FC2ブログ

広い視野でも見てみましょう

くまさん
>三の法則の銘柄として「5542 新報国製鉄」を監視しています。陽線待ちでしたが金曜日に三本目の陰線が発生しました。10線上で止まっていますが「深押し(3本以上の陰線)は要注意」との言葉もあり、トレンドチェックを判断しましたが、以下の理由により上昇トレンドは崩れたと判断しているのですが、考え方は合っているでしょうか?


三の法則については、あなたの考え方で良いのではないでしょうか?
ここでは投資理論に基づいて判断してみましょう。

まずは日足チャートで判断してみましょう。

「5542 新報国製鉄(日足)」
300-2-5-6-8.jpg

「出来高と株価の上昇は比例する」というテクニカルの大原則(理論)があります。
「出来高が減少するなかでの株価上昇は天井圏にある」
ということになります。

このチャートはこの理論のお手本みたいに「株価と出来高が反比例の関係」にあります。つまりスイングで買うにはリスクが大き過ぎるチャートとなります。

次に中期的な視点で週足チャートを見てみましょう。

「5542 新報国製鉄(週足)」
300-2-5-6-8-1.jpg

上昇第一波は、安値262円から高値800円(+538円)
高値から調整、高値800円から安値472円(-328円)
上昇第二波は、安値472円から高値1035円(+563円)

値幅理論に基づけば、完全に目標を達成したチャートとなります。

スイングでの判断は半値押しの600円~700円まで下がってからが注目のポイントだと判断できます。価格帯のフシもちょうどその辺りが厚い壁となっています。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

師匠、こんばんは。

チャート分析ありがとうございました。
三の法則の陰線・陽線ばかりに目がいって出来高、ボックス理論は意識できていませんでした。
チャートチェック時は気をつけるようにします。
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク