FC2ブログ

まず逃げてから考える

ジャスミンさん
>カラ売りで持ち越している株価がストップ高気配になってるがどうしたらよいか?

>ヨーコさん
上げたら一回転というのはどういうことか?

シフォンさん
>カラ売りで持ち越したグリーを高いところで損切りして鬼怒川を売ったら踏み上げられた。


この三人の言ってることは同じ意味なのですね。
トレードで重要なのは「損切りするか」「利益確定するか」など問題ではないのです。問題なのは「それ以上損をしないためにどうするか」を考えるのが重要なのです。ですから「損切りしてから下がったとか、上がったという話はくだらん泣きごと」にすぎないということです。

「損したら、まず逃げる(損切りする)」「ノーポジ(損しない位置)に立ってから考える」「そして損切りした分を取り返す」これが重要なことなのです。

「グリー(分足チャート)」
1194-8-7.gif

このグリーのチャートで説明すれば、昨日カラ売りで持ち越した場合、大きく踏み上げられて寄り付きました。ここは迷わず損切りです。これ以上損を大きくしないために逃げるのです。

損切りしてノーポジになったら冷静に株価の動きを眺めるのです。そして崩れたところでカラ売りをかけるわけです。これで寄り付きでの損切り分を取り返すわけです。

初心者さんたちの最大の欠点は、損切りしたら別の銘柄を探し回るということです。そして動いている銘柄に飛びついて、何度も損切りを繰り返すというところにあるわけです。損切りしたら、その銘柄のチャートを追いかけるのです。その方が取り返すチャンスは大きいということです。

なぜなら「注意力が持続できるから」ということ。損してからチラチラいろんな株価を探していては、絶対儲けられないでしょう。それは「他に儲けられる株はないか」との考え、その意識がすでに注意力が散漫になっている証拠であり、集中力を失えばすでに損をする方向に向かっているということです。


関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク