FC2ブログ

考え方にこそ原因あり

なぜ??含み益になると不安になって売ってしまうのか??
なぜ??含み損になったら売ってしまわないのか???

だから何回も苦労して薄利で稼いだ利益を、たった一回の損切りで吹き飛ばしてしまう。いわゆるコツコツドカンを繰り返すのです。これではトータルで利益を残すことなどできません。

これは理屈でも何でもありません。ぼんちゃんさんのトレードを見ていただければ、一目瞭然です。2000万円の資金をわずか100万円ちょっとに減らすトレード。これはカラ売り専門だから資金を減らしたわけではありません。トレードが下手なわけでもありません。

すべての原因は「わずかな小銭稼ぎに夢中になっていること」「含み損は損ではないと考えていること」・・ただこれだけのことです。だから売り専門でありながら、こんな急落相場にあっても利益を上げることができない。つまりどんな相場環境においても損をし続けるということです。

「含み益になったらその含み益がゼロになるまで確定しない」という心掛けがないと、なかなか利益を残すのは難しいでしょう。と書いたら、「含み益を確定しないと利益が残るはずがないのでは??」との疑問が掲示板に寄せられました。

非の打ちどころのない理屈ですね。実際のトレードで含み益がなくなるまで売るなと言ってるわけではありません。「含み益が出たらのんびりと構えよ」という心構え(考え方)を言ってるわけです。そして「含み損になったら迷わず損切りせよ」と言ってるわけです。

「含み益になると持ち越しできないで確定してしまう」、そのくせ「含み損になると平気で持ち越すことができる」・・・ここにトレードで利益を残せない最大の原因があるということです。つまり「利益を小さく確定して、損失を大きくしてから切る」・・・どんな理屈をつけても、こんなトレードで利益が残るとは言えないのではないでしょうか。

「そんなこと分かっていてもできない」と言う人もいるでしょう。ならば「薄利で確定してしまう人は、薄損で損切りしてしまえば良い」のです。つまり「小さな利益しか取れない人は、損も小さく切る」・・・・じゃあないと損益がプラスになるはずは有りません。

トレードで利益を上げられないという初心者は、利益を上げられない原因がどこにあるのか考えてみるべきなのです。「タイミングが下手だから・・」とか「銘柄探しが下手だから・・・」とか「チャート判断が下手だから・・」とか「メンタルが弱いから・・」とか・・・そんなところに負ける原因があると考えていては、いつまでたっても同じトレードを繰り返すだけです。

あの「ぼんちゃん」が2000万円の元金をほとんど失ってしまっても同じトレードを繰り返して損をし続ける。つまり「トレードに対する考え方に原因がある」ということに思いが至らな限り、そして自分の考え方そのものを見つめ直さないかぎり・・・

「きょうは儲かった」と喜び、「損した」とへこむ。・・・そんなトレーダーの姿は、まさにパチンコにハマって毎日パチンコ台の前に座ってるおばはんと同じこと。パチンコで利益を残せないのと同じで、そんなトレードで利益を出せるはずがありません。

5000円の利益で逃げてしまう人は3000円の含み損で損切りしてしまう・・・じゃあないと利益が残る計算が成り立たないでしょう。なら3000円の含み損で損切りしていたら損切りの連続で利益は残らない。・・・ならばどうしたら良いかということを考えてみるべきなのです。



人気ブログランキングへ
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク