FC2ブログ

損をしないことを考える

りんごさん
>サンリオを2/10のボックスブレイクの3660円で買い、うまく含み益になって利を伸ばそうと喜んでいたら16日に急落で買値に戻ってしまいました。でもまだ上がるだろうと持っていたらどんどん下がって含み益が大きくなってしまいました。日経がこんなに上がるのに私のだけは下がっていく。こんなトレードが多くて損ばかりしています。

トレードのの考え方のポイントをアドバイスします。

第一、トレードの基準があるのか?
ボックスブレイクで買ったということですから買いの基準はあったのでしょう。ですが、利益確定の基準はあったのでしょうか?利を伸ばすという漠然とした考えでは、今回のような結果になります。上がった株価は下がる、下がった株価は上がる、と常に頭において、いくらの利益が出たら確定してしまうという基準を持っていないとなかなか成果は出ないのではないでしょうか。

第二、損をすることを考えているのか?
これがもっとも重要なポイントです。「マイナスを抱えてからのトレードで利益を上げることはできない」と心がけてください。具体的に言えば、含み損1万円を抱えてのトレードでは、この含み損が消えたら「損がなくなった」と喜んで確定してしまうのが普通の人の心理です。つまり元金を取り返せたと喜ぶようなトレードをしていては利益にはならないということです。

利益を上げるためのトレードをするためには、薄利であろうが、同値であろうが、含み損になりそうになったら確定してしまうという心掛けが重要なポイントでしょう。結果を見て「売ったら上がった」「損切りしなければ良かった」と思う感情は捨てましょう。この感情に支配されている限り、利益を出せるトレードはできないと考えてください。


「8136 サンリオ(6ヶ月チャート)」
1200-3-3-5.gif

6ヶ月チャートの価格帯(フシ)を見ると3750円付近に大きな価格帯があります。結果を言えば、この価格帯に押し戻されて株価は急落したということになります。であれば、この価格帯はいったん利益確定して様子見すべきだったということになります。

「8136 サンリオ(3ヶ月チャート)」
1200-3-3-6.gif

次に3ヶ月チャートを見てみましょう。3500円付近に大きな価格帯があります。ここで下げ止まるかどうかに注目です。この価格帯を下に抜けることがあれば持ち株は投げ売り(損切り)するのがトレードのセオリーでしょう。

関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク