FC2ブログ

順張り押し目買い

マッキー♪さん
>方針を、変える方向で、トライしてみたいと思っています。思い起こせば、トレードを始めたころは、強い銘柄ばかりを追っかけていました。L.C.を、きちんとしないから、ついには身動きがとれなくなってしまいました。
>順張りの恐怖感を無くすには、順張りにトライして、その成功体験の内に、順張りに、自信を持つしかない!と思いました。ただ、初めの頃とひとつだけ違うのは、諏訪様のおかげさまで、L.C.が、うまくなっているということです。でも、不安でいっぱいです。
 

私はよく<高値を買え>と言っていますが、「勝算のない高値を買え」と言ってるわけではありません。たとえば・・・・
1203-9-5.png
この「ツガミ」のチャート。これは買いではなく様子見ですね。
上がり続ける株価はありませんので、いったん押し(陰線)を入れるときが必ず来ます。その陰線が出るまで様子見とするのが確率の高い買い方となります。そして陰線が出たら三の法則に従って1本の陰線で切り返すのか、2本陰線で切り返すのかのタイミングを見るわけです。価格帯を基準に様子を見てもいいでしょう。ただし、深押し(3本以上の陰線)は要注意です。

1203-3-9-1.png
1203-9-2.png
これが安心して買えるチャート形です。
10日移動線は右肩上がりでかつ株価は移動線に沿って上昇しています。さらに1本もしくは2本の陰線(押し)を交えながら上昇しています。ざっくり1ヶ月のローソク足を見たとき陽線が多いですね。陽線が多いイコール買いが入っていると予想できるわけです。

株を買う場合に考えなければならないことは、<明日も明後日も上がるかどうか>という判断が重要です。こうしたチャートの陰線の次の陽線を買えばじっくりと放置していても安心なわけです。つまり値動きを見ながらハラハラドキドキしなければならない株はスイングでは手を出さないと考えるのが良いでしょう。

たとえばこの下のようなチャートです。
1203-9-3.png
5日移動線と10日移動線は絡み合い、陽線と陰線はランダムに出現する。こうしたチャートの株価の動きは読めないわけですからスイングでの買いはないわけです。こうしたチャートの株価の高値を買うと高値つかみとなるわけです。

1203-9-4.png
つぎに、こうした急落した株価の反発狙いの買いは無しです。つまり、スイングで買う場合、<明日も明後日も上がるかどうか>が重要ですから、反発で上昇した株は、明日、明後日は再び下がっていくわけです。ですから、このように移動線が下に向いたチャートは買いの監視はする必要はないということになります。

あと順張りの重要なポイントは<陰線引けは迷わず決済する>です。薄利であろうが、損切りであろうが、いったん決済して翌日に上がっていくようなら再挑戦という考え方が重要です。こうして損を小さく抑えながら利を伸ばしていくというのがスイングのメリットと言えるでしょう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク