FC2ブログ

トレード手法の考察

霧子さんのトレードを見ていて思う。
「利を伸ばすことは必要なのか??」と・・・

10%以上の利益確定は、年間を通じて3~4回程度。
3~6%の利益確定がほとんど。
ならば・・・たとえば利益はを5%と決めてしまった方が良いのではないか?

トレードの成果は、利益率が絶対ではなく、その利益を上げるための期間も大きく影響してくる。たとえば、霧子さん流で行けば、5日間で含み益8%になっても確定しない。そして10日間保有していて5%で確定というパターン。5日線を基準にしているから当然このようなパターンになる。

たとえば100万円の株を買っていた場合、5日間で8%の含み益なら8万円となり、1日当たりの利益に換算すれば16000円となり1.6%。これを10日間保有していて5%で確定すれば、1日当たりの利益に換算すれば5000円となり0.5%となる。

デイトレードで0.5%の利益確定は、誰でも簡単に抜けるであろう。そう考えたとき、霧子さんの5%の利益確定がそれほど驚くほどのことでもないということに気づくのではないだろうか。

たとえば、現在霧子さんが現在カラ売り中の10%目標と言っている銘柄。もう1ヶ月保有してる。これを10%で利益確定したとして、「(100万円×10%=10万円)÷20日=5000円」となり1日当たり換算で、わずか0.5%の利益確定である。

10%の利益確定と言うと、一見すごいことと思えるが、現実的に見れば1日わずか0.5%の利益確定である。こう考えたとき「利を伸ばすことに意味はない」と考えるのですがどうでしょう。

それより1日1%以上の含み益になったら利益確定してしまう。2日で3%以上の含み益になったら利益確定してしまうと考えた方が、10%の利益確定を目標にするより効率的なトレードになると思うのですがどうでしょう。

たとえば100万円の株を買って+1%で利益確定、-0.5%で損切りとした場合、1ヶ月10勝10敗で+50000円(+5%)となります。勝率50%で+5%の利益ですから勝率を高めれば利益率ももっと上がります。ならば、霧子さん流に利を伸ばすトレード手法と同等以上の結果になると思うのですがいかがでしょう。


なぜこんなことを考えるのか?

私の場合、INする基準は有り、損切り基準も有る。だが、利益確定の基準がない。だから含み損は切り捨てるが、含み益の株を確定しようという意思が働かない。その結果、せっかくの含み益の株を損切りするハメに陥る。せっかく+3%程度の含み益株を同値で撤退することになる。

すべては利益確定の基準がないから・・・

ならば+3%、+5%で利益確定の発注をしてしまう。+1%以上の含み益株は持ち越さずに利益確定してしまう・・・と考えた方が、霧子さん程度の成果は上げられると考えたわけです。

それより何よりも・・・お遊びのトレードをして無駄な損をするのが最大の欠点なのですが・・・これも1日中場を見ているから・・なんとかこの「ついつい買ってしまう、ついつい売ってしまう」という衝動トレードを止めなければ利益を上げることはできませんね。


関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク