FC2ブログ

寄り付き30分のデイトレ

NYダウが下げの翌日は、ほとんどの銘柄に大量の売りが出て、前日より下げて寄り付きます。通常の場合、今の相場では「任天堂」のチャートのように寄り付きの出来高が最高で、あとは出来高が減っていきます。

チャートテクニカルでは出来高を伴って売買された価格帯が「フシ」になりますから、この寄り付きの1本目、2本目のローソク足がフシになります。

とした場合、このボックス(フシ)を株価が上に抜けていけば上昇、下に抜ければ下落することになります。

ならば、寄り付き1本目のローソク足が形成したあと(寄り付き5分後)、1本目のローソク足の天井を上に抜ける陽線が確定したところで買い突入すればデイトレード大成功となる。下げてきたらボックスの天井で止まるかどうかに注目し、ボックスを下に抜けたら損切り。

これなら寄り付き30分から1時間で簡単に利益を抜くことができると思います。


「7974 任天堂(5分足チャート)」
1198-9-8-2.gif

「3632 グリー(5分足チャート)」
1198-9-8-1.gif



人気ブログランキングへ
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク