FC2ブログ

作戦を立ててトレードを

ふみこさん
>復興関連ということでライト工業を2日の寄り付きで1000株買い。お決まりのパターンで寄り天、高値つかみ。翌日まで持ち越したものの長ヒゲの陰線で引けでぶんなげました。私が投げたそこが底というこれもお決まりのパターンできょうは大陽線で上昇。泣けてきます。何が悪いのかアドバイスください。


「1926 ライト工業」
1200-2-6-3.gif
トレードの結果はタイミングがすべてですからINのタイミングが悪いとなかなか利益につながりません。悪かったポイントを上げてみましょう。

第一、あなたが買った日は、陽線2本目の翌日となり三の法則にしたがえば、あなたが買った3日目は利益確定の売りが出る日と予想できます。
第二、下がると予想できる日に1000株も勝負したこと。ここは下がることを予想しての打診買いですから「ナンピン買い」覚悟の心構えが必要でしょう。であれば寄りで200株、下げたら200株とナンピンで1000株買うことは必要でしょう。
第三、衝動買いではなかったのか?前日にチャートを分析して買いの判断を下したら買うというトレード作戦は重要です。衝動買いはギャンブルになりますので止めた方がいいでしょう。

<分析方法>
1.安値の(A)と次の安値(B)を線で結びます。これがトレンドラインですから、このトレンドラインが右肩上がりになっていれば買いで注目します。
2.陰線で安値を(B)をつけた翌日は注目日となります。安値より上での寄り付きですから、この(B)の翌日が買い勝負の日となるわけです。寄り付きで買えなければその日のうちならいつ買っても安心感があるわけです。


「1926 ライト工業」
1200-2-6-4.gif
次にあなたが買ってから以降の分析をしてみましょう。

<分析方法>
第一、安値(A)と翌日の安値(B)を線で結びます。これが株価の方向性を示すトレンドラインです。次に前の高値(D)と(E)を結んだ線を引きます。これが株価の下値のフシとなるサポートラインとなります。
第二、陰線、陰線と株価は下がり(D)と(E)のサポートラインの位置まで下がってきました。
第三、株価はサポートライン上まで下がり、かつ三の法則にしたがえば3日目は変化日(上昇)になると予想できます。
第四、であるならばきょう(6日)は買いで注目すべき日だったわけです。


こうして作戦を立ててトレードするという習慣を身につけることで、もっとトレード上手になれるものと思います。がんばってください。



人気ブログランキングへ
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク