FC2ブログ

マドは開いた方へ向かえ

マッキーさん
>呼値が、GUした銘柄は、時としてその日のスター銘柄になったり、もしスターにならなくても、そこそこ上げてくれたりするような気が致します。
>あ~~なるほど、今日はボックス離れるのか? あ~~上値ブレイクするのか?わかるのもありますが、何が原因か、分からない事が多いです。
>お教え頂きたいのですが、始値が、窓開けGUした時に、入って良い銘柄、入ってはいけない銘柄の判断法を、お教え頂けましたら、ぜひ、GU狙いに挑戦してみたいのです。


「マドは開いた方へ向かえ」という相場格言があります。


<上に開いたマド>
300-3-1-5-4-3.jpg
300-3-1-5-4-4.jpg
下降してきたトレンドの下の方で突然上に開いたマドは買い。

<下に開いたマド>
300-3-1-5-4-1.jpg
300-3-1-5-4-2.jpg
上昇していたトレンドの上の方で突然下に開いたマドはカラ売り。

というもので、特にスイングで有効な投資手法になります。

(注)マドとは、このチャートのように前日ローソク足との間に空間が生じた形を言うものであって、前日比プラス(GU)で始まった状態を言うものではありません。

考え方は、、、、
<上に開いたマド>の場合、売りの勢力と買いの勢力の力のバランスが崩れた(買いの力が強くなった)と判断できることにあります。

すなわち、マド開いた状況は、寄り付きで大量の買いが入ったということであり、大量の買いが入ってくれば売り方は利益確定の買い戻しに出る。よって買いが買いを呼ぶと言う状況に陥って、株価は上昇トレンド入りする(トレンド転換)という理屈です。

<下に開いたマド>の場合は、これとは逆に買い方が利益確定の売りに走り、その売りに乗じて売り方はカラ売り攻勢をかける、売りが売りを呼ぶ状況に陥るとなるわけです。

※注意点
出来高の少ない(流動性のない)銘柄の場合は、寄り付きでわずかな買いが入ってマドを開いても、その後は売買が続かないのでダマシの終わるケースが多い。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク