FC2ブログ

チャートを信じ切ること

結花さん
>買いだと思っている銘柄があったとき寄り付きの値動きを見ていても
いつも怖くて手が出ず、上がっていく株価を見て迷って迷って飛びつき買いというパターン。
>諏訪さんには迷いとか恐怖とかないんでしょうか?


チャートを信じきれないから悩むだけのことです。
それじゃあチャート以外に信じられるものがあるのか、と言えば、、何もない。
結局、自分が買いだと思う「自分の勘」さえも信じられない。

ただそれだけのことでしょうね。
恐怖?怖い?
なぜ???損するかもしれないから???

どこで買おうが、どんな買い方をしようが、、、損するときは損するものです。
損が大きく膨らんでいくのを見てるから恐怖になるのです。
「上がると思った株価が、下がったら売れば、小さな損で済む」
ただそれだけのことです。
恐怖になどになりようがない。

と、、、、私は思いますけどね。

私のトレードの具体例を示しておきましょう。

300-6-3-4-5.jpg
日足チャートです。
陰線2本の次が陽線でした。
三の法則にしたがって、この陽線は<買い>です。
そして陽線3本目は売りの準備です。

陽線3本目は長い上ひげを引きました。
当然、ここは三の法則に従って<売り>です。

翌日は三の法則どおり陰線です。
翌日は買いの準備をして注目です。

陰線の翌日の5分足です。
300-6-3-4-7.jpg

寄り付きで、、前日終値より高い位置で5分足陽線です。
当然、ここはチャートを信じての<成り行き買い>です。
その後ストップ高張り付きですから放置して翌日に持ち越しです。

そして翌日は急上昇しての陽線でした。
ここは当然<売り>です。
理由は上がり過ぎですね。

トレードなんて、こんなものです。
迷う必要もないし、悩む必要もない。
信じるものさえあれば・・・・

いくらで買ったとか、、、いくらで売ったとか、、、
気にする人がいるようですが、、、、

買うべき時に買い、売るべき時に売ってさえいれば、利益はあとからくっついてくるのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク