FC2ブログ

悪材料には手を出さない

みかんさん
>悪材料が出たクックパッド2193を売りました。底を打って反発したあたりで買いに変更したのですが、その後仕事に行くのに逆指値を忘れてたのが大失敗でした。 見守ることが出来ないので、結果マイナスになりました。
>それとドーム9681を3の法則で明日も陰線だと思い、売ったのですが、ボックスとして見た時にこれはどうなんでしょうか? 売りに入ったことは間違っていたのでしょうか?


まず最初に。。クックパッドですが。。
初心者は、、「悪材料の株には手を出さない」のが原則です。
材料の出た株は、大口のいろいろな思惑が絡んで予測不可能な動きをしますのでデイトレ専門。
日中場を見られない人が手を出すのはギャンブルになります。

つぎに東京ドームのカラ売りについてですが。。
チャートを見てみましょう。

「9681 東京ドーム」
300-4-1-9-9-1.jpg
こうしてフシのラインをチャートに入れてみてください。
下がってきた株価は、基本的にこのフシで止まります。

つまり株価の下に株価を下支えするフシが多くあるということは、反発上昇(踏み上げ)する確率が高いことになります。しかも踏み上げられたら青天井となりリスクは非常に高くなります。

次に、このチャートを見てください。
300-4-1-9-9-2.jpg
フシを下に抜けたチャートです。
このような株価の上に何重にもフシが控えているチャートの場合、踏み上げられても上のフシまでという目標が立ちます。つまり安心感があるということですね。

さらに踏みあげられて損切りをしたとしても、もう一度、上のフシでカラ売りで待ち構えるという作戦も立てられます。つまりず~っとこのチャートを追いかけてカラ売りをかければ良いということになり、銘柄探しなど必要ないということになります。

儲かるか、損するかは、結果次第ですから、どれが正しいということはありませんが。。

1.踏み上げられたらどこまで行くのかという想定ができること。
2.損切りしたら次はどうするという作戦が立てられるということ。
のメリットを考えたとき、私は下のチャートの株にカラ売りをかけた方が良いと考えます。

ちなみに。。。
チャートを見たとき、高いところにある株の方が下げる値幅が大きい、つまり下げ幅が大きいように思える。そして安値を更新しているような株価を買うと踏みあげられる、つまり下げ余地が少ないように思えるのですが。。

それは新興株や仕手株の崩れは別ですが、東証一部の普通の銘柄であれば、高いところにあろうが、最安値にあろうが下げ余地は同じです。

下げる株はどこまでも下がる。
上がる株はどこまでも上がる。

これが基本です。

ですからカラ売りの場合は。。。
弱って死にそうな犬を叩け!
元気な犬を叩けば噛みつかれる!!
これが相場格言です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

売りも大変ですね

ご丁寧に教えていただいてありがとうございました。
売りもすごく深くて難しいですね。
まず悪材料はやめます。
教えていただいたことはすぐ理解するには大変そうなので
何回も読み返して勉強したいと思います。
本当にありがとうございます。
うれしいです。感謝。
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク