FC2ブログ

失わない利益が重要

まだ現役のころ始めた投資研究会。
もう15年以上も時間は流れたのに、まだ8人が残っている。
一時は20人以上いたのだから。。。
消えていった人たちは損をして投資をあきらめたのであろうと思う。

投資をあきらめるのも最良の選択だろう。

残っている一人、恵理さん。
ときどきメールをくれる。
メンバーを集めて食事会を計画してくれる発足当時の古株である。

当時は、みんな高卒、短大卒の新入社員であったが、、、
いまはもうみんな子持ちの専業主婦。
時代の流れをつくづくと思い知らされる。

【投資の神髄は、儲けることではない、損をしないこと】に有り。
これを理解できてから毎年利益を上げ続けられています。

あるときの食事会で、恵理さんに、これを言われて心から嬉しく思った。

投資研究会発足当時から、、何度も、、何度も、、言い続けてきた。

株価は、買って持ち続ければ、必ず損をする。
10銘柄買えば、8銘柄は必ず下がり続ける。
言い換えれば、投資金額は確実に減り続ける、、、ということである。

よって、売り買いを繰り返さなければ投資金額を増やすことはできない

なぜ売買を繰り返すのか?
利益を出すためではない。
利益を減らさないために売り買いを繰り返すのである。

何度も何度も言い続けてきたのだが・・・
誰にも理解されなかった。

利益確定か、損切りか、、、それしか頭の中にない。
利益確定は儲け、損切りは損、、それしか頭の中にない。

失わなかった利益も、利益だという考えがない


300-6-4-7-3.png
たとえば、このような株価の動き。
3000円で買って、3250円で売る。
25000円の利益確定、、、25000円儲けたと喜ぶ。

トレードは、そうはうまくはいかない。
3250円で買う。買った株価は下がる。
トレードでは、こうした場面はよくある。

買った株価が期待通り上がるという場面より、予想に反して下がるという場面のほうが多いだろう。

そのときどう対処するかで結果は大きく違ってくる。

3250円で買って、翌日の下げで3200円で売る(逃げる)。
5000円の損切りである。
多くの人(初心者)は、これを損だと考える。

だが、その後の下げ(2750円)を考えれば、、、損切りしなければ50000円の損をすることになるのである。
5000円の損切りで損失を防ぐことで、45000円の損をしなくて済んだのである。
言い換えれば、5000円損したのではなく、45000円も儲けたことになる

損切りしたほうが良いのかどうか、、、、
利益確定したほうが良いのかどうか、、、

そんなことで悩んでいるようでは、投資で資産を増やしていくことはできないだろう。 

90%以上の人には理解できないだろうが。。。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク