FC2ブログ

株価の動きを素直に見れば

K.Mさん
>いつもいつも教えていただいてありがとうございます 3838AQIですが25日線超えのあたりで十字線で終わりました 引けのあたりで売りをしたかったのですが踏みとどまりました 3月末頃大陽線で買いなかなかあがらなくて5日線割れの陰線引けで痛い損切りをした銘柄です カットしたつぎの日に陽線次の日にだいよう線、師匠なら飛び乗ってプラスとされたでしょうに、、、私は心が折れたままみていただけでした 25日線もあるし高値おいはしませんでした 今日のようなときくやしくてもやはり5日線割れを待ってからでないと売りはすべきではないのでしょうか?


「3838 AQI(日足チャート)」
1028-3.png
あなたの売買は、この赤丸の部分だと思いますが、これについて検証してみましょう。あなたが買われたのは赤い矢印で示した大陽線だったと思われますが、この買いは何の問題も有りません。ここは買いで正解だと思います。

問題は、損切りの判断と買い直ししなかったことにあります。

あなたが損切りしたのは、2本目の陰線(青い矢印の部分)だと思われますが、「陰線の翌日は陰線」を信じれば、最初の陰線引けが確実になった時点、すなわち1本目の陰線の引けで損切りするのが正しい判断です。

次が、買い直しです。あなたが損切りした翌日は陽線引けでした。しかも前日の大陰線は前の安値付近で下げ止まっています。いわゆるダブル底を形成したわけです。ダブル底での陽線です。つまり「陽線の翌日は陽線」を信じるなら、この陽線引けが確定する引けで買い直すのが正解だったわけです。たとえ引けで買い直しができなかったら翌日の寄り付きでの成り行き買いすべきだったわけです。
1028-4.gifこの部分のローソク足の株価の動きを矢印で表せば、左図のようになります。下に向かった矢印が、陽線の出現で、反転して上を向いたわけです。この上を向いた矢印を想像すれば、何も迷うことはないはずで買うしかないということになります。

関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク