FC2ブログ

買い手の立場で見れば

にこにこさん
>諏訪さんが具体例を豊富に出して下さっているのですが、自分の監視銘柄で確認したく、メールさせていただきました。5401新日鉄住金ですが、6か月の日足チャートで見ると260円あたりの価格帯が機能している様に見えます。260円で押し戻され、陰線が出たのを確認しての空売り仕掛け。あるいは、これからの仕掛けでしたら、陽線1~2本の戻りの後の1本目陰線での空売り仕掛け。その時、260円の壁の下である事を確認。ダメだったらロスカット。こんな感じで良いでしょうか?


「5401 新日鉄住金」 
1204-7-4-9-1.png

「美人もブス、ブスも美人、すべては見方次第」
むかしのカブ友が、こんな格言を言っていました。

売り目線で見るとすべてが売りのチャンスに見え、買い目線で見ているとすべてが買いのチャンスに見えるということだそうです。

売り方針で見れば、あなたの方針通りで良いと思います。
ただ、買いたいという目線で見れば、この250円下の価格帯がサポートとして機能するから「ここは買いのチャンス」と、ここでダブル底をつけて上がっていくと考えられないでしょうか?

私ならということで言えば、ここは陰線5本目ですから、ここは三の法則で「買い」、そしてあなたの注目している260円台は「売り」で注目でいいのではないでしょうか。当然に265円を超えたら「買い」と言うことでしょう。

私が売りで狙うなら。。。
260円台で売ったとしても下値は250円とほとんど利幅がありません。ここでリスクを取るより250円下の価格帯を割り込んでからの方が利幅は大きい魅力がありますので、もう一段下に抜けてから狙っていくと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク