FC2ブログ

単なる注目点です

saraさん
>先生また、質問ですが、日柄の本を読んでも、理解できません。実際日柄を数えてもその通りにならないチャートが多いのでどう理解すれば、良いのか分からなくなります。また、分かりやすくご説明お願いします。


「6674 GSユアサ」
1199-2-3.gif
このユアサのチャートの日柄を数えると最初の底から次の底までの日数が28日となります。そして次が同じく28日で底を付けました。としたとき、28日目を買いのポイントとして注目すると考えるのが日柄です。

ですが、ほとんどの銘柄は、このように規則正しく動いてはいませんし、このユアサのチャートにしてもこれから先、28日周期で動くとは考えられません。

日柄の考え方は、あくまでも「どこで下げ止まるのか?」「どこで上げ止まるのか?」の注目ポイントを探るための目安に過ぎないと考えてください。

日柄は、過去の動きから「上げ始めたら何日間、下げ始めたら何日間」という日数を重視して、これから先も同じようなリズムを刻んで動いていくという想定のもとに、買うタイミング、売るタイミングの目安としようというものですから、低位の仕手株や新興株には通用しません。

また、リーマンショックや現在のような世界株安の状況の中では、株価は不規則に動きますので、日柄と言う考え方は通用しないと考えます。

人気ブログランキングへ
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク