FC2ブログ

下げ止まりに期待

初心者さん
>下がる株を買うなって言ってるけど、5726や5727は下がる株じゃあないの??


「5726 大阪チタ」
1198-9-3.gif
あるブログが2chから流れてきた馬鹿どもに荒らされてランキングが急上昇していますね。こういうのを見るとウッチーが書いてた時の「チャート教室」ブログを思い出します。あの時もランキング5位ぐらいまで上がっていました。

そこで「コインの裏表を当てるようなギャンブルトレードでは勝てるわけない」というようなコメントを読んだような気がするんですが・・笑えてきますね。所詮、トレードは上がるか下がるかを当てるゲームですから、どんな投資法を使おうが「コインの裏表を当てるようなギャンブルトレード」なのです。それが現実でしょう。

それじゃあここで書いてるのは何なのか??ということになりますが、あくまでも「根拠があるかないか」ということだけのことです。買いの根拠があれば買いの決断をするのに安心感が生まれる。安心感を持って買うことで自信を持てる・・・ということです。

安心感を持って買おうが、自信を持って買おうが、それと儲かるか損するかは、まったく別物です。重要なのは「基準をもって売り買いの判断をしているか??」ということです。基準を持ってトレードしていれば、逆に動かれて下げたとき「ナンピン買い増しする」とか「ドテン売り」するとか、損を取り返す作戦が立てられるわけです。

ここが重要なのです。

この「大阪チタ」の株価位置は、ちょうど30日前の高値ラインに当たります。さらに前のもみ合ったボックスの底のラインに当たります。この二つのラインは株価を支えるサポートラインとなります。このサポートライン上で昨日、一昨日と踏みとどまった形となっています。そしてきょうの陽線です。

この形を見たとき、ここで下げ止まったと確信が持てるわけです。株価は、下げ止まれば上がるしかない。ならば買いと考えるのは当然ではないでしょうか?しかし、株価は自分の思うように動く物ではありませんので、このボックスの底のラインを下に抜いて下げていくかも知れません。それが相場ですから当然のことです。

ですが、何の考えもなくここで買ったのであれば、逆に動かれて下げて行っても損切りして「損したぁ~」と悔やむだけか、もしくは含み損を眺めて「しまったぁ~買わなければ良かった」と後悔するだけか・・・そんなことになってしまうわけです。

ですが、この底のラインを基準として買ったのであれば、逆に動かれて基準のラインを下に抜けたら迷わずドテン売りで損切り分を取り返すことができるわけです。

すなわち「基準を持って買ってさえいれば、損切りに迷うこともなく、株価の動きを見て、ドテン売りと柔軟に対応できる」わけです。つまり初心者とベテランに違いがあるとしたら「基準を持っているかどうか」「逆に動かれた時の想定をしているかどうか」ということでしょう。

初心者は、買ったら上がることしか考えていないから下がった時、どうしたら良いか判断できなくなってしまうということです。ですから損切りはできないし、ましてやドテン売りで取り返すなどと言う判断もできない。この違いが成果の違いとなって現れるのではないでしょうか。


人気ブログランキングへ
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク