FC2ブログ

利益よりも損失を抑える(1)

マルコさん
>今日の質問は、出来高のフシについてです。 具体的に、7730マニーで説明させていただきます。
>10/21に小さな十字線ですが陽線。2600円付近に3番目に大きな出来高のフシがあったので、後場引けの2600円で買いました。
>10/23 翌営業日に陰線となり「三の法則」通りだと売りとなるわけですが、下髭が長かったのと、一番大きな2500円の出来高のフシの上の方まで値が戻したので、翌日に期待して売りませんでした。
>10/24 前日よりも安く始まったので寄り付き2536円で売り。その日は陰線となり出来高のフシも割ってしまいました。
>10/25 この日は陽線で終わり、出来高のフシの上限を少し超えました。この場合は買いなのかもしれませんが、前日とほぼ変わらないローソク足の大きさ、下髭も短かったため、動きが強いと見るか、弱いと見るか判断がつかず見送りました。
>出来高のフシのについて、私の捉え方がおかしければご指摘ください。それから、10/25に買うべきだったかどうか、ローソク足の見方についてもアドバイスを頂けると嬉しいです。


「7730 マニー」
300-6-6-6-7-1.png
トレードの判断は、すべて結果論ですから正しいとか、間違っているとかはないと思いますが、私ならどうするかという判断の考え方を書いてみます。

まずマドを開けての急落①、出来高のフシで長い下ヒゲをつけての陽線。
ここでは「反発狙いの買い」とします。
反発狙いですから翌日には確定売りしてしまうでしょう。結果的にはマド埋めのAまでありましたが、私の場合は「堅実に抜いていく」を心掛けていますので大きく抜くことは考えないようにしています。

次、Bでの十字線。
ここでは買わないと思います。陽線が出れば買いですが・・・
理由は、Aで大きく反発したものの2600円のフシで陽線が出ることもなくもたついたこと。
①で買った人の確定売り、高値でつかんだ人の見切り売りが出やすい心理状態になるのではないかという読みです。

②の長い下ヒゲ陰線。
長い下ヒゲが出たものの大陰線です。陰線は買わないのが私の心がけですから様子見となります。

③、いったん価格帯を割り込みそうになったものの翌日は切り返しての陽線。
①の下ヒゲと②の下ヒゲでダブル底を形成し、陽線で切り返したわけですから、ここは自信をもって買えるでしょう。

翌日の陰線は微妙ですが、買値からそれほど上げていないこと。(損切りしたとしても損害は小さい)
から持ち越して様子見とするか、いったん切って翌日買い直すという判断になると思います。

そしてきょう(1/30)大きく伸びて2700円を超えてきましたが、売りに押されて移動線に抑え込まれた形となりました。
2700円は急落前のマドを埋めた形であり、ここから先は目標達成感から調整が入るのではないかと予想します。

~ つづく ~
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

新しい気づきがありました

諏訪さん、こんばんは。

丁寧に解説していただきありがとうございます。
とてもわかりやすくて、なんだか頭がスッキリ
しました。
反発狙い、短期間だけどダブル底、窓埋め・・・と
私は気づいていませんでした。

次に同じパターンが出てきたら、私 失敗しないので
ご報告させていただきます。
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク