FC2ブログ

薄利多売商法で

夏枯れ相場の成績
月別2013年2014年
7月181,082円(81回)288,315円(144回)
8月49,157円(66回)315,566円(128回)
9月90,834円(27回)178,654円(57回)

新興銘柄が動かなくなる夏休み相場。
昨年は得意の新興銘柄が動かないこの時期は、トレード回数も少なく利益も目標の月10万円には届かなかった。

今年はトレード1回当たりの利益を5000円から3000円に引き下げたことによりトレード回数も増え、利益も昨年と比べ大きく増えてきている。

1日5000円の利益目標は変わらないが、1トレードの利益を5000円から3000円に引き下げたのは大きかった。いまのように新興株の動きが鈍くては3分で5000円~10000円抜けると言うのは奇跡に近い。

だが3000円ならリスクの少ない東証1部銘柄で売りでも買いでも簡単に抜ける。

商店経営で言えば、薄利多売、商品の回転を利かせることで利益あげる。
空売りと買いの両面作戦で、利益を少なくして、資金の回転を速めることで上昇トレンドであろうが下降トレンドであろうがコンスタントに安定した利益を上げられるのではないか。

私にはみなさんのように万円単位で利益を抜いていく技術はない。
いま動いている銘柄を探すと言う時間をかけたくもない。

トレードのことなんかほとんど考えずに、ヒマな時、パソコンを開いて分足チャートを見る。
下がっていればカラ売りし、上がっていれば買う。
3000円を2回抜けば1日の目標利益5000円が達成できる。

株なんか5分以上は持っていたくない。
パソコンも30分以上は見続けられない。

何にも考えず、精神的にも苦しまず。。。
前場と後場の30分で1日5000円、1ヶ月10万円。
これで十分だと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sugi改めサンクス(感謝、ありがとう)です。
素晴らしいトレード成績だと思います。
お手本にしたいと思いました。
8月128回ということは、1日6回以上売り買いをされているということですよね。
集中力が素晴らしいと思います。
どうもまだ初心者で、ザラ場を見ているといろんな銘柄に目移りしてしまうので、いっそ日経レバレッジETF(1570)にだけ絞ろうかと考えています。

>ザラ場を見ているといろんな銘柄に目移りしてしまう

私のようなデイトレスキャの場合、集中力は重要だと思います。
新興株の場合、寄りの1時間、引けの1時間が勝負ではないかと思っています。

ここでワントレード、ツートレードしたらPCを切って相場から離れます。

経験則としていつまでも見ていると必ず無駄なトレードして損することが多い。調子に乗ってしまう、ムードで買ってしまうということなのでしょう。

あとは必ず他に動いている株はないかと探そうとする。
「銘柄探しはするな」と言ってるわけですが、結局、この心理が集中力を欠くことになってしまうと思うからです。

あとは。。銘柄によって動きにクセがあります。
このクセさえつかめば勝てる確率は高くなります。
「クセの悪い株」という言葉も良く見かけますが、セオリー通りに動かない値動きをするという意味でしょう。

株ランキング上位のデイトレーダが扱う株や掲示板を賑わしているような株はチャートを無視して動きます。彼らはチャートなんか無視して何千万という資金を投入して大ばくちを打ちます。

こういう銘柄に初心者が手を出すと必ず餌食になります。
銘柄探しをすると初心者は必ずこういうところから銘柄を探してくる。

だから彼らの餌食になるということは覚えておいていいのではないでしょうか。

出来高上位の銘柄で自分にとって良い思い出のある銘柄に絞って監視していくことは重要なことだと思います。

>出来高上位の銘柄で自分にとって良い思い出のある銘柄に絞って監視していく

本当に、そのとおりだと思います。

ゆっくりと「セオリー通りに動」く銘柄なら、扱いやすいと感じています。

アドバイス、どうもありがとうございました。
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク