FC2ブログ

トレード中、損得計算はしない

くろすけさん
>私は以前、まずinの買い自体がダメで、上がる事無く損切りとなっていましたが、先生のブログ等での勉強の成果で、最近、自分で言うのも何ですが、買いでinすると、上がる事の方が多くなり、新たな悩みが発生しました。
>それは売りです。諏訪先生の売買されたチャートを拝見すると、長めの陰線や長めの上ヒゲが出たら、売られているような印象を受け、また、以前「大陰線は逃げ!」とも書かれていました。私の解釈で間違っていませんでしょうか?


「8804 東京建物(5分足)」
1204-7-5-2-7.png

これは金曜日の「東京建物5分足」のチャートです。
(A)寄り付き5分売られて陰線ですが、2本目下ヒゲ陽線、3本目も下ヒゲ陽線、上昇してくる5本線で下げ止まっているのが分かります。この2本の下ヒゲは買いサインとして判断していきます。

(B)上昇後、上ヒゲ陰線で押し戻されたものの価格帯の上でもみ合います。ここは移動線上向きですから買いのタイミング待ちで見ていきます。

(C)は価格帯のフシ抜けブレイクですから買い判断とします。

(D)は長い上ヒゲ、続いて大陽線、ここが天井と判断します。ここからはヨコヨコのボックス相場に移行となりますので様子見。

(E)価格帯のフシを下に抜けたところで売り判断。
(F)下げ止まって移動線がゴールデンクロスで買い判断。
(G)は前の安値(F)と同じ位置(フシ)での急反発&ゴールデンクロスで買い判断となります。

「長めの陰線や長めの上ヒゲが出たら、売られているような印象を受け、また、以前「大陰線は逃げ!」とも書かれていました」とは、買いで持ってる場合、大陰線はトレンドが変わったサインになりますから確定売りという意味です。すなわち言い方を変えればカラ売り方針に目線を変えるということです。これはデイトレでもスイングでも同じ判断となります。

売りでも買いでも同じですが、まずは移動線の方向で判断する。
カラ売りは移動線が下向きになってからが基本となります。

>仮に売りだと判断しても、ある程度利が乗っていない場合、「(売り値-買い値)*株数=」の計算をしてしまい、こんな薄利じゃ売れないと、逃げの機会を失ってしまい、同値ならまだしも損切りになってしまう事もあります。

これは何度も言ってる「損得計算をするな!」ということです。トレードは、あくまでもチャートの判断で「下がると判断したら売る(逃げる)」、ここで損得を計算していると迷い、決断ができなくなってしまいます。同値にこだわったり、薄利を嫌がったりは、すべて自分の感情の問題。株価は自分に都合良くは動いてくれません。

すべては経験則(勘)とタイミングですから。。
ここで説明したように現実にはいきませんが、あくまでも基本(模範)ですから、この形を頭の隅に置いてトレードしていただければと思います。

あと値動きを見ていて「下がりそう」とか「上がりそう」と感じることがあると思います。これが勘ですが、私はこの勘を重視しています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク