FC2ブログ

相場全体の流れを読む

若菜さん
>9月末にポジションを閉じて、その後は10月に入っても現金比率を高めたままで新規の買いはありませんでした。
>日経平均はどんどん高値を更新していくのに弱気だなと思っていました。
>そして今回の暴落を予想していたかのようなポジションの取り方にさすがだなと感心しています。
>この暴落を予想していたのでしょうか?


こんな大暴落が来るなんてことは神様でもなければ読めないでしょう(笑)

しかし、相場が頭打ちになったということは想定できました。
「上がらなければ下がる」
だから買いには慎重になってただけです。

「日経平均」
300-5-8-3-4.jpg

日経平均株価は連日最高値を更新し続けていました。

しかし、、、

「マザーズ指数」
300-5-8-3-3.jpg

も、、、

「TOPIX」
300-5-8-3-5.jpg

も、完全に頭打ちのチャートになっています。

つまり指数は上がっていくのに、値下がり銘柄数の方が多い状態が続いていたのです。
言い換えれば、、売る人より買う人の数が減っているのです。

買う人より売る人が多ければ、株価は下がる。
そういうことで株は買えない。現金に引き上げるというポジション取りになったわけです。

日経平均が23500円ぐらいまで下げたとき、押し目買いという考えがありました。
しかし、「トレンドは継続する」のが相場の基本ですから、、押し目買いと言うのは「いったん下げた株価はさらに下がる」という高いリスクを抱えるわけです。

ですから、私は、、、
リスクを取らない投資手法ですからヘッジ売りを入れて損失回避をしていたわけです。

どんな相場環境でも上がる株はあります。
ですから、上がる株、すなわち銘柄探しに夢中になっていると相場の流れを見失います。
つまり8割以上の株が上がらなければ、個人が儲けるのは至難の業です。
よって、相場全体の流れが上昇に転じなければ、儲けるより、損する確率が高くなるということですね。

個別株の売買であっても、「いまどういう状況なのか」「いま株を買う状況にあるのか」という相場全体の流れに注目していくのは、重要なポイントになるのではないでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

進歩のない愚か者

>銘柄探しに夢中になっていると相場の流れを見失う

これが全てです。ありがとうございました。

わかりました

ダウと為替の動きは注意してみてるんですが、TOPIX
とかマザース指数までは見てませんでした。

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾
会員交流掲示板

現在の閲覧者数:
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア

株式初心者ランキング
リンク