FC2ブログ

崩れたチャートを買うな

私は「花はつぼみを買え」「きれいなボディーラインを買え」と言っています。すなわちチャートで言えば、「初動を買え」「上昇トレンドを買え」ということです。これは言い換えれば「崩れたチャートは買うな」と言うことです。

1031-1.png

みなさんの銘柄相談のメールを見ていて思うのは、このような完全にトレンド崩れのチャートを買おうとしていることです。このチャートで言えば、75日線でダブル底を形成しての反発ですから買いで間違いはありません。ですが、この上昇相場でほとんどの銘柄が新高値を更新している中で、なぜこうしたトレンドが崩れた株を買わなければならないのか・・・ということです。

そしてここからが重要なことですが・・・

いまの上昇相場では、こうしてトレンドが崩れた株を買っても有る程度の利益を上げることができます。ですが問題なのは、こうして「下げて安くなった株を買って利益を出せた」という経験が、これから始まる下落相場で大きな損を出す結果に結びつくことにつながるわけです。

つまり下落トレンドが始まっても「下がったら買えば儲けられた」という意識が働いて、下げてきたものを強気で買おうとするわけです。ライブドアショックやリーマンショックで大損した人たちの多くがそうだったのではないでしょうか。下がってきたからと押し目買いし、さらに下げてナンピン買いし、結局、底値だと思っていたところが天井だった。

こうしたチャートの買いは、「下げ過ぎの反発狙い」という買いであって「押し目買い」ではないということです。

「下げ過ぎの反発狙い」という買いは、下落トレンド相場において使う手法であって、上昇相場ではあくまでも「押し目買い」が投資の基本なのです。利益率や成功確率から言っても、上昇相場では「下げ過ぎの反発狙い」よりも「押し目買い」の方が有効なわけです。

投資の基本として「崩れたチャートは買うな」は、ぜひ覚えておくべきだと思います。
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク