FC2ブログ

個別は値幅稼ぎで

エグチさん
>少しづつですが成果がでている事に感謝しています。現在は陰線では持ち越さない事をこころがけています。
そこで1つ疑問なのですが、諏訪様は個別銘柄では早めに損切または陰線がでたら利確し、あまり持ち越しされていないのですが日経レバに関しては陰線でも持ち越し更にナンピンもされているわけですが、日経レバと個別銘柄ではチャートの法則の考えが違うのでしょうか?また個別でもチャート次第ではナンピン買い下がりをすることもあるのでしょうか?


>現在は陰線では持ち越さない事をこころがけています。
人間の心理として「損切り額は少しでも少なくしたい」と思うのが人情。
だから決断できずに「明日まで様子を見よう」と先送りする。
これが生身の人間の心理です。

つまり利益確定にしても、損切りにしても、何か決断すべき指標(サイン)がないと、ずるずると先延ばしににしてしまうものです。その結果は、当然良い場合もあり、悪い場合もあるわけですが、そういう決断しない神頼み的なトレードではトータル的にマイナスになってしまう。つまり大きな含み損を抱え込んでしまうことになってしまうわけです。

トレードに「陰線は確定する」という規制(縛り)をかけてしまうことで、迷いはなくなり、ストレスから解放されるというメリットがあるのではないでしょうか。

私の経験則では、陰線が出たらいったん切っておいた方が確率的に正解だったと思います。

>日経レバと個別銘柄ではチャートの法則の考えが違うのでしょうか?
日経レバは資金運用(中期スイング)の考え方、個別銘柄は短期の値幅取りの考え方でやっています。
ですから日経レバは下がったら買い下がりという逆張り手法を、個別株は短期で利益を出さなければならないので上がっていく株を追いかける手法を使っています。

順張りと逆張りのどちらが良いかという考え方ですが、資金力の問題だと思います。
逆張りの場合、ナンピン買い下がりですから資金が尽きたら終わってしまいます。さらにメンタル的に不安に襲われたら終わってしまいます。

順張りの場合は、人気化した株を狙うわけですから超短期で値幅が取れます。よって資金の回転が効きますので少ない資金で効率的に値幅を稼ぐことができます。よって、資金を短期で回転させることに意味があるわけですから、買ったら売るというサイクルを重視すべきだと思います。(売るの中には、利益確定も損切りも含めてです)

日経レバの投資手法については、前に日経レバの買い下がり作戦という記事を書いたことがあります。

>個別でもチャート次第ではナンピン買い下がりをすることもあるのでしょうか?
過去十年間の株価の推移を見てみましょう。
あの優良大企業だった「シャープ」の株価。
10年前の高値が2445円、それが現在は1/20の130円です。
これをナンピン買い下がりしていたらどうなったでしょう。

それならトヨタや武田薬品ならどうかということですが、こうした高額な株価を買い下がる資金力があるかどうかという問題があります。なら200円、300円の低位株ならどうかとなりますが、低位株が下がり始めたら倒産という危険性が非常に高いという問題がありますね。

つまり個別株をナンピン買い下がりする考え方は、すべてを失うというリスクを背負うことになるのではないでしょうか。

日経レバはどうか?
日経レバは日経平均株価と連動しますので過去10年間の日経平均株価の推移を見ましょう。
10年前の高値が18207円、そして現在が19000円です。
あのリーマンショックでも18000円が7000円と1/3にはならなかった。

これが私が日経レバを買い下がり手法とする根拠となっています。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

回答ありがとうございました。

回答ありがとうございました。

「10年前の高値が18207円、そして現在が19000円です。あのリーマンショックでも18000円が7000円と1/3にはならなかった。」

この文章で全てが解決しました。
私が想像していたよりも更に下まで見ていたので驚きです。

私はせいぜい2000円幅でしか見れていなかったので
この回答のおかげで一段と視野が広がりました。
ありがとうございました。


プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク