は、8600円~8700円を底値、9000円前後を天井としてのボックス相場を形成すると考えられます。そこで中長期の方針としては、日経平均8700円割れでの「ETF(上場投信)」の買い増し、日経平均9000円前後での一部ポジ売り。

再び8700円前後で買い増しとトレードを繰り返して日経平均9000円でも利益の出る状態にもっていきます。こうして利益の出るポジションを取っておいて年末年始に向けての上昇局面で大幅利益を狙うというのが中長期の作戦です。

仮に、日経平均が底割れ(最安値更新)したら戻したところで一部ポジ売り(損切り)して資金を回収しながら買い単価を引き下げていくという手法で日経平均8700円でも利益の出る体質に近づけながらインカムゲイン(配当取り)を狙って行く方針としています。

次に、来週のトレード方針ですが、月曜日は大幅GDで始まるのは当然予想されるところですので「ETFの買い増し」と「生きている銘柄の押し目買い方針」でいます。生きている銘柄とは「3632 グリー」や「9766 コナミ」など、上昇トレンド継続中で日経平均や為替の影響を受けないネット関連、ゲーム関連の主力銘柄が狙い目となると考えています。

「3632 グリー」
1192-6-6.gif
「下げたところを買う」というと「反発狙いはするな」と言ってるではないかと思うかもしれませんが、「反発狙いと押し目買いはまったく別物」です。

反発狙いとは、下げ過ぎの反発を買うこと、すなわち安値更新銘柄のような株価を買うことを言います。言いかえれば「死んだ株価を買うことを反発狙いの買い」と言います。死んだ株とは、75日線右肩下がりでかつ株価が75日線の下にある株価を言います。

よって上昇トレンドの銘柄は「生きている株価」ですから、大きく下げたところを買うのは「反発狙いの買いではなく押し目買い」ということになります。トレードの基本は「戻り売り」と「押し目買い」ですから、生きている銘柄の押し目を買って、死んだ銘柄の戻りを売るのがトレードの基本となります。

ですから明日は大幅GDで始まるのであれば「売りではなくて、押し目買い」がトレードの基本となるのでしょう。


人気ブログランキングへ
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク