FC2ブログ

アバウトに方向性を見る

MASAさん
>いつも勉強させてもらってます。そこで質問なんですが、チャートに線を引く際、下髭や上髭を無視される方とそうでない方がいらっしゃいます。諏訪さんは日足では無視されているようですが日中足でも同じように髭は無視して線を引きますか?
髭を無視する考え方についてお聞きしたいです。


チャートの分析線は、あくまでも株価の方向性や下げ止まりの目安を見るのが目的です。
よってそれほど神経質に考える必要はないと思います。

ヒゲをどう考えるかですが。。

分析線はあくまでも株価のフシを判断するために引きます。
ですからフシをどう考えるかということになるでしょう。

基本的に一日において大量に売買される時間帯は、寄り付き(始値)と引け(終値)になります。よって出来高が多い価格帯はフシになります。価格帯をフシと考えれば始値と終値が線引きの基準となるでしょう。

また、高値(上ヒゲの部分)や安値(下ヒゲの部分)は心理的なフシとなります。よって心理的なフシを重視するならヒゲを線引きの基準とすることになるでしょう。

つまり現実に売買した出来高価格帯をフシ目として重視するか、心理的なフシ目を重視するかということですね。私は出来高価格帯をフシ目として重視しますので始値、終値を基準として線を引いています。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

よく、「前回高値を抜ければ・・安値を下回れば」といえば分かったのですが、始値終値を抜ける、下回るに何の意味があるのかなと疑問に思ってましたが、これでよく分かりました。
未熟者の私には「目からうろこ・・」でした。
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク