初心者の株サークル

私の投資法とは

marukoさん
>一つ質問があるのですが、持ち株が決算を控えている場合、諏訪さんはどのように対応されていますか?例えば、決算前に全株もしくは半分売って悪材料や下方修正に備えてありますか?


私の投資に対する考え方は、「守りの投資法」ではないでしょうか?
「利益を増やす」という考え方ではなく、「いかに損失を抑えるか」を考えています。

よって、基本的にスイングでは、一銘柄に集中投資をすることはないし、値嵩株や新興株、仕手株に投資することは避けています。いままでの保有状況を見ていただければ分かるように、10万円台で買える株を最低単位しか保有しません。

つまり100万円投資するなら、一銘柄に100万円投入すれば大きな利益を得られる反面、損失もまた大きなものになります。ですから100万円を10銘柄に分散して投資することにしています。つまり得られる利益も少ないが、損失も小さく済むということになります。

よって、10銘柄まとめて投資しますので悪い(下がる)のもあれば良い(上がる)のもあるということで、たとえ1銘柄が暴落したとしても他の9銘柄がカバーしてくれるということになり、損失は軽く済むことになります。

ですから決算に関しては、まったく考慮にいれていません。

私の長期にわたるトレードで得たものは、「利益を取ることを考える」のではなく、「取った利益をいかに守り抜くか」というところに至ったわけです。

コツコツ貯めた利益をドカンと一発で消滅させてしまう。
個人が投資で利益を残せない最大の原因は、ここにある。これは私の経験則でもあるわけですが。。

ならば・・「ドカン」を食らわなければ利益は残っていく。
これが私が相場から得た教訓です。

なぜドカンを食らうのか?

利益を求めることしか考えていないから・・・
だから損切りが怖くて仕方がない。。。

損を取り返すことしか考えない、これは人の感情です。
この感情をトレードから排除すること、すなわち感情を排除して機械的に売買すること、そこにドカンと大負けすることを避ける道があると思うのです。

システムトレードの考え方です。
つまり一定の損失額を超えたら機械的に切り捨てるということですね。

いったん切り捨てて白紙に戻してから考える。
損を取り返そう、取り返そうという意識に支配されるから、冷静に値動きを判断できない。
冷静に判断できないから、大底で損切りしてしまったと泣く。
すべて単なる感情です。そういうものでしょう。

トレードには「買い」と「売り」しかないのです。
しかしトレードしている人間の頭の中には「利益確定」か「損切り」しかないのでしょう。

トレードで重要なのは、「利益確定」か「損切り」ではなく「買い」か、「売り」しかないのです。
買って、売って、投資総額が増えていけばいいのです。
「利益確定」か「損切り」などという概念は、「投資金額を増やすことと全く関係ない」と私は考えています。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>買って、売って、投資総額が増えていけばいいのです。
>「利益確定」か「損切り」などという概念は、「投資金額を増やすことと全く関係ない」

利益確定していけば投資金額は増えていく。
損切りしていけば投資金額は減っていく。
関係は大ありだと思いますが。



あさひ | URL | 2018-02-01(Thu)15:40 [編集]


ご回答ありがとうございます。

確かに私は利益に固執しています。長い間、頑張って働いた資金を、薄利で利益確定、大きな損失を抱えることを繰り返したため、損失を取り戻したいという願望があります。

諏訪さんのブログのお陰で、昨年ようやくコツがつかめたと思ったのに、最後に大きな失敗をしてしまいました。欲を捨てるという修行は難しいとつくづく思いました。

私は諏訪さんの真似をして、昨年2つの取引口座を利用しました。1つは通っている株式投資教室の方針(大型株、銘柄を2~3に絞りトレンドに乗る)で売買、もう1つは小型株中心(諏訪さんが売買された銘柄も入っています)に5~6銘柄に投資し必ず逆指値を入れ、短期で手仕舞いしました。

大型株は利益の増減が激しかったです。チャートのサインを見逃したせいもありますが、結局、1年頑張っったのに利益はほとんど残りませんでした。

もう1つ小型株のほうは、一時期70%超の利益が出ていたのに、イケると思ったのが災いして約40%の利益におさまりました。

株友も、欲を捨てたらトレードがうまくいくようになったと言っています。私も、自分のやり方をもう一度見直してみることにします。










maruko | URL | 2018-02-02(Fri)12:21 [編集]