FC2ブログ

考えては理解できません

hotaruさん
>いつもわかりやすい解説ありがとうございます。諏訪さんの基本中の基本である「陽線の次は陽線」この意味がいまいちわかりません。いまさら・・・と言われそうですがもう少し教えて頂けますか?わからないのは陽線の次は陽線ならずぅっと上がっていくということ?陰線にはならないのでは?陰線の次は陰線ならずぅっと下がってしまう。こんな基本がわからないでいます。あと、陽線と見える白い線が実は陰線だったり、陰線に見える黒いローソク足が実は陽線だったり・・・というのもよくわかっていません。超初心者でもうしわけないのですがもう一度詳しく教えて下さい。

「女は男より弱い」と言うと「男より強い女だっている」と反論する人がいる。「女は結婚すると幸せになれる」と言うと「結婚して不幸になる人もいる」と反論する人がいる。「一流大学を出ると出世できる」というと「一流大学出てプータローをしている人もいる」と反論する人がいる。

「陽線の次は陽線だったら永遠に上がり続けることになるのではないか」との考え方は、これと同じです。反論するための理屈を考えているということです。いわゆる一般的には「屁理屈」と言われる思考の方法です。つまり言っている理屈としては正しいが、現実には何の役にも立たないということ言うことです。

私は、チャートの判断に「頭を使うな」と言っています。「見たまま、感じたままを素直に売買に生かせ」と言っています。あなたの場合、頭で理屈を考えるから、見たものが曲がって見えると言えるのではないでしょうか。

トレーダーにも曲がり屋と呼ばれる人がいます。すなわち、みんなが買いだと考えるときに「売り」だと考え、みんなが「売り」だと考え始めると「買い」だと考える人です。そして自分が理屈で考えたことが正しいと考えるから「自分が買ったら下がる、売ったら上がる」「なんでだろ~」と不思議に思っている。

こんなのは不思議でもなんでもないのです。チャートを素直に見れば「買うべき時に売り、売るべき時に買う」から損をしているのであり、みんなと逆のことをすれば、みんなと逆の結果が出る・・・不思議でもなんでもない。当然の結果と言うことです。

頭の良い人は物事すべてを理屈で考えようとします。そして頭の良い人ほど、人の裏をかいてやろう、人の考えないことを考えてやろうとするようです。投資は、そんな人の裏をかこうなどと言うような邪道の手法より、素直に流れに従う投資の基本にしたがわなければ成功は困難を伴うでしょう。

投資の基本とは「陽線の次は陽線」「陰線の次は陰線」なのです。ただ、これだけを信じなさいと言っても理解できないのでしたら、少し講釈をしてみましょう。

坂道にボールを置くとコロコロと下の方に転がっていきます。あなたは、このボールを見て「今は下に転がっているけど、すぐにこちらに反転して上がってくる」と考えますか???これが「トレンドが発生したら継続する」という考え方です。理屈でもなんでもありません。一度転がり始めたボールは、一定期間一定方向へ転がり続けるわけです。

この原理原則さえ知っていれば、なぜ「陽線の次は陽線」「陰線の次は陰線」なのかは理解できるのではないのでしょうか。つまり「陽線とは株価が上に向けて動いた結果」です。その陽線を見て、明日上に行くか、下に行くかと予測した時、転がり始めたボールを思い出してください。

転がり始めたボールは明日も転がり続けるのです。であれば、上に向けて動いた株価は、明日も上に向けて動くわけです。これが「陽線の次は陽線」と言うことです。陽線の次に陽線ばかり出るはずがない・・・当然です。陰線が出たら、次は陰線です。

重要なポイントは、言葉に意味ではないのです。陽線を見てあなたがどう感じるかです。きょう上げたら明日は下がると考えるか、きょう上げたから明日も上げると考えるかです。あなたがその株価の勢いをどう感じたかということが重要なのです。株価がどう動くかなんかどんなに考えても分かるはずがありません。

だから・・・考えない、頭を使わずに・・・どう感じたかが重要なのです。
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク