FC2ブログ

儲けるための損切り

「下げるを想定しての分散買い」の記事の売買判断について何人かの人からご意見をいただきました。

損切りなど必要なく下げたら強気でナンピン買い増しという意見。強制損切りとしている1650円の根拠は何かという疑問など、いろいろですが、まず損切りの基準は、その人の資金力や含み損に耐えられる精神力によって大きく違ってきます。

極論を言えば、豊富な資金力があれば損切りなどという方法は必要ありません。どんなに下がる株価であってもいつかは上がるわけですから、買値の半分まで下げるのを待って半値になったら倍数以上を買い増しするのです。こうした手法をとれば絶対に損切りは必要ありません。倍数以上の買い増しがポイントです。

たとえば、300円の株価が150円になったら保有株の倍数を買います。
300円×1000株=300000円
150円×2000株=300000円
すると
200円×3000株=600000円となります。
こうして買い単価を200円まで引き下げれば、1/3戻しで同値撤退、200円以上に上がれば利益になるわけです。買値の半値になった時、2000株ではなく3000株もしくは5000株買い増せば、もっと簡単に利益になります。つまり資金力さえあれば、下がれば下がるほどに倍数、またその倍数と買い下がれば、その企業が倒産しない限り絶対利益にはなるということです。

ただ、初心者にそこまでの資金力もないし、含み損にも耐えられない。それを前提に私は、損切りすることによって資金を回転させ、損切り分を次のチャンスで取り返すということを書いていますし、初心者にはそれがベストの選択だと考えています。

次に1650円という数字ですが、これに意味はありません。下値の抵抗帯を1700円~1650円と想定しての1650円です。ですから1630円でも1620円でも同じということです。つまり基準とする株価のプラスマイナス1.5%は誤差の範囲内と私は考えています。

もうひとつ・・・
これは覚えておいて欲しいのですが、損切りには「攻めるための損切り」と「逃げるための損切り」があるということです。

「下げるを想定しての分散買い」記事のような長期上昇トレンドの株価の損切りは「攻めるための損切り」、つまり買い単価を引き下げるために損切りして資金を回収し、安いところで買い直すために損切りをするということです。ですから保有株すべてを損切りするということではなく資金回収という意味での損切りなのです。よってこの損切りは、ナンピン買いとのセットということになります。

つぎに「逃げるための損切り」とは、「仕手崩れに手を出すな」この記事に書いたような下降トレンド継続の株価をつかんでしまった場合のことを言います。この場合は、もう買いはないわけですから、損をして見切りをつけるということになります。

「攻めるための損切り」の判断基準は、どこにあるのかと考えたとき、それは75日線が水平もしくは右肩上がりでかつ75日線の上に株価があるということです。そして「逃げるための損切り」は、75日線が右肩下がりで、かつ株価が75日線より下に株価があるということになります。

これを言いかえれば「買いの条件は、75日線が水平もしくは右肩上がりでかつ75日線の上に株価がある」ということになります。つまり75日線が右肩上がりで株価が75日線より上にあれば、たとえ含み損を抱えても保有し続けていれば、いつかは買値以上に戻ってくるということなのです。

関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク