FC2ブログ

相場のことは相場に聞け

「相場のことは相場に聞け」とは有名な格言ですが、なら「相場とは何か?」「相場に聞くとはどういうことか?」と考えたことはありますか?

私は「相場とはチャートであり、相場に聞けとはチャートの波に乗れ」ということだと理解しています。あるブログで高学歴の若者が「チャートテクニカルは邪道で、ファンダメンタル重視が基本だ」と言うようなことを主張していましたが・・・・・この主張は正論です。「株価は、基本的に企業のファンダメンタルによって形成される」ものです。

それは経済学などの教科書に書いてある通りの正論ですが、現実のトレードには通用しません。なぜなら「株価は企業の将来性に対する評価」だからです。すなわち発表された企業業績によって株価が形成されるのではなく、半年先、一年先の業績を織り込んで動くのが株価なのです。

こう書くと「なら決算発表によって、なぜ株価が動くのか?」という疑問を持つ人もいるでしょうが、あれは決算発表によって織り込まれていなかった部分の修正の動きと言うことであって、好決算が発表されたから上昇したということではありません。ですから、好決算の発表によって株価が急落することも良くあります。いわゆる「出尽くし」と解説される急落です。

すなわち株価は半年先の企業業績を織り込んで動いていますから、たとえ好決算であっても、それまでに想定された決算内容でなければ急落(失望売り)するわけです。「株価は将来の業績を織り込んで形成され、決算発表によって、それまでに織り込まれた部分を修正する」ということです。よって、好決算だから株価が上昇するとは限らないということになります。

この株価形成の仕組みを考えたとき、個人に企業の将来のファンダメンタル分析ができるのかと言うことが大きな課題になってくるわけですが、まず不可能と考えるのが妥当でしょう。ならファンダメンタル重視で投資すると考える人が何を根拠に投資判断するかと言えば、過去に発表された決算内容、もしくはアナリストや証券会社、投資顧問などの格付けや目標株価となるのでしょう。つまり「情報」です。

個人が情報で勝負できるのか・・莫大な資金と優秀な人材を使って情報収集し分析している機関投資家と、ほとんど情報収集能力のない無力な個人が、「情報」という同じ武器を使って勝てるのか・・・しかも個人が収集する情報とは、機関投資家が流す情報にしか過ぎないということです。つまり個人が情報に頼って投資すると言うことは、言い換えれば、機関投資家に操られているということと同じになるわけです。

数多くの銀行や証券会社、投資顧問などの機関投資家は、莫大な資金を投じて企業の取材や財務の分析、業績動向などを総合的に分析して、投資信託や保有銘柄の組み入れを行っていきます。すなわち機関投資家が買いと判断している企業の銘柄の株価は右肩上がりに上昇し、業績が悪くなると判断して保有比率を引き下げている銘柄の株価は右肩下がりに下がっているということになります。

すなわち企業の業績動向は、個人が企業のファンダメンタルに関する情報を調べなくてもチャートグラフに表れているということになります。業績が伸びている企業の株価は、外部要因による乱高下があったとしても上昇トレンドは継続するということです。つまり、これが「相場のことは相場に聞け」、言い換えれば「相場のことは、チャートに表れる」と私は考える理由なのです。
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク