FC2ブログ

逆指値は損切り貧乏の元

Reiさん
>少しヒントを戴だければと思い,メールをさせて戴きました。LCなのですが,髭の先にひっかかってLCがかかり,ここ3ケ月ばかり百発百中で終わってみれば↑ばかりでございます。ザラ場が本業中のため,買いなおすということができず,指をくわえて・・・ということになってしまっております。諏訪様,皆様は,どのようなことを考慮されてLC値を設定されていらっしゃるのでしょうか。お時間おありの時に御教示いただきましたら幸いでございます。


私は働いていた頃も、まず逆指値はほとんど使いません。逆指値を使うときは、新興株や仕手株、小型の材料株には逆指値を設定することがあります。なぜならストップ安などで売るに売れない状態(リスク)を回避するためが目的です。

私が仕事していた(場を見れなかった)時に心がけていたことは、値動きの少ない優良大型株にしか手を出さない。チャートが乱れずきれいな曲線を描いている銘柄のみとしていました。

すなわち新興株やランキングに登場する出来高の少ない材料株、仕手株などは、一日の値幅が大きいので、主に個人がデイトレとして参加してきています。よって、日足チャートはきれいな曲線ではなく、くずれた乱高下をしています。こうした乱れたチャートの株価は、上げたときの利益も大きいが、下げたときの損も大きい。

日中場を見ることのできない人は、こうした値動きの激しい銘柄を手掛けることは、非常に大きなリスクを伴うものと思います。きれいなチャート(ボディ)ラインを描いている銘柄は、上に向かい始めれば一定期間上昇を継続します。

ならば、チャートが崩れるまで損切りする必要はないし、逆指値を設定する必要もないと私は思います。新興株や仕手系株、小型材料株に逆指値を設定すれば、逆指値にひっかかって損切りばかりで損切り貧乏になってしまうのではと思います。

関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク